*

道頓堀のたこ梅本店をテレビ大阪「ニュースリアル~のれんの向こう側~」で取り上げていただきました!

この前、テレビ大阪のニュース番組「ニュースリアル」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に、『のれんの向こう側』という老舗の舞台裏を取り上げるコーナーの取材に来てくれはりました

「のれんの向こう側」っていうコーナーなんですが、文字通り暖簾を背景に関東煮(かんとだき/おでん)を撮影です

「のれんの向こう側」っていうコーナーなんですが、文字通り暖簾を背景に関東煮(かんとだき/おでん)を撮影です

その時の様子は、コチラのブログを見てね!
→ 明日11/18のテレビ大阪「ニュースリアル~のれんの向こう側~」に道頓堀のたこ梅本店が登場します!

無事、オンエアもされましたよ!!
ってことで、ちょっと、どんな風にオンエアされたかご紹介させて下さいね

ニュースリアル「のれんの向こう側」で、たこ梅 本店が登場!

お店の舞台裏、昔の話を聞かせて欲しい!ということで、ひさしぶりに、わたし(てっちゃん)が、カメラの前に立つことになりました
最近は、取材も、現場のお店のスタッフさんにまかせているので、ちょっと、緊張です!!(^^;;;)

取材に来てくれたテレビ大阪の庄野アナウンサーと記念撮影です

取材に来てくれたテレビ大阪の庄野アナウンサーと記念撮影です

この写真は、撮影後に、取材に来てくれた庄野アナウンサーと記念撮影しているところ
取材がおわって、ホッとして、笑顔になってますね(笑)

ニュースリアル「のれんの向こう側」で、たこ梅本店がオンエア!

さて、どんな感じにオンエアいただいたかというと、、、


ニュースリアル「のれんの向こう側」でオンエアされました

ニュースリアル「のれんの向こう側」のオンエア内容をちょっと詳しく!!

いよいよ、「のれんの向こう側」のコーナーとなり、オンエアがスタートです!!

ニュースリアル「のれんの向こう側」が始まります!

ニュースリアル「のれんの向こう側」が始まります!

ニュースリアル「のれんの向こう側」

ニュースリアル「のれんの向こう側」

いよいよ、お店が映りますよ!!

庄野アナウンサーがリポートに、道頓堀 たこ梅 本店へ来てくれはりました

庄野アナウンサーがリポートに、道頓堀 たこ梅 本店へ来てくれはりました

道頓堀 たこ梅本店の関東煮(かんとだき/おでん)の鍋

道頓堀 たこ梅本店の関東煮(かんとだき/おでん)の鍋

関東煮(かんとだき/おでん)を中心に、まずは、お店の中を映してくれはりました

店内は、スタッフさんとお客さまで賑わってます

店内は、スタッフさんとお客さまで賑わってます

気さくにインタビューに答えて下さるお客さま

気さくにインタビューに答えて下さるお客さま

何人かのお客さまにも、インタビュー!
たこ梅のお客さま、気軽に、取材に答えてくれてはります

鯨の関東煮(かんとだき/おでん) 左から、スジ、コロ、さえずり®

鯨の関東煮(かんとだき/おでん)
左から、スジ、コロ、さえずり®

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)の特徴といえば『鯨』です
とくに、鯨の舌「さえずり®」は、たこ梅の商標にもなってるくらいで、170年以上前の創業期からのタネ!!

さえずり®の関東煮(かんとだき/おでん)を味わう庄野アナウンサー

さえずり®の関東煮(かんとだき/おでん)を味わう庄野アナウンサー

これを庄野アナウンサーが、味わっていただきました!
初めて召し上がったようですが、独特の甘みと旨みで、ほとんど「旨い!」しか言えない状況に、、、(笑)
でも、大丈夫ですよ!
あの開高健さんも、その小説やエッセイのなかで、筆舌に尽くしがたい、、、て、ご自分で「それって、物書きとしてどうなんよ!」みたいなこと書いてはりますから!!

さて、ダシというと、170年以上、毎日、毎日、継ぎ足し守り続けるダシがピックアップされていました!

170年以上、毎日、継ぎ足し守り続けるダシ

170年以上、毎日、継ぎ足し守り続けるダシ

空襲の時、三代目店主は、ダシを持って逃げたんです!

空襲の時、三代目店主は、ダシを持って逃げたんです!

昭和20年の大阪大空襲で、道頓堀界隈が丸焼けになったとき、三代目店主(私のおじいちゃんです)は、ダシを抱えてにげまわったそうです
なんでも、「ダシあったら、また、商売できるからな!」って、、、

お店の昔のことをお話ししてます

お店の昔のことをお話ししてます

そんなことも含めて、先代とかから聞かされてきたことをお話ししています

毎日、大釜でたいている名物「たこ甘露煮」

毎日、大釜でたいている名物「たこ甘露煮」

さえずり®と並ぶ創業期からの名物「たこ甘露煮」も、しっかりご紹介いただいています
実は、これ、朝たくので、別の日に、また、わざわざ取材に来て撮影されてました
撮影クルーさん、熱心ですねぇ~!!そういう「熱い」の好きですけど、、、(^o^)

庄野アナウンサーにインタビューをうけてます

庄野アナウンサーにインタビューをうけてます

庄野アナウンサーに、味のヒミツを聞かれたんですが、特に秘密はなくて、毎日、同じことを同じようにやりつづけるだけなので、そのまま「素」で答えたら、そこがオンエアに使われてました(笑)
(たぶん、取材のときは、もうちょっと、カッコエエこと言うたような気もしますけど、そっちは、ボツね、、、_| ̄|○)

たこ梅の「たこ甘露煮」と「関東煮(かんとだき/おでん)」

たこ梅の「たこ甘露煮」と「関東煮(かんとだき/おでん)」

>ニュースリアル「のれんの向こう側」さん
わずか3分半ほどの中に、ぎゅっ!と凝縮していただいて、内容が濃いなぁ~!!って思いました
見ていて楽しいし、取材の時を思い出すと嬉しくなります
ありがとうございました!!(^o^)

また、来てねぇ~!!(^o^)/~~~~~

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100

「歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100」の表紙に道頓堀 たこ梅本店が選ばれました!

今週くらいから、書店に並ぶそうです 「歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100」という

記事を読む

水菜の関東・おでん

シャキシャキでハリハリ!「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まったよ!

大阪は、今週になって急に冷え込んできました 毎日、さっぶいですわぁ~ でもね! さぶぅなる

記事を読む

やわかーーく、たき上がった「たこ甘露煮」です

初釜です!お茶じゃなくて、たこ梅の場合はタコですよ!!

『初釜』といえば、茶道の行事で、新春で初めてかける釜のことをいいますよね でも、たこ梅

記事を読む

清荒神さんで、お店の新しいお札を受けました

元日に、清荒神清澄寺さんへお参りして、お店のお札を受けてきました!

一月一日、つまり、元日に、必ずすることがあります 大釜でマダコをたこ甘露煮にたきあげていきま

記事を読む

FM802の西田パーソナリティーと記念撮影 左)西さん、右)岡店長

FM802に岡ちゃん店長&お昼のマドンナふみちゃん登場!!

おそらく、たこ梅 始まって以来!! 少なくとも、私がお店を継いで15年になりますが、初の出来事です

記事を読む

結んだ「糸こん」を関東煮鍋でたいていきます

関東煮・おでんの「糸こん」は、ひとつひとつ、手作業で結んでいるんですよ!

関東煮(かんとだき/おでん)の定番に糸こんにゃく、略して「糸こん」があります 関東の方では、白滝(

記事を読む

道頓堀のたこ梅本店は予約ができます

道頓堀のたこ梅本店、「予約が満席でも入れることあるってホント?」ハイ、そうなんです!その理由は、、、

昨日の夕方も、お客さまから、予約の電話をいただきました ただ、残念ながら予約をお受けすることが出来

記事を読む

「満月ポン」のハロウィンバージョン(試作)

今日はハロウィン!特別バージョンの「満月ポン」の関東煮・おでんが登場するらしい、、、

今日は、10月31日、ハロウィンですね! 日本でも、いまや、バレンタインデーを抜いて、ハロウィンの

記事を読む

大釜から揚げた「たこ甘露煮」です 決して、宇宙人の脱出!ではありません

「宇宙人の脱出シーン」ではありません!「たこ甘露煮」たいてるとこです!!(笑)

おはようございます 今日も、朝から、元気に、たこ梅170年(正確には創業173年目かな、、、)の名

記事を読む

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑