*

夏だけ「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

最近、雨の日が多い大阪です
今年は、つゆが長い、、、というか、早いなぁ、、、って思ってましたが、、、
気象庁によると、6月6日頃に梅雨入りで平年より1日早いだけなんだとか、、、
ただ、昨年が遅くて、2017年に比べると2週間早くなっているそうです

まぁ、梅雨で雨も降ってもらわないと、関西の水瓶であるびわ湖の水位が下がって、真夏に水不足となっちゃいますからね!
とはいうものの蒸し暑い毎日は、ちょっと、、、ね
こんな蒸した日、暑い日がやってくると、「今夜は冷えたビールで!!」とか「冷たい冷酒で一杯やりたいわ!」って思うもの、、、私も、そうだし、、、(笑)
そうそう、今日から、そんなんにちょうどエエ、夏だけの季節の関東煮(かんとだき/おでん)がスタートです

夏限定!季節の関東煮(かんとだき/おでん)「焼き茄子」です!

関東煮(かんとだき/おでん)は、鯨の舌の「さえずり®」やコロ、大根、厚揚げ、こんにゃく、玉子、、、なんかの定番で年中たべられるタネがあります
そして、関東煮(かんとだき/おでん)っていうと、「あーー、冬のやつね!」ってよく言われます

でも、季節、季節の食材をつかったその時季だけの旬の美味しい関東煮(かんとだき/おでん)もあるんです
もちろん、今だけ!夏だけ!しか食べられない関東煮(かんとだき/おでん)が、、、

そんな、夏だけの関東煮(かんとだき/おでん)がコレね!

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

今日から9月上旬くらいまでやってる、夏限定の関東煮(かんとだき/おでん)!「焼き茄子」です!!

お茄子(ナス)って、焼くと自然な甘みが増すんです
そして、香ばしく、、、

これを関東煮(かんとだき/おでん)にすると、とっても、ビールや冷酒に合うんですよね!

昨年も「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)を召し上がったお客さまから、
「これ、やっぱりビールに合うわ!」
っていう声をいただいています(^o^)

そういう声を聞けると、やっぱ、嬉しいし、お出ししてよかった!やっててよかった!って思います
今年も、ビールによく合う「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)、美味しくたきあげてお出ししますね

この焼き茄子の関東煮(かんとだき/おでん)は、9月上旬くらいまでの夏場だけの期間限定です
「どんなんかなぁ~」「気になる!」という方は、ぜひ、暖簾をくぐって、「焼き茄子!!」ってお店のスタッフさんに声をかけて下さいね!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

聖護院大根とシンちゃん(上原さん)

これが冬の一番人気の関東煮(かんとだき/おでん)「聖護院大根」の実物です!

冬と言えば、おでん、関東煮、、、の季節です たこ梅でも、やっぱり、冬は夏よりも、ずっとたくさんのお

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)が始めましたよ!

1週間にごとに数日雨が降りますね 昨日、一昨日も雨でしたし これ、春の菜種梅雨(なたねづゆ)です

記事を読む

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

昨年も1ヶ月たらずで売切れ、、、「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます!

今年も、今日から始めますよ!! 昨年も1ヶ月たらずで売り切れちゃったアレ!です さえずり®、コロ

記事を読む

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)も、始まったーーーーーっ!!

夏になると、やっぱり、生ビールや冷酒、焼酎の水割りなんぞにあう関東煮(かんとだき/おでん)が欲しなり

記事を読む

自分の事例でシステム原型「予期せぬ敵対者」を描く演習

「ディビッド・ストロー氏に学ぶシステム原型」で頭がウニになっています

現在は、VUCAの時代で、先が見通せない!分からない!といわれる世の中になってきた、、、と言われてい

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりな食感がたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始めました!

秋になると出てくるもっちりモチモチのアレ、、、 常連さんから、「そろそろやろ?」「まだか?」と催促

記事を読む

新世界の「づぼらや」さん

今年100年を迎えるフグの「づぼらや」さんが閉店。飲食業は難しい時期を迎えています。

一昨日、6月12日にショッキングなニュースが飛び込んできました フグの「づぼらや」さんが閉店 今

記事を読む

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

「まだか?」「そろそろやろ、、、」 常連さまから入るアノ関東煮(かんとだき/おでん)、いよいよ、始

記事を読む

文藝春秋2018年3月号です

文藝春秋「目耳口」に、たこ梅の関東煮・おでんのお取り寄せ(通販)を載っけて下さいました!

先週、文藝春秋さんから、郵便が届きました 「うん?なんだろう、、、、」とおもいつつ、開封してみ

記事を読む

水菜の関東・おでん

シャキシャキ!ハリハリ!「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

冬になると美味しくなると、美味しくなる野菜があります そんな旬の野菜を関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑