*

「未来へつながったダシ」としてウラマヨ!で放送されました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

先週の土曜日、関テレ(8チャンネル)さんで、たこ梅のことが放送されました ^^

どんな、内容だったか、ちょっと紹介しますね

1月27日のウラマヨ!でオンエア

2024年1月27日(土)の関テレ「ウラマヨ!」でオンエアされました

2024年1月27日の「ウラマヨ!」で放送されました

2024年1月27日の「ウラマヨ!」で放送されました

ブラックマヨネーズ(吉田敬さん・小杉竜一さん)がMCで、伊集院光さん、はるな愛さん、笑い飯さんがパネラーを務めます

ウラマヨの出演メンバー

ウラマヨの出演メンバー

この日は、あったか冬グルメフェスということで、その中のひとつとして たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)を取り上げていただきました

180年継ぎ足しのダシ

たこ梅 本店は大阪の道頓堀にあります

日本一古いおでん屋「たこ梅」本店(道頓堀)

日本一古いおでん屋「たこ梅」本店(道頓堀)

たこ梅を日本最古のおでん屋と紹介いただいています

創業180年、日本最古のおでん屋といわれる

創業180年、日本最古のおでん屋といわれる

正確にいうと、現存する日本最古のおでん屋ですね ^^

道頓堀 たこ梅 本店の店内

道頓堀 たこ梅 本店の店内

お店には、常連さんが多く来ていただいてます

お客さんは地方からも来てくれます

お客さんは地方からも来てくれます

初めてのお客さまも、地方からのお客さまもいらっしゃいます

たこ梅の名物「さえずり(R」)の関東煮(かんとだき/おでん)

たこ梅の名物「さえずり(R」)の関東煮(かんとだき/おでん)

さえずり(R)(ひげ鯨の舌)など、代表的な たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)もご紹介いただきました

コンニャク、厚揚げなど定番の関東煮(かんとだき/おでん)

コンニャク、厚揚げなど定番の関東煮(かんとだき/おでん)

定番の関東煮(かんとだき/おでん)に加え、冬場だけのとろける聖護院大根も、、、

冬場だけの「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん)

冬場だけの「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん)

たこ梅の中で、ウラマヨ!さんが一番着目されたのは、180年間、日々、継ぎ足すダシでした

180年継ぎ足してきたダシ

180年継ぎ足してきたダシ

未来へつながったダシ

このダシが、途絶える危機に瀕したことがあります

2020年の新型コロナで休業、180年続くダシが途絶えかけた

2020年の新型コロナで休業、180年続くダシが途絶えかけた

それは、2020年からの新型コロナ!
当時は、新型コロナの情報は少なく、戦々恐々としていました
お客さんとスタッフさん、そのご家族の健康と命を守ろうとすぐに休業もしました

たこ梅の独特のダシは、カツオをベースに、さえずり(R)などの具材をたきこむことで生まれる生きたダシです
日々、次だしダシが回転することで、たこ梅の味を維持しているのです

お店を長期間休業すると継ぎ足していくことができずダシが死ぬ!
つまり、途絶えてしまう危機だったのです

休業でお取り寄せ(通販)に力を入れたら常連さんを中心に注文が舞い込んだ

休業でお取り寄せ(通販)に力を入れたら常連さんを中心に注文が舞い込んだ

そんな時、お取り寄せ(通販)に力をいれました
お店(実店舗)は、休業してますし、、、

すると、すぐにたくさんの注文が舞い込んだのです

おかげで、出汁を守ることができました

常連さんがたこ梅を応援してくれた

常連さんがたこ梅を応援してくれた

なぜ、すぐに注文がたくさんきたのか?

それは、たこ梅には「たこ梅FUN倶楽部」というファン顧客の集まりがあって、住所やメールアドレスなどをお知らせいただいています
ですので、お取り寄せで美味しい関東煮をとどけられますよ!ってお知らせができました

そうしたら、「たこ梅もたいへんやし、一丁、応援してやろう!!」と大勢のお客さん、部員さんが、お取り寄せ(通販)をくださったのです

お客さんからたくさんの応援メッセージ

お客さんからたくさんの応援メッセージ

たくさんの応援のメッセージもいただきました

本当にうれしい!
ありがとうございました

お客さんとのつながりで、ダシが未来へつながった

お客さんとのつながりで、ダシが未来へつながった

お客さん、部員さんとのつながりで、弘化元(1844)年から守り続けてきたダシが、未来へつながり、今年180周年を無事に迎えるにいたりました

ありがとーーー!!

スタジオで出演者のみなさんがたこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)を楽しんでいただいています

スタジオで出演者のみなさんがたこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)を楽しんでいただいています

さて、ウラマヨ!さんでは、ブラックマヨネーズの吉田さんが大将となって、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)をパネラーのみなさんにふるまっておられましたよ

たこ梅のお取り寄せ(通販)

継ぎ足しで守るダシをつないでくれたお取り寄せ(通販)は、こちらです!
日本一古いおでん屋のお取り寄せ(通販)

たこ梅のお取り寄せ(通販)

たこ梅のお取り寄せ(通販)

テレビの影響だと思いますが、いま、注文が殺到していて、味を守るため順次注文に応じて出荷しております

お取り寄せでご注文の時、品切れ(在庫なし)表示の場合があります

そんなときは、お手数ですが、また、日にちをおいてお取り寄せサイトをお訪ねください

これからも、180年継ぎ足しのダシで味を守りながら、美味しい!楽しい!を届けてまいります

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業180年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

巨大な「繭(まゆ)」のような「たま」

巨大な「繭(まゆ)」ではありません!この「たま」は、、、(;゚Д゚)

いま、お店に、巨大な「繭(まゆ)」のような「たま」が登場しています どんな「たま」かというと、

記事を読む

名物「たこ甘露煮」

お歳暮、年末、お正月用「たこ甘露煮」(姿煮)の受付、まもなく終了ですよ!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです お歳暮、年末、お正月用「た

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅分店に本店の和田店長が応援

唯一開けてるお店に、日替わりで各店のスタッフさんが応援です

日本一古いおでん屋「たこ梅」です 11月27日から時短営業要請、そのまま、1月14日からは緊急

記事を読む

六文銭の関東煮(かんとだき/おでん)「真田丸」です

店主の知らない関東煮・おでん!「真田丸(さなだまる)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

水菜の関東・おでん

「水菜」の関東煮(かんとだき/おでん)はじまりました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 冬になって気温がさがっ

記事を読む

正月用の聖護院大根が届きました

市場が休みでも、大人気の聖護院大根も準備は万全です!

あけまして、おめでとうございます! 私は、12月31日まではお仕事、そして、明日、1月2日から

記事を読む

ホワイティうめだの表紙です

ホワイティうめだの表紙を飾る男!ポスターにもなってるらしい、、、

ホワイティうめだというと、一日60万人が通ると言われる日本一忙しい地下街、、、 そのホワイティうめ

記事を読む

お店に来れないときは、こっちから行きます!「出張おでん屋」キッチンカーのクラファン応援お願いします

キッチンカー出張おでん屋で、豊かな時間を届ける~クラウドファンディング始めます~

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです お客さんは、まだまだ、お店

記事を読む

新たに並べられた たこ梅の品々

道頓堀 たこ梅本店の「棚」にグッズコーナーが!?

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです たこ梅本店の和田店長は

記事を読む

臨時休業させていただきます

本日(9/15)、研修のため臨時休業です!スタッフさんと一緒に勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年173年目の『

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑