*

10月の野菜部~雑草堆肥作り!あれ、幼虫も出てきたよ!!~

公開日: 農業科・野菜部

奈良の山添村で、たこ梅のスタッフさんと畑をやっています
それも、自然農法の畑です

自然農法の畑を始めた理由

山添村には、たこ梅の研修施設の古民家があります

山添村の古民家です

山添村の古民家です

このわきに、ちょうど、畑に丁度いい小ぶりの土地がついていて、ここで畑やってみたい!と思ったのです
ただ、この山添村、車でしか行けないし大阪市内からだと片道1時間半、そして、たこ梅は日々営業しているので、毎日水やりにいくとか実際問題できません

吉原さんの自然農の畑を見学に来ました!

吉原さんの自然農の畑を見学に来ました!

そんなとき、私の友人の吉原夫婦が自然農法をやっていて、「最低月1回世話すればだいじょうぶですよ」と言われたのと、この夫婦、自然農法の畑での野菜づくりを組織開発につかっていて、「これがいい!」というのでやってみる気になったのです

ちなみに、、、
ご主人の史郎さんは、日本で最初のティール組織をつくる手法のひとつであるホラクラシーの認定ファシリテーター、奥さんの優子さんは主として自然農法の研究をやっておられます

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

これご主人の史郎さんの本で、研究熱心ですから、ティール組織の著者であるフレデリック・ラルーさんのところを訪ねたりされています

吉原夫婦の組織や経営を進化を支援する会社 NOL の公式サイトはコチラ!
優子さんの自然農法の「野菜の庭部」公式サイトはコチラ!

10月の野菜部

この10月もスタッフさんと山添村の自然農法畑に行ってきました

雑草が劇的に減っていて、草刈りも楽チン

雑草が劇的に減っていて、草刈りも楽チン

雑草を刈ったり、隣の家のおばちゃんにもらったキャベツやカリフラワーの自家製苗を植えたりしました

隣の家のおばさんに貰ったキャベツやカリフラワーの苗も植えました

隣の家のおばさんに貰ったキャベツやカリフラワーの苗も植えました

雑草堆肥作り順調です

ところで、刈った雑草なんですが、毎度、毎度、けっこうな量が出るものだし、もともと畑の栄養と空気中の二酸化炭素で出来ているので、これって栄養の塊ですよね?

だから、7月から刈った雑草で堆肥を作ることにしました

たたみ1畳分ほどの穴を掘り、そこに刈った雑草をいれて雑草堆肥をつくっています
雑草が枯れて発酵して堆肥になるとき、微生物はタンパク質を必要とするので、米糠を一緒に混ぜています

今日刈った雑草も堆肥に敷き込みます

今日刈った雑草も堆肥に敷き込みます

今回も、刈り取った雑草をこの雑草堆肥に敷き込んでいきます

雑草堆肥ですが、上の方は空気に触れやすいので好気性微生物が、底の方は空気が少なく嫌気状態になり嫌気性の微生物が増えます

雑草堆肥を切り返します

雑草堆肥を切り返します

これらを満遍なく混ぜることが大切なので、下の部分と上の部分をひっくり返す切り返しを行います

「あ、なんかいる!」

「あ、なんかいる!」

切り返していると、なんかいました!

よく見ると、、、

堆肥の中からコガネムシの幼虫が出てきました

堆肥の中からコガネムシの幼虫が出てきました

雑草堆肥の中からコガネムシの幼虫がいました
ほかにも、ミミズも寄ってきていました

雑草堆肥がいい状態になってきているので、こういった虫が増えてきているのだと思います

このまま熟成して、春頃にはほどよく発酵してこなれた雑草堆肥がしあがっていると思います
これを畑に敷き込む日が楽しみです!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

NOLの吉原夫妻から「たこ梅野菜部」のインタビューを受けています

自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

たこ梅は、たこ甘露煮と関東煮(かんとだき/おでん)を商う上燗屋を175年以上やってます 業種で言う

記事を読む

山添村に植えたブルーベリー

奈良山添村の自然農法畑にブルーベリーとキウイも植えました!

6月24日に、たこ梅の野菜部のメンバーさんと奈良の山添村に行ってました 自然農法で畑をやってるから

記事を読む

梅も満開です

春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(前編)

自然農法のひとつ「恵み循環農法」で、奈良で、野菜をつくるというか、畑をすることにしました 自然農法

記事を読む

雑草をみんなで刈ります

3か月ぶりに山添村で自然農法の野菜部活動です

1年前から、奈良の山添村で、1アール弱という小さな畑をスタッフさんとやっています 自然農法の畑なの

記事を読む

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

自然農「恵み循環農法」の天地返しで使う「山田錦の糠」が到着です

奈良に、たこ梅の研修施設があります そこにちょうどいい広さの土地があって、こじんまりとした畑ができ

記事を読む

各自思い思いにお昼ご飯です

たこ梅農業科野菜部の山添村でのご飯事情、、、(というどうでもいい話です ^^;;;)

世間は、これまでで最長のゴールデンウィーク(以下GW)に突入ですね たこ梅は、10連休中も、毎日、

記事を読む

刈り取ったツルや葉は雑草堆肥に

11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

11月の野菜部は、大根についたサルハムシの対峙に始まり、サツマイモ、サトイモ、落花生などを収穫

記事を読む

店ごとに店長面談です

奈良の山添村で、畑仕事の後に店長面談です!

毎月、月上旬に店長会議があります そして、その事前準備も兼ねて、前月の下旬に店長さんと面談をするこ

記事を読む

ジャガイモ、掘ったどーーー!!

緊急速報!山添村でキャベツ、ジャガイモを収穫!そして、アレも、、、

今年の3月に、奈良県山添村で、自然農法の畑を始めました 自然農法とは、人間が過度にかかわらず、野菜

記事を読む

宇宙人?ではなく、アスパラガスの根をかぶるてっちゃん

3月の野菜部in山添村~宇宙人?火星人?みたいなのを植えました!~

毎月1回は、スタッフさんと奈良の山添村に行きます そこで、自然農法の小さな畑をやっています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑