*

マスクをしていても「顔」が見えると安心ですよね!

公開日: お客さま関係性, たこ梅 分店

新型コロナの感染対策で、お店のスタッフさんは、マスクを着用しています
感染を防ぐという意味では、安心ですよね

ただ、マスクをするとどんな人かわからない、、、
とくに、ご新規のお客さまは、マスクのない状態の顔をご覧になったことがないので、まったく、わからない、、、
常連さんにしても、マスクをしているとどのスタッフさんかわかりずらい、、、

顔がわかるほうが、気持ち的(心理的)に、なにか安心です

マスクをしていても「顔」わかります

「顔わかるといいよなぁ、、、」と思っていたら、新梅田食道街のスタッフさんが、こんなん始めたらしい

たこ梅分店(新梅田食道街)のフェイスブックページ

たこ梅分店(新梅田食道街)のフェイスブックページ

わたしも、知らなかったんですが、たこ梅分店のフェイスブックページを見て知りました

さてさて、コロナが収まった訳ではないのですが、最近は少しづつお客さんも戻ってきているように感じます
本当に感謝です
私たちも、元気に!笑顔で!接客させてもらってます!!

…が、
『マスクで口元が隠れて、顔がわからな!い』
なんて、お客さんからの声もちらほら…
どーにかならんもんかいな

で、こんなんしてみました↓
名札にマスク無しの顔写真貼ってみました
生首名札です笑

もはや名札じゃないスタッフもいますが…笑

さ!今日も、マスクの下は笑顔で頑張りまーす!!

と、フェイスブックに書いてあります

マスクしてても顔が分かるように、名札に「顔」つけました!

マスクしてても顔が分かるように、名札に「顔」つけました!

確かに、名札に「顔」が、、、

そして、もはや名札じゃない!名Tシャツ???も一部おりますが、これで、マスクをしていても顔がわかって、ちょっと安心して注文などしていただけるのではないかと思います

いやぁーーー、現場のスタッフさん、いろいろ考えますね

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ホンマに旨い『酒』をくらべ隊 の隊員募集のお知らせ

大人の遠足「酒蔵見学2018」は3月10日!参加者募集中です!!応募は各店のスタッフさんまで、、、

この数年、夏は吹田のアサヒビール工場に、冬は西宮の白鹿さん(白鹿はブランド名で酒蔵としては「辰馬本家

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部通信2019年1月号を発送します

「たこ梅FUN倶楽部通信2019年1月号」の発送完了!明日くらいに届きますよ!

毎日、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮、そして、お酒、、、をお客さまにお出ししています ま

記事を読む

たこ梅で一緒に働いてお客さまに選ばれる楽しい店をつくってね!

お客さまにもっと喜んでいただけるようになるためパートさんを新規募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

木札と焼き印

「勇魚(いさな)」の焼き印が出来上がりました!!

お店では、お勘定に「木札」を使います 酒用の木札だと、「酒」と「たこ梅」が表裏に焼き印されてい

記事を読む

現場会議で「大福帳」の実際の運用について検討

8月の現場会議~新しくなった「大福帳」を活用できるように~

毎月1回、各店の現場のSA(スタッフアテンダント)さんが集まって、「現場会議」をやっています

記事を読む

初鰹のタタキ

「初鰹(初ガツオ)」のタタキ始まりました!

ゴールデンウィークを目前に控えて、昨日から、初夏を思わせる陽気の大阪です 初夏の季節というと、江戸

記事を読む

大手スーパーのオーガニックの棚

大手スーパーのオーガニック商品棚縮小で気づいた「思い込み」「意識・無意識の前提」

1年くらい前にできた大手スーパーのショッピングモールに、奥さんのお供で買い物にいきました そこで気

記事を読む

「勇魚(いさな)」木札キーホルダー

「勇魚(いさな)」木札キーホルダーできました!!

鯨って、ホンマに旨い!! 鯨料理って、日本の食文化、、、 その鯨料理の旨さを知って欲しい!!

記事を読む

宛名印刷できた封筒

ニューズレター「たこ梅FUN倶楽部通信2019年4月号」の宛名印刷がんばってます

年に4回、たこ梅FUN倶楽部員さんあてにニューズレター「たこ梅FUN倶楽部通信」をお届けしています

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑