*

秋上がりする酒「ひやおろし」が11月の月がわりの酒!始めますよ!!

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

お客さんには、日本酒の楽しみをいろいろ知ってほしい!
そのひとつとして、毎月、月がわりの酒で変わったお酒、珍しいお酒をお出ししています

11月は、、、(@ ̄□ ̄@;)!!

秋だけ楽しめるお酒「ひやおろし」

今月は、秋だけ楽しめるお酒を月がわりの酒でお出しします

それが「ひやおろし」です

「ひやおろし」とは、寒の真冬につくり、これを夏でもひんやりとした土蔵の中ですごさせます
じっくり熟成が進み、新酒の荒々しさやカドがとれ、ふくよかな味わいが生まれます

このひやおろし、歴史をひもとくと、たまたま生まれた酒らしいのです
江戸時代、売れ残った酒が土蔵でひと夏をこします
それを飲んでみると、「あれ、新酒より味わいが増してる!うまい!!!」となって、飛ぶように売れてしまった

それから、わざわざ蔵で夏の間寝かせて秋に売るようになったのだそうです

辛口 純米「ひやおろし」

辛口 純米「ひやおろし」

ところで、この酒が「ひやおろし」と言われるのか?

それは、通常、清酒は、搾った時と出荷前の瓶詰め時の2回、火入れといわれる「加熱殺菌」を行います
ところがこの酒は、「ひや」のまま「卸す」(出荷する)、つまり、瓶詰め出荷時の加熱殺菌せずに出荷するといういみで「ひやおろし」と言われるのです

「秋あがり」する酒

「ひやおろし」は、秋になってカドがとれ、熟成、まろやかで旨くなる
味わいがより深く、美味しくなる

そんなところから、昔から「ひやおろし」は「秋上がり」する酒と呼ばれています

秋あがりする酒「ひやおろし」

秋あがりする酒「ひやおろし」

この秋上がりする「ひやおろし」、純米酒で辛口タイプに仕上がっています

これを期間限定でお店でお出しします

昨年は、蔵元に予約しておいた分がすぐに売れてしまって、追加で在庫を探してもらったお酒

今年は、去年より多めに仕入れています
それでも、1ヵ月はもたないかも、、、^^;;;

「ひやおろし」味わいたい!!って思ったら、今夜にでも、お店で「ひやおろし!」って注文してくださいね

秋には秋の酒を堪能してね!

「月がわりの酒」をはじめた理由(わけ)

この「月がわりの酒」をはじめて数年になります

そもそも、どうして、「月がわりの酒」を始めたのか、、、

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮、酒

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮、酒

たこ梅では、お店で、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮に合うお酒をたくさんのお酒の中から選んで一手(1種類)だけご提供しています

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タンポ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タンポ

それも、ていねいに錫たんぽで湯煎してご注文ごとに、ひとつひとつお出ししています

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

たこ梅は、「おでん屋」と思われていますが、そもそもは、江戸時代、「上等の酒を上々に燗をつけて出す店」である『上燗屋(R)(じょうかんや)』ですから、今も、そのスタイル、やり方を守っています

ただ、お酒(清酒)って、日本の蔵の数だけ(数以上ですね)ありますし、季節季節のお酒や飲み方もあります

日本酒離れが叫ばれる今、そういうお酒の文化を知って貰えたら、、、と思いました

そのひとつとして、いろんなお酒を楽しんでもらう

これはいいのですが、ひとつ問題があります
それは、お酒(清酒)は醸造酒で、封を切ると同時に参加が始まり、酒質の劣化がスタートするということ
(一般的に言うと、開栓して1週間くらいで飲みきってほしいなぁ、、、)

これを防ぐには、開栓したお酒に窒素充填して専用の冷蔵庫にしまうなどの管理が必須です

あるいは、、、

すぐに、飲みきるか!

たこ梅の現在のお店は、もともと、20種類、30種類、100種類のお酒をワインセラーのように置くようにはつくられていません

でも、お客さんにいろんなお酒を知って欲しいし、楽しんで欲しい!

それで、思いついたのが、毎月1つ、新しいお酒、かわったお酒、季節のお酒をお出しすることです

これだったら、封を切ったお酒も美味しいうちに確実に飲みきれます

11月の月がわりの酒は、秋あがりする「ひやおろし」純米 辛口

11月の月がわりの酒は、秋あがりする「ひやおろし」純米 辛口

それで、「月がわりの酒」として、お出しするようになったのです

今月の月がわりの酒は、秋あがりする「ひやおろし」です

楽しんでね

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)始まりましたよ!

「そろそろやろ?」「いつから?」って常連さんから催促されるアノ関東煮(かんとだき/おでん)、今年も、

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「蒲鉾(かまぼこ)」

店主の知らない関東煮・おでん!「蒲鉾(かまぼこ)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)を始めます

大阪の地場野菜、つまり「なにわ野菜」なんですが、これに「しろ菜」っていう葉もの野菜があります 天満

記事を読む

清酒の種類による違いの一覧表

吟醸酒、純米酒、本醸造、、、お酒にどんな違いがあるの?それは、、、

たこ梅は、弘化元(1844)年の創業当時から、170年以上、上等の酒を上々の燗をつけて出す店というい

記事を読む

お店の取り組みを「顧客の旅デザインマップ」の視点で観ていきます

6月の店舗面談、お店の取り組みを「顧客の旅デザインマップ」の枠組みで捉え直します

月に1回、下旬に、その月と翌月のお店の運営や取り組みについての面談を店長さん、店長さんが指名するスタ

記事を読む

村の直売所で買ったり、ご近所の野菜や特産品

緊急速報!山添村の野菜、特産品がお店に登場です!

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の小さな畑をやってます 毎月、1回、野菜部のメンバーと一緒にい

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

えろー、遅なってスンマヘン、、、やっと始まりました!「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が!!

9月も中旬頃になると、常連さんから、聞かれるんです 「まだか?」「今年、おそいんとちゃうか?」

記事を読む

店主もしらない店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「子持ち高菜のつぼみ菜」

店長の気まぐれ関東煮・おでん「子持ち高菜のつぼみ菜」で、店長も知らない関東煮へのリベンジか?

この2,3年、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が、各店で出してるのをこのブログでも紹介して

記事を読む

今年の「初しぼり」原酒です

「ウブだけど力強いお酒やねぇ~」ってお客さまに言われた新年の「初しぼり」原酒が今年も今日から登場です!

お酒って、季節季節で、雪見酒などいろんな楽しみ方もありますし、秋口の「ひやおろし」などいろんな種類の

記事を読む

道頓堀 たこ梅 本店の DRAFT EXPO 2018 への参加募集のお知らせ

ビール工場見学?いや、今年は「DRAFT EXPO 2018」です!!

今年で4年目となるお客さま、、、というか、たこ梅FUN倶楽部員さんと行く(フツーじゃないけど、、、^

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑