*

難波の公園の桜は、七分咲きくらいです!

難波の公園の桜は七分咲き~蕾です

今日から、4月ですね
昨日、道頓堀の たこ梅 本店へ行こうと難波あたりをあるいていると公演の桜が咲き始めていました

七分咲くらいの桜です

七分咲くらいの桜です

キレイだなーと近寄ってみると、、、

桜の枝に近寄ってみると、蕾があちこちに見受けられます

桜の枝に近寄ってみると、蕾があちこちに見受けられます

きれいに咲いている花の間に、たくさんの蕾がみられます
と、思うと、同じ公園に、こんな桜の木もありました!

同じ公園でも、ほとんど咲いていない桜の木

同じ公園でも、ほとんど咲いていない桜の木

花は、木全体でも、数えるほど、、、
ほとんどが、かたい蕾のままです
隣の桜は、もう、七分咲きくらいなのに、同じ場所でこんなにも開花状態が違うって不思議ですね!

ソメイヨシノの次は造幣局の桜の通り抜け

染井吉野(ソメイヨシノ)は、3月終わり頃から4月の初めにパーッと咲いて、サッと散ります
大阪では、その後に、造幣局の桜の通り抜けがあるんですよね
わたしも、子どもの頃、よく親に連れられて毎年通り抜けに行ってました

今年の造幣局の桜の通り抜けは、4月8日(金)から7月14日(木)までの7日間です
133品種349本の桜が楽しめます
本数に驚きはしませんが、その品種数には驚かされます
詳しくは、造幣局さんの公式サイトをご覧下さいね!
造幣局さんの桜の通りぬけのページはコチラ!

お花見に関東煮(かんとだき/おでん)もいいですよ!

桜と言えば、お花見ですよね!
たこ梅のお客さまの中には、お花見に、関東煮(かんとだき/おでん)をお持ちになる方がいらっしゃいます
数人だと、お店の12品入った3千円(税別)のセットを2つくらい注文されて持って行かれます
大人数の場合は、自分でタッパ(かな?大きな容器?)を事前に持ってこられて、当日、それに入った関東煮(かんとだき/おでん)をお持ちになります

お持ち帰り用関東煮(かんとだき/おでん)12品

お持ち帰り用関東煮(かんとだき/おでん)12品
(実際には、特製辛子とお出汁がついてます)

花見に、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)持って行きたい!!
って方は、事前に、お店にお立ち寄りの時や電話で数量や取りに来られる日時をスタッフさんとご相談くださいね!
楽しいお花見を応援させていただきます(^o^)

たこ梅のお店の場所や連絡先はコチラをクリックして下さい!
たこ梅のお店のページ

大阪からは、遠いよ!
そんな方は、お取り寄せ(通販)もありますよ
たこ梅のお取り寄せ(通販)のページ

それでは、短い間かもしれませんが、美しい桜を各々のやり方で楽しみましょう!!(^o^)

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「満月ぽん ひな祭りバージョン」

店主の知らない関東煮・おでん「満月ぽん ひな祭りバージョン」が、、、

昨日、3月3日、おひな祭りでしたよね やられました、、、 新しい食材でやってるとばっかりおも

記事を読む

たこ梅文庫にある英治出版さんの本(追加分)

英治出版さんから「これも、持たれていたような、、、」とご指摘いただいたので、再度、英治出版さんの本を確認してみました!

一昨日、英治出版さんが、一読者である私のところへわざわざインタビューにおいでいただいたので、何冊くら

記事を読む

孵って約2週間、ヒヨコと言うより小鳥です

孵って2週間、ヒヨコというより小鳥です!育ってきました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 鶏の卵を温めている孵

記事を読む

淡竹を関東煮鍋でたいています

春だけの淡竹(はちく)の関東煮・おでんのお取り寄せ、あと5人前で終了です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 淡竹(はちく)の注文は明日ま

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけでゴメン、、、ぷちぷち卵たっぷりの「子持ち烏賊(いか)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりました!

いよいよ、始まりました!! お客さまに「そろそろ?」って聞かれてたアノ関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「しめじベーコン」

店主の知らない関東煮・おでん!「シメジベーコン」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

平成と令和の運転免許証

令和になって自動車運転免許証は、西暦と元号の併記になってます!!

5月から、新しい元号「令和」になりましたね 5月は、ちょうど、私の自動車運転免許証の切り替えで

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まったよーーー!

毎年、9月も後半に入った頃から常連さんに、「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って尋ねられる関東煮(

記事を読む

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「竹の子(タケノコ)」の関東煮(かんとだき/おでん)今日からです!

大阪の桜も、すっかり満開!! いたるところ、春、です で、春、、、といえば、アノ関東煮(かん

記事を読む

青梗菜(チンゲンサイ)の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「青梗菜(チンゲンサイ)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑