*

この土日にむけて「さえずり®」をしっかり、たっぷり仕込んでますよ!

公開日: 関東煮・おでん, 鯨料理

先週あたりは、大阪は、雨や曇りの日が多くて、なんか、11月だというのに、生暖かいような天気でしたね
でも、やっと、秋らしく、肌寒さが戻ってきたように感じます
そうなると、アレのご注文が増えるんです
だから、しっかり、仕込んでますよ

さえずり®を仕込んでいます

お客さまにお出ししている「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)は、ダシが染みて、旨そうなキツネ色、、、に仕上がっています
ただ、もともとは、真っ白でとってもキレイなんです
これをまずは、水の中でもみ洗い(って石鹸は使いませんよ:笑)して、余計な脂をぬきます
そして、鰹節を煮出しただけの白ダシで、下だきしていきます

さえずり®を下だきしてます

さえずり®を下だきしてます

沸騰してしばらくすると、透明だったダシが、白濁していきます
ちょうど、上の写真が、ダシが白濁してきたところです
これをじーーーっくり、じーーーっくりと煮続ける
そして、一旦、鍋から引き上げてさまします
そうしてから、今度は、関東煮鍋でたいていきます
そのうちに、薄めのキツネ色に、、、
この辺りで、また、冷まします
その冷めるなかで、味がどんどん染みていく
そして、関東煮鍋で本だきしてお客さまのお皿へ、、、
この土日、きっと、多くのお客さまから「さえずり®!!」っていう声がかかりますから、しっかり、たくさん仕込んでいます

「さえずり®」の名前の謂われは170年前にさかのぼります

ところで、「さえずり®」というと、たこ梅の170年前、創業当時からの名物、、、
これがないと たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)の味にならない!
たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)に欠かせない、なくてはならないタネです

これが、「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)です

これが、「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「さえずり®」は、ヒゲ鯨の舌のことをいうんですが、たこ梅の初代 岡田梅次郎が、その味わいに惚れ込んで関東煮(かんとだき/おでん)に初めて使った食材でもあります
この「さえずり®」、噛んでみるとチューインガムのようにクチャクチャとかみ切れない
そんなお客さまの様子を見ていて梅次郎が、そのクチャクチャという音を「小鳥の囀りやな、、、」と、このヒゲ鯨の舌に「さえずり®」という名前を付けたんですよ
なんか、面白いというか粋というか、、、

こんなさえずり®ですが、たっぷり仕込んでいるので、遠慮せず(笑)、「さえずり®おくれ!」って、どんどん、スタッフさんに声をかけてくださーーーい
そして、たこ梅の さえずり®を味わっていって下さいね!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

淡竹(はちく)の関東煮(かんとだき/おでん)

破竹じゃないよ!「淡竹(はちく)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

季節季節に旬の食材ってあります 昨日の大阪の最高気温は29℃、今日は30℃の真夏日の予想!! な

記事を読む

からし、鯨タンからし和えのラベルシールデザイン

鯨タンからし和え、からしのラベルシールデザインが完成!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 1年半以上もつづくコロ

記事を読む

ウルフェンさんと幻の味「長須鯨大和煮」

もう幻の味に!『長須鯨 大和煮』の缶詰がお店でも買えますよ

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです ナガスクジラという巨大

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「おくら」

店主の知らない関東煮・おでん!「オクラ」が、、、

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

今年も始まりましたよ!「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)が、、、

この数日、ちょっと、風も秋めいてきて涼しくなってきたように思います たこ梅の関東煮鍋も、昨日から、

記事を読む

本店前のA型看板は「鬼滅の刃」祭り???

道頓堀 たこ梅 本店は「鬼滅の刃」祭りなのか?

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮の上燗屋「たこ梅」の本店は、大阪の道頓堀にあります

記事を読む

原稿を見ながらナレーションを読む和田店長

関東煮・おでんの美味しい食べ方に和田店長がナレーションを入れてくれました!

お取り寄せ(通販)の関東煮・おでんの美味しい食べ方動画を撮影しました YouTube動画を撮

記事を読む

この日は、本店の松本さん、分店の上川さん、東店の谷口さんがいます

各店からの日替わりメンバーで営業中!普段のお店のスタッフさんにも会えますよ!!

大阪にも1月14日から緊急事態宣言です 緊急事態宣言中のお店は、、、 緊急事態宣言中は休業する

記事を読む

顔より大きい聖護院大根!まるまると太ってます!

1月2日、たこ梅は仕事始め!聖護院大根をお店に届けますよ!

今日は、1月2日です たこ梅は、今日から、仕事始め! (道頓堀の本店は、1月4日からです)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑