*

売上が1/3以下の苦しい状態でも、お客さんの温かさに支えられています

新型コロナで、4月に緊急事態宣言でこれがやっと解除と思ったら大阪府、大阪市がミナミエリアに休業要請
それを忖度なのか大阪の全地下街の大家さんである大阪地下株式会社は、(大阪府・大阪市の指定エリアに地下街はないのに)全地下街に時短営業要請(でも家賃減額などは一切無し)

休業要請を発表する吉村大阪府知事

休業要請を発表する吉村大阪府知事

休業や時短の影響もありますが、国や自治体が緊急事態宣言や休業要請を発表し、大阪地下街などの大きな集客施設がコロナで時短!と声高に叫ぶと、当たり前ですが、一般消費者は、コロナに対する恐れや心配が増して自粛しがちです

これらの影響で、たこ梅の売上は、前年の同時期と比べると1/3以下の30%あるかないか、、、
経営的には、崖っぷちというより、崖っぷちに片手でぶら下がってる状態です

お客さんの温かさに支えられています

こういう大変という以上に厳しすぎる状況ですが、お店に立ち寄って、飲食はもちろん、お土産・お持ち帰りで関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を購入くださるお客さんがいらっしゃいます
たいがいは、常連さんで、単なる常連さんというより、たこ梅をコロナの前から応援してくださる方々です

先日も、20年来のお客さんがおいでになり、関東煮(かんとだき/おでん)のお土産を購入くださいました

お客さんのFB投稿記事(ご本人の掲載許可をいただいています)

お客さんのFB投稿記事(ご本人の掲載許可をいただいています)

わたしは、そのお客さんのFB投稿を見て知ったのですが、こういうお客さんの温かさに、お店は支えられてるのです

そのFB投稿には、こうあります

ひとり飲みの時は、
応援したいお店に行きますよね。
大阪中央郵便局勤務の若い頃、ずいぶん通いました。
おでんの美味しい『たこ梅』さん。
軽く一杯飲んで、おでんを数品。
そして『持ち帰り』のおでん。
「おみやげセット」以外にも、
「自分の好きな具」を自由に持ち帰れるんですよ。僕はダイコン多め。(笑)
んで、お汁がこぼれないように、タッパー閉める前に、ラップもしてくれて、
さらにビニール袋に入れてから
底の広いしっかりした紙袋に。。。
はい。2時間くらい後でもしっかりあったかいっす。
持ち帰りおでん?
大丈夫??
って思ってる人もいるかも。と、あえて解説!!
がんばれ!!たこ梅!!
がんばれ!!大阪の飲食店!!
がんばれ!!働くみんな!!!
一緒に写ってくれたのは
ウエハラさんでーす。
#たこ梅
#笑顔の連鎖

お土産で、「関東煮(かんとだき/おでん)を買って帰ったよ!」だけでなく、関東煮(かんとだき/おでん)のお土産は、2000円、3000円のセット(があってメニューなどに載っています)があるのですが、それだけではなく、「お好みで好きなものをチョイスできるよ!」ということもお知らせ頂いています

当たり前のようですが、存外、言われてみると、「そうなんだ!すきなおでんだけ選んで持って帰れるんだ!!」ってなるものです

こういうことをほかの方に知らせることで、お店を応援しようとしていただているのです

お店を応援する!スタッフさんを応援する!!
こういう温かいお客さんに、われわれは支えられているのだと思います

今は、売上が以前の1/3以下という言葉に出来ないくらい厳しい崖っぷちですが、お店のスタッフさんだけではなく、応援してくださるお客さんとともにこの難局を乗り切っていきます

がんばるぞーーーーーーーー!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

鯨ジャーキー

鯨ジャーキー、鯨干し肉、完成に近づいてきました!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです これまで、何度か、こち

記事を読む

テレビ番組の取材です

久々にコロナじゃない「たこ梅」のテレビ取材です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 日本一古いおでん屋とい

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)の季節ですね

最近、よく雨が降りますよね 昨日も雨だったし、、、 今、菜種梅雨(なたねづゆ)の時期、つまり、「

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「満月ぽん ひな祭りバージョン」

店主の知らない関東煮・おでん「満月ぽん ひな祭りバージョン」が、、、

昨日、3月3日、おひな祭りでしたよね やられました、、、 新しい食材でやってるとばっかりおも

記事を読む

土を洗ってヘタを切り落とした里芋

小学生のときから大好きな関東煮(かんとだき/おでん)があります!

冬の人気の関東煮(かんとだき/おでん)のトップ2というと、聖護院大根(しょうごいんだいこん)、牡丹牡

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 北店の安藤店長と島田さん

大阪の地震、ゆれました!お店に出勤できたスタッフさん、どうするか自分たちで全部決めてました、、、

昨日の朝、大阪で地震ありましたよね! ゆれました!! 大丈夫でしたか? ケガなどなかったら

記事を読む

崖っぷちTシャツモデル 左)和田店長 右)島田店長

「崖っぷちTシャツ」が、通販サイトで注文いただけるようになりました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 3/7までの休業です

記事を読む

すごろく「北の旅人」と参加者用のパスポート(旅券)です

新梅田食道街 たこ梅 北店の双六「北の旅人」が始まりました!!

先日、このブログでもお知らせしましたよね! 新梅田食道街 たこ梅 北店で、夏のスゴロク大会やります

記事を読む

夏が旬の野菜「冬瓜(とうがん)」

季節限定の関東煮(かんとだき/おでん)、「冬瓜(とうがん)」始めました!!

関東煮(かんとだき/おでん)っていうと、「冬のもんやろ、、、」「寒いときはええなぁ~」っておっしゃる

記事を読む

鯨の舌から赤身の部分を取り除いていきます

鯨の生の舌から、さえずり®を仕込んでいきます!

たこ梅が創業したのが、私の4代前の曾々祖父 岡田梅次郎です 弘化元年、1844年ですので、いまから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑