*

月がわりの酒「熟成古酒」について小川杜氏が語ります

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

清酒を10年もの間、長期熟成した「熟成古酒」
搾りたてのころとは異なるまろやかでふくらみがあり、すーっとキレのよい上品な甘みも感じられるようになります

そんな熟成古酒は、毎年、3回以上、その品質と熟成度合いをタンクを開いて利き酒をします
そして、10年目の今年、味、風合い、バランスがこの上なくまとまり、ずっと面倒を見てきた小川杜氏が、世に送り出したお酒です

山田錦で醸した酒を10年寝かせた「熟成古酒」

山田錦で醸した酒を10年寝かせた「熟成古酒」

「熟成古酒」という清酒なのに琥珀色に染まる珍しいお酒

おそらく、こういう清酒があること自体ご存じない方も多いと思います
私も、知識で走っていましたが、口にしたのは今回が初めて

ほんとうに希少なお酒なのです

熟成古酒の魅力を教えてもらう

それゆえ、熟成古酒の魅力や美味しい飲み方を詳しい方に教えてもらうことにしました

それで、この10年熟成古酒を造った小川杜氏にお店においでいただき、お話をうかがったのです

熟成古酒の杜氏 小川さんと たこ梅北店の安藤店長

熟成古酒の杜氏 小川さんと たこ梅北店の安藤店長

新梅田食道街 たこ梅北店の安藤店長は、毎月の月がわりの酒を探して決める「酒担当」でもあります
それで、安藤店長がお店で小川杜氏にインタビューしながら、いろいろとお話をうかがいました

杜氏おすすめ「熟成古酒」の美味しい飲み方

小川杜氏によると、この熟成古酒は、その温度、そのまま、あるいは、冷やしたり温めたりすることで、その味わいが変化し、楽しめるお酒でもあるとのこと

【小川杜氏おすすめの「熟成古酒」の美味しい飲み方】
その美味しい飲み方としては、
・まずは、「ひや」でその素の味を楽しみ
・次に「ロック」で上品な甘さを味わう
・最後に「ぬる燗」でぶわっと広がるその味わいの深みを堪能
してもらうのが、この熟成古酒をあますことなく楽しめる飲み方だそうです

熟成古酒は1杯売りとボトル売りがあります

熟成古酒は1杯売りとボトル売りがあります

お店では、1杯売りとボトル売りがあります
1杯売りは「ひや」のみですが、ボトル売りの方は、1本で量もありますから「ひや」「ロック」「ぬる燗」でのご提供を承っております

そして、この熟成古酒、2020年燗酒コンテストの ぬる燗部門で最高金賞も受賞しているんですよ

小川杜氏の熟成古酒の話はYouTube動画で!

美味しい飲み方だけでなく、熟成古酒の魅力や開発秘話、また、美味しい大人のデザートにもなるという面白いお話もうかがっています

そのお話は、動画で撮影していてYouTubeの「たこ梅チャンネル」に投稿しています

たこ梅チャンネル Vo.4)熟成古酒の魅力を小川杜氏に、きいてみました」と

たこ梅チャンネル Vo.5)熟成古酒の美味しい飲み方、楽しみ方」の2本を投稿していますので、ぜひ、ご覧下さいね

動画を見たら、熟成古酒をお店で味わってね!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

牡丹牡蠣の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

以前は、毎年、12月中旬か下旬頃には始まってたんです それが数年くらい前から、年越しするようになっ

記事を読む

黒松白鹿「灘の生一本」(兵庫県産「山田錦」100%の純米酒)

10月の限定酒「灘の生一本」始まりました!

昨年、ものすごーーーーく好評で、「あっ!」ちゅう間になくなったお酒、、、 今年も、期間限定(2

記事を読む

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

床下で1年寝かせた おばあちゃんの自家製梅酒、本日、始まりました!

気象庁の予測では、今年の大阪の梅雨入りは、1週間後の6月7日ころだそうです 梅雨の雨も大事なんです

記事を読む

三が日の出勤にはご祝儀がでます

お正月の三が日は、ご祝儀です!

お正月くらい、だれしも、ゆっくりしたいもの、、、 でも、来て下さるお客さまがいらっしゃる! お正

記事を読む

錫のタンポ、上燗コップとテンコ盛り定期券

「テンコ盛り定期券」でお酒を楽しんではります!

新型コロナで、たこ梅は4月7日から全店舗休業です 道頓堀 たこ梅 本店も再開[/captio

記事を読む

「椎茸(しいたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

旨いダシを自分のうま味に加えるズルい関東煮(かんとだき/おでん)「椎茸(しいたけ)」始まりました!

ちょっとズルいんちゃうん!? いっつも、コイツがでてくると思います そんなアイツの関東煮(かんと

記事を読む

山添村の蕨(わらび)

緊急速報!山添村の山菜「蕨(ワラビ)」数量限定で登場です

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の小さな畑をやってます 毎月、1回は一緒にいきますが、新型コロ

記事を読む

茹で上がった聖護院大根を流水でさらしています

色白の聖護院大根が、だんだん、美味しく飴色に染まっていきます

12月から2月下旬くらいまで、煮(た)くとメッチャうまい大根があります いま、たこ梅の関東煮鍋にも

記事を読む

酒蔵の「しぼりたて原酒」1ヶ月の期間限定です

酒蔵でしか飲めない!搾りたて原酒を1ヶ月限定でお出しします!!飲んでね!(^o^)v

3月10日、たこ梅FUN倶楽部員(←たこ梅の客さま/部費とかありませんよ!:笑)と一緒に、西宮の白鹿

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑