*

休業再開に向けてスタッフさん用マスクが到着!これで3ヶ月以上OK!!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、たこ梅は全店舗休業中です

1ヶ月間の休業に入ったお店

1ヶ月間の休業に入ったお店

もちろん、緊急事態宣言がおわったらお店を再開させる予定!!

再開に向けての準備

1ヶ月間ほど休業していますが、このお休みの間にも、再開に向けてのいろいろな準備をしています
そのうちのひとつは安全対策です

・体温測定(検温)
・手洗い、うがい
・マスク着用
・除菌剤によるカウンター等の除菌
・次亜塩素酸水による空間除菌
・扉や窓の開放(換気)
・席間を広くする(席数を減らす)

まずできることとして、これらの実施をする予定です

このうち、現状で難易度が高いのは、赤文字のマスク、除菌剤、空間除菌装置の入手です

除菌剤は、これまでエタノールベースのものを使っていましたがエタノールが現在は非常に入所困難
それで、強酸性次亜塩素酸水の生成器を購入、在庫しているエタノール除菌剤が切れてもこちらの次亜塩素酸水で除菌できるようになっています

空間除菌ですが、これは、すでに道頓堀の本店と新梅田食道街の分店には、ちょっとオーバスペック気味ですが56畳用のパナソニック製ジアイーノを設置済み

ウイルスにも効果のある次亜塩素酸除菌脱臭機「ジアイーノ」をお店に設置

ウイルスにも効果のある次亜塩素酸除菌脱臭機「ジアイーノ」をお店に設置

北店と東店用も注文していますが、在庫切れで6月下旬頃までは納入されないようです
でも大丈夫!!

次亜塩素酸水のパック

次亜塩素酸水のパック

弱酸性次亜塩素酸水を超音波加湿器にいれて、同様の効果を得られるようにします

次亜塩素酸を超音波加湿器で噴霧

次亜塩素酸を超音波加湿器で噴霧

ここまでは、なんとかそれなりにスムーズに準備できました

全スタッフさん3ヶ月分のマスクの準備が難易度が高い

一番難易度が高かったのが、マスクです

時間の長短はありますが、1日約30人前後のスタッフさんが働かれます
今は、マスクが出回っていません
販売していても1枚60~100円とかなり高額のようです

私は、マスクがそれなりの価格で出回るまで3月くらいはかかると思うので、
3ヶ月だと、30人×30日×3ヶ月=2700枚
が必要になります

1箱50枚入りとすると54箱も必要です

全スタッフさん3ヶ月分のマスク、準備できました!

でも、世の中、なんとかなるもんです
友人のつてで、全スタッフさんが毎日1枚ずつ使い捨てにしても3ヶ月は大丈夫なだけのマスクを確保!!

全スタッフさんが毎日使い捨てで3ヶ月は大丈夫なマスクを確保

全スタッフさんが毎日使い捨てで3ヶ月は大丈夫なマスクを確保

これで、マスクの入手に頭を悩ますことは、もう、なくなりました!!

ちょっと、ホッとしています

営業を再開できるようになっても、完全に新型コロナウイルスから安全なわけではありません
日々、働いてくださるスタッフさんのために、できることはやりたいと思います

でも、マスクがちゃんと届いてよかったぁ~

今日は、ゆっくり眠れそうです

新型コロナでこもりがちのご家族にお店の味をお届けします

ところで、お店が休業中のたこ梅ですが、今日も、おでん、たこ甘露煮のお取り寄せ(通信販売)はがんばっています!!

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

というのも、、、

新型コロナのせいで家にこもっていて、ちょっと、外の(お店の)味も食べたいなぁ
とか、
日々、家族みんながいてご飯づくりに忙しいお母さんに、たまには、息抜きしてほしい
また、
遠く離れた両親も、食事もたいへんじゃないだろうか?気分転換してほしいなぁ
など、いろいろ思うと思います

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

われわれは、170年以上つづく日本で一番古いおでん屋です
ご家族、遠く離れたご両親に、170年以上続くおでん屋のおでんの味をお届けすることで、明るい食卓、気分転換、息抜きなどにお役に立てるのではと思います

それで、リアルのお店は全店舗休業していますが、おでんをお家にお届けする「おでん通販」は、ずっと続けています

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

真空パックされた関東煮(かんとだき/おでん)と冷凍ダシがセットになってて、お家で温めるだけで、お家ですぐに170年以上続くおでん屋のおでんが食べられます

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

いまは、外出をひかえるなど辛抱の時ですが、ちょっと、気分転換、楽しい食卓に、おでんもレパートリーに加えてみて下さいね!!

そんな、おでんの通販は、コチラからです!!
どんなおでんやたこ甘露煮があるか、クリックして見てみてね
たこ梅のおでん通販サイト

たこ甘露煮、やわらかくたき上がりました!

やわらかくたき上がったたこ甘露煮

みんなで一緒に、がんばって乗り切っていきましょう!^_^

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

日本の新型コロナ新規感染者数推移が増加傾向!

解除後の感染者数が最多!で、空間除菌機を全店に設置完了です!!

緊急事態宣言解除から、1か月半近くたちました 世間は、日常をとりもどしつつあるように見えます で

記事を読む

冬場だけの丸大根「聖護院大根」

冬の関東煮(かんとだき/おでん)一番人気「聖護院大根」、まるまる、太ってます!

冬場だけしかやってないけど、出てくると一番人気になるのが、「聖護院大根」の関東煮(かんとだき/おでん

記事を読む

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

2019年7月1日、31年ぶりに商業捕鯨が再開されました!

2019年7月1日、たこ梅にとっても記念すべき日となりました それは、31年ぶりに商業捕鯨が再

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「いかだ」

店主の知らない関東煮・おでん「いかだ」が、、、って冒険するわけじゃありませんよ!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

鰯だんごの関東煮(かんとだき/おでん)

「鰯だんご」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりましたよ!

魚のすり身を丸くして、蒸したり、揚げたりしたものを大阪では「団子(だんご)」っていいます 9月だか

記事を読む

ウォークインの畳1畳のクローゼットも!

社員さんには、ゆっくり休んで欲しい!から、社員寮は社員さんの声を取り入れてつくりました!

飲食業って、一人暮らしでがんばってる人も多い! うちの社員さんにも、ひとり暮らしのスタッフさんが、

記事を読む

CD開発のプロジェクトリーダーの土井利忠(天外伺朗)さん

アナザーストーリーズ「CD開発“不良社員”たちが起こしたデジタル革命」を見て思ったこと

8月21日にBSプレミアムで、アナザーストーリーズ「CD開発“不良社員”たちが起こしたデジタル革命」

記事を読む

たき上がった「たこ甘露煮」

「たこ甘露煮」を大釜でたいてるとこ、動画で撮ってみました!

170年以上前、弘化元年(1844年)からの名物に、真蛸をやわらかーく、そして、甘辛くたいた「たこ甘

記事を読む

ニュースリアル2015年12月11日オンエア

テレビ大阪「ニュースリアル」で、道頓堀 たこ梅 本店が登場しました!

この前、道頓堀にある たこ梅 本店が、テレビ大阪「ニュースリアル」さんのテレビ取材をうけました

記事を読む

仕込みパートスタッフさん用のAndroidタブレット

情報共有用Androidタブレットを仕込みパートさんに配布完了!

お店のスタッフさんとの情報共有用にAndroidタブレットを使っています はじめは正社員さん、そし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑