*

吟醸生酒「花ひらく」は桜の季節だけの限定のお酒です、、、

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

今年は、桜の開花がチョット早めで、大阪では、散り始めています
といっても、八重咲きの桜を中心に品種によって、これからが満開を迎えます

そんな、桜のシーズンだけのお酒、、、
それが、吟醸造りで、火入れをしない『生』のお酒、吟醸生酒「花ひらく」です

吟醸生酒「花ひらく」

吟醸生酒「花ひらく」

清酒(日本酒)は、「三段仕込み」という現在の技法が完成されてから、お酒が出来て搾って樽(現在はステンレスタンク・ホーロータンクが主流)に貯蔵する時と、そのお酒を瓶詰めして出荷するときの2回、「火入れ」と呼ばれる加熱殺菌をします
「生酒」というのは、この2回の火入れをまったくしない、そのまま、搾ったままのお酒なので、お酒の生まれたままの味わいを楽しめます

ちなみに、お酒を搾ったときに火入れ殺菌せず瓶詰めだけの1回の火入れ殺菌のお酒を「生貯蔵酒(別名 生貯・ナマチョー)」といい、貯蔵時には火入れ殺菌するが出荷の瓶詰め時の火入れ殺菌のな生貯蔵で生詰めという意味で「生生(なまなま)」とよばれることもあります

ところで、ちょうど、今は、3月にお客さまといった酒蔵見学で試飲した蔵出し搾りたて原酒を特別にお店でもお出ししています

タンクに入った酒蔵直送「しぼりたて原酒」です

タンクに入った酒蔵直送「しぼりたて原酒」です

この本来、酒蔵ででしか味わえない「しぼりたて原酒」と飲み比べるのも、楽しいかもしれませんよ!!

普段と違うお酒を楽しむ、、、って、ええなぁ、、、

そう感じた方は、会社帰り、買い物帰りに、たこ梅の暖簾をくぐってね!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

2種類の入れ方入れたビール 左)正しく入れたビール 右)ジャーと入れたビール

エンジェルリングの生ビールの秘密!それは「スモーキーバブル」にあった、、、

ホンマに旨い生ビールには、エンジェルリングができる!! エンジェルリングの出来たビール[/c

記事を読む

分店でも隊員さん同士が仲良く飲んではります

ビール工場見学が終わって、店に戻ってみると、、、

8月27日(土)に、お客さまと一緒にビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました

記事を読む

半月と桜(梅田界隈の公園にて)

「今夜のお花見、分店、東店も、ととのいました!」本店、北店に続き、、、

大阪も桜が、あちこちで咲き始めたようです 半月と桜(梅田界隈の公園にて)[/caption]

記事を読む

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

今年も、今日、6月1日スタート!床下で1年寝かせた自家製梅酒が、、、

今年も、いよいよ、今日から、、、 そう、始まります 床下で1年間寝かせた自家製梅酒が、、、 お

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

丑の刻参り!じゃなくて、丑の刻にタコたいてました!!(笑)

午前2時、丑の刻参り、、、ではなく、タコをたいていました!! というのは、、、 年末恒例の夜通し

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりな食感がたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始めました!

秋になると出てくるもっちりモチモチのアレ、、、 常連さんから、「そろそろやろ?」「まだか?」と催促

記事を読む

「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のあとのスタッフのふりかえり会

スタッフさんと「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のふりかえり

研修をしたり、お客さまイベントをしたりすると、その後、かならず「ふりかえり」をすることにしています

記事を読む

赤い王冠とラベルの祝瓶ビール

お正月しか飲めない祝瓶ビール!普通のビールとの違い、ご存じですか?

お正月には、めでたいビールを飲んで欲しい! それで、お正月の期間は、祝瓶ビールを たこ梅 全店でご

記事を読む

山添村産の錦糸瓜(そうめんかぼちゃ)

緊急速報!山添村の錦糸瓜(そうめんかぼちゃ)が超数量限定で登場です

3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回くらいのペースで野菜部のスタッフさ

記事を読む

今年の「新酒の酒粕」

今年も「新酒の酒粕」が届きました!!

これが届くと年末だなぁ~、、、って気がしてくるのです それは、、、 「新酒の酒粕」が届きまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑