*

草刈り法を換えたおかげ!?雑草が格段に少なくなりました!

公開日: 農業科・野菜部

奈良の山添村というところで1アールに満たない小さな自然農法の畑をスタッフさんとやっています
そして、毎月1回は、耕したり草むしり種まき、収穫に行っています

夏は畑に雑草がものすごく生えて困っていました

この7月も先週の月曜日、7月20日に1ヵ月ぶりに行きました

この時期大変なのが草刈りです
自然農法なので除草剤はつかいません
鎌を使って手で刈るだけ、、、

山添村の自然農法の畑(7月23日)

山添村の自然農法の畑(2019年7月23日)

ちょうど1年前、1ヵ月ぶりに畑に行ったときは雑草に畑じゅうが覆われていました
翌月の8月も同様に、草ぼーぼーの状態で、暑い中の草刈りは地獄です _| ̄|○

今年の畑は雑草が少ない!

それで、なんとかできないか?と考えたり調べたりして、ある草刈り法をみつけて昨年8月の野菜部から、そのやり方に切り替えました
そして、7月の自然農法の畑はどうだったかというと、、、

7月の山添村の自然農法畑

7月の山添村の自然農法畑(2020年7月20日)

今年は雨も多くて、雑草が生えるには好条件でしたが行ってみると、それほどでもありません
昨年の同時期と比べると雲泥の差です!!

違いは雑草の刈り方

昨年との違いは、先に書いたとおり8月以降、雑草の刈り方を変えたのです
どうかえたのか?
それは、、、

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

自然農法の教科書にもしている「三浦伸章 ガッテン農法」という本に書かれていた方法です

雑草の刈り方(「三浦伸章 ガッテン農法」より)

雑草の刈り方(「三浦伸章 ガッテン農法」より)クリックすると大きく読みやすく表示されます

植物は、茎と根の境目に「成長点」があって、ここから主として細胞分裂し延びていきます
これがなければ、延びてこない!

この成長点は、地面より少ししたの根っことの境にあるので、鎌を土に滑り込ませて、茎の白い部分(この中に成長点がある)の下の根の部分で切り取るのです
こうすると、もう、再生してきません
昨年の8月の野菜部から、この成長点下の根の部分で刈るやり方で草刈りを続けています

確実に効果が現れています!!

ところで、今年は、雨が多いのでいまのところ気にすることはありませんが、雨の少ない夏場は、地面の日よけ(水分がうしなわれにくくするため)とするために、草を真ん中当たりで刈って残すといいそうですよ

ただ、根があると増えるタイプの雑草はこの方法はむりです
スイバというのが、山添村の畑にはよく生えていますが、これはゴボウのように長い根っこをのばしていて、途中で切れるとまた生えてきます
ですから、このスイバは、スコップや定食ごてをつかって、根ごとまるっぽ抜き取るようにしています

刈り取った雑草は堆肥に

昨年に比べると格段にへった雑草ですが、それでも、刈っていくとそれなりの量になります

山添村の自然農法畑(7月)

山添村の自然農法畑の草刈り

刈り取った雑草も、もとはといえば畑の養分でできています

刈り取った雑草

刈り取った雑草

だから、また、畑に還元してもらおう!!
ということで、、、

刈った雑草は堆肥に

刈った雑草は堆肥に

刈り取った雑草は、雑草堆肥にします

これで養分の循環がはかれるというわけです

畑では里芋や茗荷が育っています

さて、いま、畑では、、、

里芋(サトイモ)

里芋(サトイモ)

茗荷(ミョウガ)

茗荷(ミョウガ)

里芋や茗荷、牛蒡が育っています

牛蒡(ゴボウ)

牛蒡(ゴボウ)

ちなみにこの牛蒡、昨年、種を蒔いて育てて収穫しましたが、どうも、そのとき収穫しそびれたというか、途中で折れたゴボウから育ったようなのです
今年は、種まきしてませんから、、、

自力で育ってきた牛蒡、かわいがって育てています

また、秋から冬に育って収穫するのが楽しみです

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

キャベツの収穫中

緊急速報!山添村のゴボウ、キャベツ、大根が数量限定で登場です

今年の春、奈良の山添村で自然農法の畑をスタッフさんと始めました 毎月1回は、野菜部のスタッフさんと

記事を読む

刈り取ったツルや葉は雑草堆肥に

11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

11月の野菜部は、大根についたサルハムシの対峙に始まり、サツマイモ、サトイモ、落花生などを収穫

記事を読む

1月の山添村の野菜部 前編~大根、ニンニク、玉葱、日本キヌサヤエンドウの状態は?~

今週、今年最初の野菜部の活動で、奈良 山添村で始めた自然農法畑に行ってきました 1月の野菜部

記事を読む

和田店長、いっぱ収穫してくれています

緊急速報!山添村で作った無農薬「菊菜」を関東煮(かんとだき/おでん)で出します!!

今年の3月から、奈良県の山添村でスタッフさんと自然農法で野菜を栽培しています 山添村で3月に自然農

記事を読む

種まきから10日後の裏庭の自然農畑

裏庭の自然農法畑、種を蒔いて10日後はこんな風です!

今年の3月から、お店のスタッフさんと自然農法による畑をする「たこ梅 農業科野菜部」を結成しました

記事を読む

野菜の種

自然農「恵み循環農法」で蒔く種がいっぱい届きました!ちょっといっぱいすぎ、、、^^;;;

今年から、奈良で自然農法の畑をやろうと思っています 野菜をつくる!ってことね まず自然農法のワー

記事を読む

山添村で見つけた四つ葉のクローバー

山添村で四つ葉のクローバー!!コロナ禍でも、自分の四つ葉のクローバーを見つけましょう!

新型コロナ禍で、毎月、スタッフさんと山添村の自然農法畑に行く「野菜部」活動も中止しました 畑では、

記事を読む

丸型と角形のシャベルを4本購入

自然農法の畑づくり用にシャベルを購入です

来年の春から、奈良にある研修施設の土地で、自然農法「恵み循環農法」をつかった野菜作りを始める予定にし

記事を読む

お店の運営について話をしています

自然農法の畑のある山添村で、初の店長面談です

この前、奈良の山添村にある自然農法の畑の手入れに、たこ梅農業科野菜部のメンバーさんと行ってきました

記事を読む

店ごとに店長面談です

奈良の山添村で、畑仕事の後に店長面談です!

毎月、月上旬に店長会議があります そして、その事前準備も兼ねて、前月の下旬に店長さんと面談をするこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑