*

中板橋商店街にある東京で一番うまい漬物屋さんに行ってきました!

小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングでは、それに取り組む人たちが実践会に入会しています
そして、毎年、1年間で、実践会の仲間に実践報告という形で貢献したメンバーが社長のアカデミー賞にノミネートされます

先日、そのノミネートされたメンバー、もちろん、そこで受賞したメンバーを含みますが、集まる機会があって私も行ってきました

その時の話は、機会があれば、またブログに書きたいと思いますが、その翌日、とあるところに立ち寄ったのです

「なかいた」中板橋商店街

池袋駅から東武東上線で4駅、7分ほどのところに「中板橋駅」があります

東武東上本線の「中板橋駅」

東武東上本線の「中板橋駅」

私のその日の目的地は、中板橋駅から徒歩3分の「なかいた」中板橋商店街の中にあります

中板橋商店街(通称「なかいた」)

中板橋商店街(通称「なかいた」)

東京で一番美味しい○○があると私が思っているお店です

東京でたった2軒!自家製漬物の「坂井善三商店」

てくてく3分も歩くと到着です!!

坂井善三商店

坂井善三商店

漬物専門店、平たく言うと漬物屋さんの「坂井善三商店」です
でも、ただの漬物屋さんではありません

自分の店で漬物をつくって販売しているのです!!

「いや、普通やろ、、、」っていう声が聞こえてきそうですが、全国的にもそうですが、東京でも町の漬物屋さんはどんどん廃業していっています
高齢化だったり、跡取りがいなかったり、、、
漬物をつける作業が高齢になると負担が大きくしんどいのもあるんでしょうね

なんと、東京では、自分のところで漬物をつけている自家製造販売の漬物屋さんは、たった「2軒」しかないのです
そのうちの1軒が、中板橋商店街にあるこの坂井善三商店さんなのです

そして、そして、、、
ここの漬物が、また、旨いんです!
私が、東京で一番美味しいと思っている漬物屋さんなのです

「男の隠れ家 10月号」では、夢枕獏さんが、友人に坂井善三商店さんの漬物を送ってもらっていて大変に好物であって、そのことをエッセイにかかれていたくらいです

「坂井善三商店」はお店が楽しい

漬物が美味しいのはもちろんなんですが、お店が、また、楽しいのです

楽しいPOPがついたお漬け物がいっぱい

楽しいPOPがついたお漬け物がいっぱい

お店には、漬物がいろいろ並んでいるのですが、そのひとつひとつに店主が工夫を凝らしていて、それが、POPに楽しく書かれています
読んでいるだけ、見ているだけでも楽しい

坂井さんと定番のトマトのかぶりもので記念撮影

坂井さんと定番のトマトのかぶりもので記念撮影

そして、店主の坂井さんがまた楽しい
行くとこんなトマトのかぶり物を被せられて記念撮影されちゃいました

でも、なんで、トマトなのか?

それは、「トマトジュレ」という完熟トマトのデザートのような大人気の漬物があるのです
ちなみに、夢枕獏さんのエッセイも、このトマトジュレのことが書かれていました

お漬け物買って帰ります

私も、おいしいお漬け物を買って帰りました

買って帰った坂井善三商店のお漬け物

買って帰った坂井善三商店のお漬け物

トマトジュレはもちろん、赤カブ、白菜、長芋のお漬け物などを買って帰りました

お漬け物と一緒にニューズレターが同封されています

お漬け物と一緒にニューズレターが同封されています

お漬け物がはいっている袋には、お漬け物だけではなく、こんなパンフレットやニューズレターがいっぱい入っています
商品と関係のない面白い話がほとんどで、ついつい、読んでしまいます

坂井さんご夫婦が入り口から見送って下さいました

坂井さんご夫婦が入り口から見送って下さいました

大阪に帰らないと行けない、私は、そんな楽しい坂井善三商店ともさようなら、、、
その時も、入り口からご夫婦で見送って下さいました

楽しい上にやさしい坂井善三商店のご夫婦なのでした

今晩は、白ご飯と買って帰ったお漬け物を美味しくいただきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

7月29日午前6時の台風12号の進路予想図(Yahoo天気より拝借)

なぜか西に進むジョンダリさん(台風12号)で、被害が出ませんように、、、

台風12号(ジョンダリ)が、関西方面へと進路を西にとって進行してきていますね 台風12号(ジョンダ

記事を読む

ワクワク系マーケティングの実践についてディスカッション

ワクワク系マーケティング実践講座2019に参加は本店の和田店長

毎年、ワクワク系マーケティング実践講座という5回の連続講座にスタッフさんが通ってくれています 北店

記事を読む

土鍋でたきたての小豆がゆです

1月15日は小正月!小豆粥(あずきがゆ)をいただきます!!

先週、1月7日は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの春の七草の七草粥(

記事を読む

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)は、すごく面白い!!

2,3週間まえから、「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎 今野登 著)を読んでいます わりと

記事を読む

ひとりずつ自分の担当パートについて説明(プレゼン)していきます

店長会議でもワクワク勉強会がスタートです!

情報工学博士でもある小阪裕司先生は、ワクワク系マーケティングというものを提唱されています たこ梅で

記事を読む

ケーキがのっかったパフェ!

スタッフさんの面談でとうとう登場!ケーキがのったパフェ!?なんのこっちゃ、、、

毎月、お店のホールのパートスタッフさんと面談をやっています 面談というと面談するんですが、お店の近

記事を読む

家賃支援給付金申請の内容修正の要請メール

家賃支援給付金申請、みごとに突き返されました、、、_| ̄|○

新型コロナで、たこ梅の売上は激減、夏頃までは70%減の3割程度とひどいじょうたいでした 秋になって

記事を読む

目先の売上を顧客との絆につなげる介入を書き加える

コロナの今、目先の収益を上げながら、先々の顧客収益基盤を強化出来る!ことがループ図を描いてて理解できました

新型コロナの影響で、多くの会社、お店が大変です 新型コロナによる緊急事態宣言で休業中の たこ

記事を読む

堺の空き地で見つけたセアカゴケグモ

セアカゴケグモの実物に遭遇!!

数日前、堺に用事で行きました そのとき、とんでもないもに遭遇したのです クモが死んでる!?

記事を読む

小豆粥(あずきがゆ)をいただきます

1月15日、小正月の「小豆粥」の由来は「七種粥(ななくさがゆ)」ってご存じでしたか?

今朝は、冷えますねぇ 朝、桃侍くん(小学3年生)が庭に放ってあったバケツを見てみると、、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑