*

創業弘化元(1844)年からの170年にわたる名物「たこ甘露煮」たいてます!

公開日: たこ甘露煮

今年も、あと1ヶ月足らずですね
たこ梅が創業して174年目の年もあとわずかになってきました
いよいよ、創業175年目が迫ってきています

ところで、たこ梅には、二大名物があります!

鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)

ひとつは、ヒゲ鯨の舌の関東煮(かんとだき/おでん)である「さえずり®」です

もうひとつが、マダコをやわらかくたきあげた「たこ甘露煮」です
これです!

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

お酒のアテ(肴/さかな)として人気があるんですが、実は、お子さんにも大人気で、「家の子どもに、、、」って買って帰られるお父さん、お母さんがよくいらっしゃいます
ちなみに、うちの桃侍くん(小学4年生)も、大好物です!

大釜で「たこ甘露煮」をたいています

大釜で「たこ甘露煮」をたいています

大きな釜で、毎日、ぐらぐらとたいているんですよ!
タコって、釜に放り込む前は、くたぁーーーー、、、ってやわらかい
でも、熱を加えるとシャキッ!と身が締まって硬くなります
ぷりぷりっ!って表現もできるかも、、、

とはいえ、硬くなるんです
ところが、調味料を加えてたいていくと、ある瞬間ふわっ!と柔らかくなる
このときを逃さず釜から引き上げると、やわらかい「たこ甘露煮」になります

このタイミングを忘れて放っておくと、やわらかくはなりますが、歯ごたえもないタダやわらかいだけ、、、
味もヌケ気味、、、

結構、このタイミングが難しいっちゃー難しい、、、

それにタコって養殖モノってなくて、全部、天然です
つまり、同じ場所で採れたマダコっていっても一匹一匹で個性が違う

そりゃそうですよね!
同じ日本人!といっても、身長も顔かたちもバラバラでしょ
マダコもおんなじ、、、

っていうことは、同じ時間たいても、釜の中のマダコは、おなじ硬さにならない!ってこと
だから、私、たこ甘露煮をたくときは、様子を見ながら、30秒単位で時間を調整して、一匹ずつ最適のタイミングで引き上げていきます

今日も、おいしいたこ甘露煮をお出しできるようにがんばります!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

読売新聞 夕刊 2016年9月17日

読売新聞 夕刊「マチタビ」に笑福亭鶴光さんの思い出の店として掲載いただきました!

先日、読売新聞の編集局の方から電話をいただき、道頓堀にある たこ梅 本店で取材を受けることになりまし

記事を読む

やわらかくたけたタコを釜からあげていきます

170年間、たこ甘露煮たいてます!!生から、たき上げまで公開です!!

170年以上前の創業からの名物に「たこ甘露煮」があります 瀬戸内の真蛸を秘伝のダシでやわらかくたき

記事を読む

たき上がった「たこ甘露煮」です

12月30日恒例、迎春用「たこ甘露煮」、今年も徹夜で無事たきあげることができました!

昨日、12月30日は、毎年、たこ梅では、あることが一番忙しい日です!! それは、、、

記事を読む

たき上がった今日の「たこ甘露煮」

今日の「たこ甘露煮」もやわからくたき上がりましたーーーー!!(^o^)v

今日も、朝から、アレたいてました! そうそう!アレです!! 瀬戸内海から届くやつ、、、 瀬戸内

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

「たこ甘露煮」がたき上がりました

子どもプールも大活躍!徹夜で「たこ甘露煮」をたき続けます!!

冬、、、 年末に大活躍するといえばアレですよね! そう! 「子どもプール」です 年末に

記事を読む

たこ甘露煮をたきあげたばかりの本店の松本さん

タコたき職人、また、ひとり誕生です!!

170年以上前、江戸時代の弘化元年からの たこ梅の名物にマダコを甘辛くたきあげた「たこ甘露煮」があり

記事を読む

飯蛸(いいだこ)の甘露煮

春だけの味わい!「飯蛸(いいだこ)の甘露煮」を始めました!!

170年以上前から、毎日、毎日、瀬戸内のマダコを大釜で甘露煮にたいています 今朝も、もちろん、タコ

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

たきあがった「たこの子甘露煮」です

夏だけの味わい「たこの子甘露煮」をたいています!

170年以上前から、たこ梅では、瀬戸内のマダコをやわらかくたきあげた「たこ甘露煮」があります 毎日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑