*

【悲報】「長須鯨」大和煮は、完全に『幻の味』に、、、(涙)

公開日: 鯨料理, 酒の肴

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

今日、残念なニュースが届きました

世界で唯一ナガスクジラを捕鯨していたアイスランドが撤退

世界で唯一ナガスクジラを捕鯨していたアイスランドが撤退

世界で唯一、ナガスクジラを捕鯨していたアイスランドが、2024年に完全撤退するというのです

【2月4日 AFP】(更新)アイスランドのスパンディス・スバーバルスドッティル(Svandis Svavarsdottir)漁業相は4日、同国が捕鯨を2024年に廃止する方針だと明らかにした。同国は、日本やノルウェーと並び商業捕鯨を続けてきた数少ない国の一つだったが、鯨肉の需要は近年減っていた。
スバーバルスドッティル氏は、現地紙モルゲンブラディット(Morgunbladid)に対し、捕鯨数の年間割り当てが終わる2024年以降、「捕鯨を認めることを正当化できる理由がほぼなくなる」と説明。捕鯨に「何らかの経済的メリットがあるという証拠はほとんどない」と述べた。(AFP BB Newsより

シロナガス鯨について二番目に大きいナガス鯨

シロナガス鯨について二番目に大きいナガス鯨

ナガスクジラは、シロナガスクジラについで、地球で2番目に大きい鯨
シロナガスクジラは捕鯨されていませんから、ナガスクジラが食べることのできる最も大きな鯨なのです

ナガス鯨を味わえるのも、これまで捕鯨された鯨肉の在庫分だけとなります

長須鯨大和煮の缶詰

長須鯨大和煮の缶詰

昨年、ナガスクジラが食べられなくなるかも知れない!と思いました
それで、今のうちに、この味を知って欲しい!!と、長須鯨大和煮の缶詰を発売しました

幻の味「長須鯨大和煮」

幻の味「長須鯨大和煮」

本当に「幻の味」になってしまいました _| ̄|○

ウルフェンさんと幻の味「長須鯨大和煮」

道頓堀の守護神 ウルフェンさんと幻の味「長須鯨大和煮」

今のうちに、「ナガス鯨を味わいたい!」と思った方は、
たこ梅の各店舗
たこ梅のお取り寄せ
大阪 高島屋 地下1階「味百選」(見当たらないときは店員さんに、「たこ梅の『長須鯨大和煮』はどこですか?」と尋ねて下さい)
でご購入いただけます

「長須鯨大和煮」は、完全に『幻の味』になっちゃうんですね

長須鯨大和煮の缶詰も在庫分しかありません
これがなくなったら、もう、食べられないのかと思うと、なんか、ちょっと寂しい、、、

でも、あるうちは、一人でも多くのお客さんに、長須鯨の味わいを知ってもらわないとね

さぁ、今日も、がんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「栄螺(さざえ)」の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)

「気まぐれ関東煮・おでん)」に「気まぐれ酒の肴」も!栄螺(さざえ)に「勢子(せいこ)がに」が、、、(*゚д゚*)

おはようございます 日本一古いおでん屋「たこ梅」で、雑用係と五代目店主をやってる てっちゃんです

記事を読む

鯨たんジャーキー

「鯨たんジャーキー」でけました!お店で食べてね!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」です 鯨たんジャーキーを試作 たこ梅は、177年前の創業当時から関東

記事を読む

鯨戎さま

ノルウェーから商業捕鯨の鯨の舌を買うだけでなく、鯨食文化を伝え、広めていきます!ところで、鯨戎さまって知ってる?

昨年の12月26日、日本政府は、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して商業捕鯨を開始することを決定しまし

記事を読む

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

2019年7月1日、31年ぶりに商業捕鯨が再開されました!

2019年7月1日、たこ梅にとっても記念すべき日となりました それは、31年ぶりに商業捕鯨が再

記事を読む

「勇魚」(いさな/鯨)木札ストラップ

記念に鯨「勇魚(いさな)」の木札ストラップつくりました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 鯨でスタミナと免疫力アップ

記事を読む

木札と焼き印

「勇魚(いさな)」の焼き印が出来上がりました!!

お店では、お勘定に「木札」を使います 酒用の木札だと、「酒」と「たこ梅」が表裏に焼き印されてい

記事を読む

太く成長したネギを収穫する道頓堀 たこ梅本店 和田店長

11月の野菜部(前編)~1年半、放し飼いにしたネギを収穫~

奈良の山添村というところで、スタッフさんと一緒にちいさな自然農法の畑をやっています たこ梅は、日本

記事を読む

鯨御朱印帖です

「鯨御朱印帖」って、何だ?また、なんか始まるのか!?

お店のフェイスブックをみると、また、なんか始めるらしい というか、10月1日から、始めちゃったよう

記事を読む

さらし鯨

生の鯨の舌から、毎回、手造りの「さらし鯨」始まりました!

てっちゃんは、鯨好きです! 見るのも、食べるのも、、、 「さらし鯨」って、鯨クサイもの?ってホン

記事を読む

たる 2020年12月号

たこ梅本店が開高健が愛した店として雑誌「たる」さんに取り上げていただきました

今年は、開高健 生誕90周年、そして、お酒をめぐるカルチャーマガジン「たる」さん創刊40周年です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑