*

「いかげそ」が「いか○○」に見える!?、「いかげそ」関東煮(かんとだき/おでん)のPOPをスグ変更です!

先日、お客さまから、電話をいただきました
クレームの電話です
新梅田食道街にある たこ梅 分店のPOPについてでした
聞いてみると、、、

「いかゲソ」が「いか○○」に見えてかなわんねん、、、

たこ梅では、店ごとに店長が、「きょうは、こいつを関東煮(かんとだき/おでん)に、、、」って、日替わりや1週間とかで、短期に独自の関東煮(かんとだき/おでん)を出すことがあります
新梅田食道街にある たこ梅 分店では、年末から、イカのゲソ(イカの足)の関東煮(かんとだき/おでん)を出しています
そして、そのことをお知らせするPOPを関東煮鍋の真上にある天蓋(換気用のフード)からぶら下げています
そこに「いかゲソ」と書いてあるのですが、この「ソ」が、そのお客さまには「リ」に見えたんですね
「食べもん屋で、『ゲ○はないやろ!!」「他のお客さんにも失礼やろ!!」とお怒りでした
もちろん、このPOPを書いたスタッフさんは、「いかゲソ(げそ)」と書いたつもりですが、その字体によっては、「ソ」が「リ」に見えるかもしれません
そして、不思議なことに、「ゲソ」と思って書いた方(たこ梅のスタッフさん)は、その「ソ」が「リ」に読めるような形であったとしても、絶対に、「ソ」にしか見えないんですね
「げそ」と思って読むので、、、
逆に、一旦、「リ」に見えてしまったお客さまは、「これはイカゲソって書いてある」って思っても、もう、「いかゲ○」以外には見えなくなります
ホント、人間の眼(頭?)って不思議です

「いかげそ」にしか見えないPOPにスグ改良です!

で、どうするか、、、
実際、その字体がどうなのか考えるよりも、そう見える!そう読める!お客さまがいらっしゃった、、、
(電話を下さったんですものね!間違いなく、そういうお客さまは存在されたわけです)
だったら、そんな風にに絶対見えないように書き換えればいい!!
その話をスタッフさんに伝えると、1時間とたたない内に、こんな風に改良版を作って張り出し(ぶら下げ?)てくれました

現在の「いかゲソ」関東煮(かんとだき/おでん)のPOPです

現在の「いかゲソ」関東煮(かんとだき/おでん)のPOPです

「いかゲソ」を「イカげそ」にしてくれたんです
ようは「ソ」というカタカナが、字体や見ようによって「リ」にみえてしまうんだから、平仮名にすれば、こんな問題は発生しませんよね
ただ、私が嬉しかったのは、「お客さかまら、こんな電話があったんだよ、、、」って伝えたら、「いや、それは、その人の読み方でしょう、、、」とか言うのではなく、「はい、すぐ、なんとかします!」と言って、お客さまがイヤな思いをされないように、ほんと、スグ、POPを作り直してくれたスタッフさんの気持ち、心のあり方です

>たこ梅 分店の葛原さん
ホント、スグに対応してくれて、嬉しかった!ありがとうございます!!(^o^)

そして、「ソ」が「リ」に見えたお客さまも、別に、いやだったら、たこ梅に来なかったらいい、、、という選択があるにもかかわらず、きっと、
「きっと、他のお客さんもイヤな思いしてはるんとちゃうやろか?」
「たこ梅に教えたらんと、お客さん減ってまうがな、、、」
なんていう、たこ梅を大事にして下さるお気持ちで、わざわざ電話を下さったんだと思います
お名前はおっしゃいませんでしたが、お知らせいただいて感謝しています
スタッフさんや私では、気づかないことをインプットいただいたので、今回もスグに対応できました
ありがとうございます!!<(_ _)>

今回のことでも、あらためて気づかされましたが、本当に、ありがたいお客さま、いいスタッフさんに恵まれていると思います
これからも、そんなお客さま、スタッフさんとともに、もっといいお店になるようにがんばっていきます!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

3回以上ご来店のお客さまは、、、を追加したお知らせの改良版です

初めて、2回目のお客さん!「よろしくね!カード」受け取ってね!!

商いで大切なことって、いろいろあります その中でも特に大切なのが、 ・お客さま自身が気づいていな

記事を読む

鯨御朱印帖です

「鯨御朱印帖」って、何だ?また、なんか始まるのか!?

お店のフェイスブックをみると、また、なんか始めるらしい というか、10月1日から、始めちゃったよう

記事を読む

山代温泉にある宝生亭さんの帽子山専務のFB記事です

お客さまの関係性づくりは、できる!できない!ではなく「やる!」か「やらない、、、」かだと思います!

「お客さまづくりって、大切ですよね?」って尋ねると、どのお店のスタッフさんも、「はい!」「そりゃ大事

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)の「蕨(わらび)」

店主の知らない関東煮・おでん「蕨(わらび)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

1ヶ月間の休業に入ったお店

4月7日、1ヶ月間の休業スタート日は全店で閉店作業です

4月6日、安倍総理が緊急事態宣言を発令する決意を固めましたね 「緊急事態宣言」を告げる安倍総

記事を読む

森口さんと金田さんに新版「“商い”デザイン」を説明です

今日は、森口さんと金田さんに新版「“商い”デザイン」を説明させていただきました!

11月の月初から続く「“商い”デザイン」の説明ツアー(?)!! 今日も、お二人のスタッフさんに、説

記事を読む

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね 桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです ソメイヨシノ

記事を読む

「たこ梅FUN倶楽部通信2018年4月号」を制作中

「たこ梅FUN倶楽部通信2018年4月号」の制作がんばってます!!(って、ホントは追われてるだけですが、、、^^;;;)

今日は、3月18日、、、 3月も、とっぷりと後半にはいってます ま、まずい、、、^^;;;

記事を読む

ビール工場見学2018の第2回打合せ

ビール工場見学2018の第2回打合せです!

たこ梅FUN倶楽部の部員さん(←お客さまです)と行くビール工場見学も、今年で4年目を迎えます

記事を読む

桃組組長がネクターへの懐かしい想い出を綴ったアルバム

ネクター酎ハイ!桃組!絶好調です!!

桃組って、ご存じですか? 今、大阪の新梅田食道街 たこ梅 分店で流行ってるんですが、、、 ボクが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑