*

月がわりの酒「灘仕込」はじめます!2-3週間の期間限定です

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

たこ梅は、おでん屋と思われていますし、われわれもよく「日本一古いおでん屋」といいます
180年近く前から、業態としては、上等の酒を上々に燗して出す「上燗屋」です

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

その酒の肴として、初代岡田梅次郎が、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を選んで、それが多くのお客さまに気に入っていただき名物となって今にいたるのです

それで、今でも、基本、お酒は燗酒にする純米酒一手だけ

とはいえ、日本酒は季節季節や地域の風土に合ったお酒もありますし、温度を変えるだけで別の味わいを楽しめる奥の深い飲み物です

一方、鮮度が命の面があって、栓をあけるとどんどん酸化などにより味が劣化していきます
本来は、栓をあけたら数日で飲み切るのがいいと思います

それで、たこ梅では、純米酒一手にすることにより、常に鮮度の高いお酒を提供する道を選んだのです

といっても、いろんなお酒の味わいをお客さんに知ってほしいし楽しんでほしい

それで、毎月1つ、普段とは違うお酒を探してきてお出しするようになったのです

4月の月がわりの酒「灘仕込 特別純米」

それで、4月の月がわりの酒は「灘仕込 特別純米」というお酒

灘仕込 特別純米酒

灘仕込 特別純米酒

このお酒は、食べて飲むときにうまい酒として造られました

ですので、たこ梅などの飲食店だけで飲めるお酒なのです
酒屋さんでは買えません!

この灘仕込、その名の通り灘の宮水をつかいきめ細かい上品なうま味のある酒に仕上がっています

灘仕込 特別純米酒のお知らせ(by 和田店長)

灘仕込 特別純米酒のお知らせ(by 和田店長)

酒屋さんでは市販されていないこのお酒、たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)と一緒に味わってみて下さいね

2-3週間の期間限定です

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

瞬冷を飲むジョニーデップと福山雅治のシーン(スーパードライ瞬冷の30秒CMより)

ジョニーデップ!福山雅治!のスーパードライ瞬冷辛口、期間限定です!

アサヒスーパードライってロングセラーのビールですよね そう、ドライブームを巻き起こした、、、 ド

記事を読む

秋が旬の竹の子があるんです!『四方竹』の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

この数日で、急に冷えてきましたね すっかり秋です が、、、、 ご存じでした? 秋が旬

記事を読む

氷レモン酎ハイは、凍結レモンが丸ごと一個入ってます!

酎ハイが熱い!!ようです、、、新梅田食道街 たこ梅分店では、、、

6月も中盤が過ぎ、夏!夏!夏!になってきました そうなると、炭酸がきいて、シュワー!っと冷たいビー

記事を読む

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

「鯨はりはり袋」の関東煮(かんとだき/おでん)はじめました

1ヶ月限定のアノ関東煮(かんとだき/おでん)を今年もはじめましたよ 去年も1ヶ月たらずで売切れてし

記事を読む

ゆがきたての竹の子です 竹の皮の周りに砂みたいについてるのが糠(ぬか)です

今日も、朝から、掘りたて竹の子をやわらかく糠茹でしてます!

今日も、朝から、やってますよ! 4月に入ると、毎日、これをやんなくちゃね 堀りたて竹の子を糠茹で

記事を読む

積み上げられた20箱以上の聖護院大根

八百屋さんに20箱以上も聖護院大根???全部、たこ梅に届けられます!

ちょっと、朝、うちが取引している八百屋さんをのぞきました! って、毎日、のぞいてますが、、、 (

記事を読む

新ゴボウです

店主の知らない関東煮・おでん!「新ごぼう」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部の冬の部活を考え中です!

冬の部活「酒蔵見学」を「どんなのしようか?」って、スタッフさんとミーティングです!

ときどき、部活やってます 常連さまだけが入部できる「たこ梅FUN倶楽部の部活です 今年の夏は、ア

記事を読む

檜の特製一合枡「丑」

特製「丑」の檜一合枡が準備できているのですが、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 緊急事態宣言は6月20日が

記事を読む

「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

え゛!アワビ?「いえ、違います!キノコです!!」、、、そんな「えりんぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

夏の暑いとき、あっさりした関東煮(かんとだき/おでん)も、ええもんです で、こんなのもやってます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑