*

「感性科学マーケティング・パターン」実践活用ツールを作成、全店へ配布します

公開日: ワクワク系マーケティング

数年前から、たこ梅では、お客さまに喜ばれ、選ばれるお店であるために、小阪裕司先生の提唱されるワクワク系マーケティングに全店で取り組んでいます
ただ、自転車に乗れるようになるかならないのと似ていて、身につけるためには実践を続ける必要があって、なかなか、身につきづらいスタッフさんもいらっしゃいます

昨年末、小阪裕司先生と慶応大学のパターン・ランゲージの第一人者である井庭崇(いばたかし)教授が中心になって開発された「感性科学マーケティング・パターン」というワクワク系マーケティングのパターン・ランゲージの書籍が発売になりました(ワクワク系マーケティング実践会の会員向けの限定品)

感性科学マーケティング・パターン

感性科学マーケティング・パターン

先日、ワクワク系マーケティングを身につけるのをサポートしてくれるこの「感性科学マーケティング・パターン」を各店に配布しました

感性科学マーケティング・パターンを各店に1冊ずつ配布

感性科学マーケティング・パターンを各店に1冊ずつ配布

この本はパターン・ランゲージという手法をつかって、ワクワク系マーケティングを身につけるための「コツ」を抽出した「言葉」の集まりです
この「感性科学マーケティング・パターン」の「コツの言葉」を読んで使うだけで、ワクワク系マーケティングが身についていく優れものです

「感性科学マーケティング・パターン」の本は読まれない?

簡単にこの本の使い方を説明して渡したものの手渡した店長さんクラスはなんとか使ってくれると思いますが、全スタッフさんがすぐに読んで使い始めるのは難しいと正直思っています
普段の仕事もあるし、いきなり本を渡されても、「忙しくてそんなん読んでる時間ないよ!時間ができたら読みます」が大半のような気がしていて、これって、結局、読まれることはありません

そして、それは、スタッフさんが悪いのではなく、
「どうして、私が、今、この感性科学マーケティング・パターンを読まないといけないの?」
という問いに対する答えを提供できていないということなのです、

今、私の中にある答え(そしてこの答えに正しいも間違ってるもありませんが)としては
感性科学マーケティング・パターンを読むと、
・お店の取り組みがわかるようになる
・お店の取り組みでわからないことを質問しやすくなる
・お客さまともっと仲良くなれる
・お客さまづくりに役に立つ
・お客さまづくりが楽しくなる
そして、
・仕事が楽しくなる
また
・お客さまや売上が増えて給与や賞与も増える

です

「感性科学マーケティング・パターン」のサポートツールを自作

こういうことはあるのですが、同時に、本を読む!というのは、一部の人にはなかなかハードルが高い
だったら、そのハードルを低くしたらどうだろうか?

、、、と思って、こんなツールを自作しました

「感性科学マーケティング・パターン」抜粋冊子

ひとつは、「感性科学マーケティング・パターン」の本に加え、その使い方がわかる抜粋冊子です
これ、単純に「感性科学マーケティング・パターン」の冒頭のわずかのページをコピーしたものです
ここに、「感性科学マーケティング・パターン」の使い方や意味などが載っているのです

「だったら、そのページを読むように、言うたらええやん!」という声が聞こえてきそうです
それ、ごもっともです
ただ、本を読むのに抵抗がある人に、「何ページから何ページまでだけ、まず、読んでね!」といっても、そもそも本を手にとってページを開くのに抵抗があると思います

それだったら、わずかのページだけをコピーして、見た目も超うすーーーい冊子を「これだけでいいから、読んでね!」の方がハードルが下がると私は思うのです

で、そんな薄い冊子を作成しました

「感性科学マーケティング・パターン」の一覧シート

もうひとつは、「感性科学マーケティング・パターン」の一覧シートです
パターン・ランゲージで抽出された言葉の一覧がイラストつきで掲載されているページがあります
これがA5サイズで4ページなので、A4裏表にコピーしてパウチしました
感性科学マーケティング・パターンの一覧シートのできあがりです
普段、何かあるたびに、この一覧シートを眺めて、「ああ、これは『つかる』ってことだ!」とかすぐに探せるようになります
そして、興味があれば、さらに「感性科学マーケティング・パターン」の本を辞書代わりに開いて、その言葉のページを読むとより理解が深まります

サポートツールを全店舗に追加配布

これらのツールを「感性科学マーケティング・パターン」の本に加えて、各店に配布しました

「感性科学マーケティング・パターン」の書籍、抜粋冊子、パターン概要シートを店用に4セット

「感性科学マーケティング・パターン」の書籍、抜粋冊子、パターン概要シートを店用に4セット

どのように活用されるのか見守っていきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ワクワク系マーケティング実践会の情報誌

「何でたこ梅さんは、ワクワク系マーケティングをやってるんですか?」というお尋ねに対する理由は、、、

小阪裕司先生が提唱されるのが「ワクワク系マーケティング」です この名前を聞くと「ワクワク系?ふざけ

記事を読む

事例から出てきた問いから対話

3月店長会議前のワクワク勉強会~他社の事例をたこ梅の自分事で考える~

昨年5月から、毎月の定例会議の前に2時間の勉強会をやっています 会社としても取り組んでいる小阪裕司

記事を読む

プロジェクト・デザイン・パターン、パターン・ランゲージ、複雑系入門(井庭崇ら 著)とプロジェクト・デザイン・パターンカード

「プロジェクト・デザイン・パターンカード」買っちゃいました!社長のアカデミー賞2017グランプリホルダーがスゴイ!っていうもんだから、、、

この前、フェイスブックを見てたら、ある記事が目にとまりました たこ梅では、小阪裕司先生が提唱される

記事を読む

感性科学マーケティング・パターン

「感性科学マーケティング・パターン」を全店舗に配布です

昨日は、2月の店長会議でした そのときに、いつどのように渡そうか、、、と考えていたものを配布したの

記事を読む

2月の店長面談です

道頓堀 たこ梅 本店の和田店長と2月の店長面談です

毎月1回、店長さんと月の下旬に面談をやってます その月のお店の動向とそれを踏まえて、翌月、どういう

記事を読む

「顧客の旅デザインマップ」「価値要素採掘マップ」を裏表でパウチ

「顧客の旅デザインマップ」「価値要素採掘マップ」を裏表でパウチしたシートを作成

昨日、営業前にお店に行くと新梅田食道街 たこ梅分店で、島田さんが、何やら作業中です 何してるの

記事を読む

飲食店倒産件数推移

2019年の飲食店倒産が過去最多!?でも、つぶれないためでなく、、、

ネットのニュースを読んでいたら、飲食店の倒産の話をみつけました 2019年の飲食店倒産が過去最多に

記事を読む

たこ梅分店の上原さんと北店の安藤店長

ワクワク系マーケティング観点で、リピータ化について激論(?)中!

新規客さんに、2度、3度、、、と来ていただいてリピーター、常連さんになっていただく!って、商売ではと

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅北店の安藤店長との店長面談

顧客の旅デザインマップは、意見交換、フィードバック、対話のツール!!

もう、8月も後半、、、というか、下旬ですね この月の下旬には、毎月、店長さんと面談をしています

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影

小阪裕司先生の「新領域(仮称)セミナー」に参加!情報の仕入してきました!!

いやーーー、2年半ぶりでした、、、 数年前から、たこ梅では、小阪裕司先生の提唱されるワクワク系

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑