*

3か月ぶりに山添村で自然農法の野菜部活動です

公開日: 農業科・野菜部

1年前から、奈良の山添村で、1アール弱という小さな畑をスタッフさんとやっています
自然農法の畑なので、化学肥料や農薬なんかはつかいません
野菜の持つ自然の力を引き出すため、原則、水まきもしません

毎月1回、スタッフさんとこの山添村の自然農法畑に通っています
ですが、山添村への交通手段が車のみのため、今回のコロナ禍で、その移動の車が“密”になるため、4月、5月とお休みしていました

そして、緊急事態宣言も解除され都道府県間の移動も解除された先日、3か月ぶりにスタッフさんと一緒に山添村の自然農法畑に行ってきました

3か月ぶりの畑は草ぼーぼー

予想はしていましたが、3か月ぶりの畑は、草ぼーぼー、雑草が跋扈していて植えたはずの野菜はどこへやら、、、

3か月ぶりの自然農法畑は、正に自然!草ぼーぼー!!

3か月ぶりの自然農法畑は、正に自然!草ぼーぼー!!

春に蒔いたはずの種子は、雑草との競合に負けたらしく、そのあるべき野菜は見当たりません、、、_| ̄|○

薄赤紫のニンニクの花

薄赤紫のニンニクの花

でも、去年植えたニンニクなんぞは、薄紫の綺麗な花を咲かせてしっかり大きくなっています

収穫した大蒜(にんにく)

収穫した大蒜(にんにく)

立派に育った大蒜(にんにく)も収穫できました

雑草を刈って畑をリセット

とはいえ、ニンニクやミョウガ、里芋、昨年植えて収穫にもれて育ってきた牛蒡以外は壊滅状態
雑草天国です

それで、里芋やミョウガなどを育っているわずかな野菜のある畝を除いて、畑をリセットします
実際には、雑草を刈りとり、昨年からつくっている雑草堆肥を敷き込んでいきます

まずは、草刈りからです

雑草をみんなで刈ります

雑草をみんなで刈ります

全員で草を刈ります
もちろん、鎌をもって手作業で刈り取ります
根を深く伸ばして、残るとまた生えてくるスイバなどはスコップをつかって引き抜きます

雑草を手作業で刈る島田さん(分店)

雑草を手作業で刈る島田さん(分店)

こうやって、ひととおり雑草を片づけた後は、寝かせておいた雑草堆肥を敷き込む作業です

畝に寝かせておいた雑草堆肥を敷き込みます

畝に寝かせておいた雑草堆肥を敷き込みます

雑草堆肥も、1年くらいたつと、完全に「土」になっています
ただ、畑の土と色がちがって黒に近い濃い茶色なので、画像でもその違いはわかると思います
この雑草堆肥を敷き込んで、土壌の栄養分と保水力を高めます

すっかり畑がきれいになりました

すっかり畑がきれいになりました

リセット作業の終わった自然農法畑です
手前の畝が、ミョウガやゴボウ、里芋などが育っている畝で、こちらは目立つ雑草のみ刈り取っています
他の畝は、すべて、リセットで雑草を刈り取り、雑草堆肥を敷き込みました

すっきりしたでしょ!

ちょっと休ませて、雑草堆肥を畑の土壌になじませてから、新たな野菜を植えていこうと思います

刈り取った雑草は堆肥に

雑草をみんなで刈り取ったので、当然、雑草の山ができあがります

刈り取った雑草

刈り取った雑草(一部)

この雑草は、また、次の肥料になるように雑草堆肥にします
雑草堆肥をつくっているスペースがあるので、そこに残っている先輩(?)雑草堆肥とまぜ、米糠なんかもスターターとして混ぜて積んでいきます

堆肥作りでは雨水を嫌うので、雨よけにビニールシートを掛けておきました

これで、半年くらいすると次の雑草堆肥になっていきます

ネギの種とイチジク

コロナのため3か月間放っておいた畑では、ネギが葱坊主の花を咲かせ、そして、種をつけて枯れていました

ネギボウズから種を採取

ネギボウズから種を採取

このネギボウズから、ネギの種を採取

また、この畑に蒔いて、畑の記憶をつなぐネギを育てようと思います

春先に植えたイチジクに実がついています

春先に植えたイチジクに実がついています

ところで、春先にいくつかの果樹を畑からちょっと離れた場所に植えました
どれも、無事に、根付いています
そして、イチジクを見てみると、まだ、背丈は低いものの幾つかの果実をつけていました

このイチジクも数年もすると、ずんと大きくなって、今年の10倍以上の実をつけてくれるのではないかと期待しています

3か月ぶりの自然農法畑は、ほとんど畑の手入れ、リセットでした
畑の状態が雑草過多とか行き過ぎたら、こういうリセット作業をして、基本となる土壌の状態に手を入れてやる必要があるのだと思います

ちょうどこの作業をしながら、今は、コロナ禍で大変ですが、それってこれまでの商売の「土壌」では上手くいかなくなっていることが現れているのだと考えていました
そして、今回の畑と同じように、商いの土壌、つまり構造を変えていかないと行けないと言うことを教えてくれているのだと思います

畑と同じく、商いもがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

天地返しで上層15cmと下層15cmの土を分けて掘っています

家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(前編)

実は、3月から、お店のスタッフさんと一緒に畑をやってます 自然農法「恵み循環農法」を学んでいます

記事を読む

吉原優子さんがたこ梅に来てくれました

自然農法「恵み循環農法」の提唱者 吉原優子さんがたこ梅に来てくれました!

奈良の山添村に研修施設の古民家があります そこには、ちょっとした畑くらい出来そうな土地があって、「

記事を読む

裏庭の自然農法菜園(6月23日)

自然農法の裏庭菜園、肥料も水もまかずによく育ってます!!

家の裏庭で、自然農法の菜園を初めて、1ヶ月半が経過、、、 天地返し、複数の野菜を混栽して始まる自然

記事を読む

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭につくった自然農法実験畑に、14種類のタネと苗を植えました

記事を読む

葉を取り除きズイキの部分だけにしていきます

緊急速報!山添村のズイキ、万願寺唐辛子とチンゲンサイが数量限定で登場です

今年の3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回、野菜部のスタッフさんと山添

記事を読む

畑の植栽設計図

春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(後編)

この前、春の山添村(奈良県)で自然農法の最初の準備である「天地返し」をして、苗を植え、タネを蒔いてき

記事を読む

山添村の手造り蒟蒻の関東煮(かんとだき/おでん)田楽仕立て

山添村の手造り蒟蒻(こんにゃく)が道頓堀 たこ梅本店に登場!超限定ですが、、、

2月の野菜部で、奈良の山添村に行ってきました 畑の手入れやってます[/caption]

記事を読む

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?

「よし!野菜つくろう!!」なんて、思ってしまいました それというのも、、、 奈良にある畑(予定地

記事を読む

キャベツの収穫中

緊急速報!山添村のゴボウ、キャベツ、大根が数量限定で登場です

今年の春、奈良の山添村で自然農法の畑をスタッフさんと始めました 毎月1回は、野菜部のスタッフさんと

記事を読む

環境がこれだけエゴマの成長に影響する

自然農法の野菜から気づかされること、、、いや、いろいろあり過ぎます!

今年の3月から奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の畑をやっています 山添村での自然農法 自然農

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑