*

雑草堆肥づくりの強い味方「フォーク」もやってきました!

公開日: 農業科・野菜部

2019年3月にスタートした山添村(奈良)での自然農法の畑
スタッフさんと野菜部を結成し、月1回、大阪から車で1時間半かけて通っています

雑草を刈り、種蒔きも終わった自然農法の畑

雑草を刈り、種蒔きも終わった自然農法の畑(9月)

今月も、野菜部のスタッフさんたちと行ってきました

刈り取った雑草を雑草堆肥に

自然農法なので、農薬や除草剤は使いません
ですから、野菜部活動の始まりは、毎回、草刈りから、、、です

山添村の自然農法畑(9月13日)

雑草は少なめだった山添村の自然農法畑(9月13日)

ただ、今回は、8月の野菜部のときに刈り方をかえたので、雑草は少なめでした
どうやったのか?
それは、こちらのブログに詳しいので見てね!
→ 9月の山添村 野菜部~雑草の成長点下の根を切る草刈りは有効だった!~

それでも、刈り取るとそれなりに雑草は出ます

7月の野菜部の時から、その雑草で「雑草堆肥」づくりにチャレンジしています

簡単に言うと、刈り取った雑草を畳1畳くらいの穴に少量の米糠、油かすと放り込みます
雑草が分解されて堆肥になるとき、微生物がタンパク質を必要とするので、そのスターターとして、米糠、油かすを混ぜるのです

9月の雑草堆肥作り作業

もちろん、今月も、刈り取った雑草を雑草堆肥にしていきます

8月から3週間たった雑草堆肥とフォーク

8月から3週間たった雑草堆肥とフォーク

今回、力強い助っ人を用意しました
それは、「フォーク」です

よくテレビなんかで干し草を移動するときに使ってるのをご覧になった方もいらっしゃる思いますが、食事のときに使うフォークのばかでかいようなやつです
これを雑草に突き刺して持ち上げたり、移動することが簡単にできるようになりました

さて、雑草堆肥のおおいをはらってみると、上部はいい感じに枯れていますが、底の方を見てみると、かすかにドブ臭さがあります
これは、酸素不足で嫌気性の微生物が増殖していると言うことを示します
ですから、上部と下部を入れ換えて、全体にまんべんなく空気(酸素)が行き渡るように「切り返し」ます
こうすることで、好気性微生物の増殖を促します

新しい雑草を混ぜながら雑草堆肥を切り返し

新しい雑草を混ぜながら雑草堆肥を切り返し

そして、切り返す古い雑草堆肥の間、間に、この日刈り取った新しい雑草を混ぜ込んでいきます

この切り返しの時も、フォークがあると作業がはかどります
フォーク、すげーーーーーーー!!!

防草シートで雑草堆肥を覆います

防草シートで雑草堆肥を覆います

最後は、雨が入らないように覆いをかけて完了!!

来年の春くらいには、しっかり熟成した雑草堆肥になっててほしいものです
毎月、様子をみながら、自然農法の畑同様、雑草堆肥もかわいがっていきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

エゴマよりも高く伸びるエノコログサ

「猫じゃらし」(エノコログサ)が180cmまで伸びた!その理由は、、、

雑草の中ではありふれた、よくみかけるものに「猫じゃらし」(エノコログサ)があります 先っぽに毛虫の

記事を読む

梅も満開です

春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(前編)

自然農法のひとつ「恵み循環農法」で、奈良で、野菜をつくるというか、畑をすることにしました 自然農法

記事を読む

お店の運営について話をしています

自然農法の畑のある山添村で、初の店長面談です

この前、奈良の山添村にある自然農法の畑の手入れに、たこ梅農業科野菜部のメンバーさんと行ってきました

記事を読む

山添村産「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)

超限定)山添村の「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

先日、たこ梅野菜部の活動で、奈良山添村にある自然農法畑の手入れに行ってました 畑の雑草の草刈

記事を読む

一人のスタッフさんに残りのメンバーが自由に発言

1対多の面談(店長面談と現場面談)は、中々にいいです!!

8月も、7月に引き続き、午前中に野菜部の活動を行った後、お昼から、店長面談、現場面談をします

記事を読む

畑の雑草を成長点の下で刈り取ります

9月の山添村 野菜部~雑草の成長点下の根を切る草刈りは有効だった!~

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」を結成し、山添村(奈良)で自然農法の畑に取り組んでい

記事を読む

NOLの吉原夫妻から「たこ梅野菜部」のインタビューを受けています

自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

たこ梅は、たこ甘露煮と関東煮(かんとだき/おでん)を商う上燗屋を175年以上やってます 業種で言う

記事を読む

1対多で対話型の面談です

10月の野菜部~野菜部の活動のあとは対話型の面談が始まります~

毎月1回、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」をつくっていて、奈良の山添村で自然農法の畑を耕してます

記事を読む

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭につくった自然農法実験畑に、14種類のタネと苗を植えました

記事を読む

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭に、テスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくることにしたのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑