*

パートさんが、たこ梅を選んでくれた理由、、、「え゛!そこなのっ!!」

昨日、今度から、たこ梅に来て下さるパートさんと雇用手続き、会社の説明(オリエンテーション)をさせていただきました
その時間の最後にわかったことが、衝撃的、、、
「そこで、うちの店に応募しよう!!って思ったん??? え゛!そこなのっ!!」でした、、、

パートさんの応募から採用まで

今回は、お昼に3時間くらい仕込みをお手伝いいただくパートさんを募集していました
ハローワークの求人票をみて応募下さった方がいらっしゃいます
まずは、店長さんとの面接です
そして、日時を相談して、1日体験入店をしていただきます

仕込みパートさんの採用までの流れ

仕込みパートさんの採用までの流れ

求人票や面接で話を聞いて、応募くださった方が「いいなぁ~」と思われたとしても、その人のイメージ通りかどうかはわかりません
相手の頭の中、見えないので、、、

それで、実際に1日体験入店していただきます
もちろん、体験入店の時は、パートさんの研修期間の待遇に準じて時給や交通費を支給していますよ

そうすると、仕事に対して描いていたイメージと同じ部分もあるだろうし、違う部分もある、、、
そして、実際に一緒に働くであろう人たちとも接して、どんな人が同僚になるんだろう、、、っていうのもわかります
そういうのもわかった上で、やっぱり「ここで働きたい!」って思って頂ければ、結果、永く続いていただくことになります

新人パートさんへのオリエンテーション

昨日も、体験入店を終えて、ご本人も、店長さん、スタッフさんも、「一緒に働きたい!」ということでしたので、雇用手続き、会社説明などのオリエンテーションをさせていただきました
いつも、1時間半から2時間かかるので、電話でどんなことをするのかとお時間のことを伝えて、2時間頂戴しました
そして、お店近くの喫茶店でオリエンテーションです

初めは、入社手続きの書類の説明と記入、それがおわると、「『商い』デザイン」というツールを使って、会社の理念や考え方などをお話ししていきます

「商い」デザインで会社のことをお話しします

「商い」デザインで会社のことをお話しします

この画面に表示されているのが、「商い」デザインです
ちなみに、手前は、ハローワークさんに出している求人票です

こうやって、毎回、正社員さん、パートさん、アルバイトさんに関わりなく、2時間近くかけてオリエンテーションしています
このオリエンテーションは、たこ梅が、何のために商いという活動をしているのか、その存在意義は何なのか、どんな風になっていこうとしているのか、、、などを知っていただき、日々、遭遇する取り組みや活動の意味が少しでもわかるように、また、わからないことは何を聞いてもOKということも知って頂くためにやっています

たこ梅を選んでくれたのは、ハローワーク求人票のココでした!

そんなこんなで、2時間のオリエンテーションが終わったとき、感想を聞くことにしています
この時も、「オリエンテーションを終わって、どんな感じか、感想をきかせてもらっていいですか?」ってお願いしました

そうしたら、笑顔で、いくつか褒めていただいた(褒められ弱いので、そこは割愛させてください、、、^^;;;)あと、なんか、嬉しそうな表情で、鞄からハローワークさんの求人票を取り出されたんです

ハローワークさんに出している求人票です

ハローワークさんに出している求人票です

そして、
「わたし、これ見て、たこ梅さんに決めたんです!
この『永く続いているのは、変えないものは変えないが、時代に合わせ、お客さまの声、スタッフさんの意見を取り入れて進化し続けることで、選ばれつづけています』で決めました
今日、お話しを聞いて、やっぱり、進化し続けてはんねんやと思いました」
って、おっしゃいました
このパートさんが、おっしゃったのは、ハローワーク求人票の「会社の特長」という欄です
時給や休日、仕事内容の欄を見て、職場を選んでいるとばかり思ってましたが、違ってました、、、

実は、この「会社の特長」という欄、以前は、何も考えず、「・・・で不況に強く、働きやすい家族的な職場です」なんていう、あたりさわりのないことを書いていました
今年の2月、ハローワークの求人票の書き方についてのセミナーを受講し、ハローワークさんの求人票の各欄に意図を持って書いてみたんです
そのときのセミナーの話はこちらです!
→ 視点を変えるだけでハローワークの求人票が見違えるように魅力的に!

ハローワーク求人票の「会社の特長」に書いていること

今回のハローワーク求人票の「会社の特長」には、
「永く続いているのは、変えないものは変えないが、時代に合わせ、お客さまの声、スタッフさんの意見を取り入れて進化し続けることで、選ばれつづけています」
と書いています

これは、ええカッコで書いてるわけでもなく、理想論を書いてるわけでもなく、実際に、今やっていること、やり続けてきたことを素直に書いています

このブログでも何度も書いているとおり、平成20年9月のリーマンショックから、お店は右肩下がり、、、
そんなとき、リーマンショックがあっても、新型インフルエンザがはやっても、地震があっても、それでも、それに向き合い、その場から、その瞬間から、未来を創っていくため『学習する組織』にする!って決めました

だから、周りの環境が変われば、それを敏感に察知して、向き合い、進化していくことに決めています
そこに響いて応募して下さったことが、本当に、嬉しかった!!

一貫して伝え続けることの大切さを嬉しい声でフィードバックいただいた気分です

これからも、ブレることなく、現在のスタッフさんに加えい、新しく加わって下さるパートさんとも一緒に、学習する組織であり、おもいっきり楽しく働ける職場、お客さまに喜んでもらって選ばれる店であるよう頑張っていきます!!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ワクワク系マーケティングの本をたこ梅 分店の上原さんにプレゼント

スタッフさんと全5回のワクワク系実践講座に行きます!で、まずは、予習から、、、

百年後も、たこ梅がある!ってことは、明日も、明後日も、来年も、5年後も、10年後もある!ってことです

記事を読む

商業界12月号「ワクワク系の採用論」

「ワクワク系の採用論」を全店舗で共有~基本は得られる情報に差をつけない~

ここのところ求人難といわれ、特に飲食業界は厳しい状況です たこ梅では、正社員さん、パート、アルバイ

記事を読む

学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

今年のホワイト企業大賞で「学習する組織経営賞」という特別賞をいただきました ホワイト企業大賞

記事を読む

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

もう、1年以上前になりますが、「人間関係づくりトレーニング」など多数の著書があり、グループプロセスの

記事を読む

「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のあとのスタッフのふりかえり会

スタッフさんと「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のふりかえり

研修をしたり、お客さまイベントをしたりすると、その後、かならず「ふりかえり」をすることにしています

記事を読む

たこ梅分店の店舗面談です

1月の店舗面談~繰り返される望ましくないパターンを打破するには?~

先日、新梅田食道街にある たこ梅分店の和本店長、SA(スタッフアテンダント)の上原さんと1月の店舗面

記事を読む

新しい透明マスク(左)はカバーエリアが広い

新しく届いた「透明マスク」は、一回りカバーエリアが広く、厚手でしっかりしています!

新型コロナ感染防止対策の一環で、スタッフさんは、全員、マスク着用です スタッフさんは全員マス

記事を読む

年始のご祝儀(手当)

年末年始はスタッフさんにご祝儀を出す理由(わけ)

多くの会社が、年末年始はお休みですね ただ、飲食業のたこ梅は、年末も年始も、結構はたらいています

記事を読む

新人さんオリエンテーション

学生の新人さんへオリエンテーション!お店や商いに関する考え方を伝えます

また、ひとり、新しいスタッフさんが加わりました 学生さんがアルバイトで来てくれます たこ梅では、

記事を読む

スタッフさんの話を聴きながらアドバイスする松野先生

松野恵介先生の「楽しく価値を伝える研修♪」4年目を開催しました!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)のタネは、ほとんどが自家製です このタネを仕込んでいる仕込み場

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑