*

9月の山添村 野菜部~雑草の成長点下の根を切る草刈りは有効だった!~

公開日: 農業科・畑部

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」を結成し、山添村(奈良)で自然農法の畑に取り組んでいます

雑草の草刈りは心が折れる

自然農法なので、除草剤などの農薬は一切使いません
となると、雑草が伸び放題となり、行く度に草刈りをします
これが結構重労働菜だけでなく、、、

7月の野菜部の時に、雑草ぼうぼうだったのをきれいに刈りました

山添村の自然農法の畑(7月23日)

山添村の自然農法の畑(7月23日)

↓  ↓  ↓

雑草が刈り取られた自然農法の畑

雑草が刈り取られた自然農法の畑

1ヶ月後の8月に行くと、、、

8月の自然農法畑の最初の状態(雑草まみれ、、、)

8月の自然農法畑の最初の状態(雑草まみれ、、、)

1ヶ月で、元の木阿弥です、、、
雑草を刈るのがたいへんというより、「毎回、これか、、、_| ̄|○ 」とまた繰り返すのを想像して心が折れそうになります

8月の野菜部では成長点下の根を切る草刈り

そこで、教科書のひとつ「三浦伸章 ガッテン農法」を調べると、ちゃんと、草刈りのコツが書かれていました

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

どういう風に刈ると、生えてこないかが書かれています
その草刈りの方法は、、、

雑草の刈り方(「三浦伸章 ガッテン農法」より)

雑草の刈り方(「三浦伸章 ガッテン農法」より)クリックすると大きく読みやすく表示されます

鎌を土に滑り込ませて、茎の白い部分(この中に成長点がある)の下の根の部分で切り取るのです
こうすると、もう、再生してきません
8月の野菜部のときは、この成長点下の根の部分で刈るやり方でチャレンジしました

ただ、雨の少ない夏場は、地面の日よけ(水分がうしなわれにくくするため)とするために、草を真ん中当たりで刈って残すといいそうです

さて、今回は、この刈り方にチャレンジ!!

といっても、草ボーボーで時間の関係もあるので、草刈りの後、キャベツを植えることにしている2畝とサツマイモの苗が植わっているはず(草の下で未確認)の畝は、この方法で刈ります
残りの畝は、極力、この方法を使用しますが、時間がなかったら、根元当たりで鎌で刈ることにしました

9月に行ったときの雑草の様子

あれから、3週間たって9月の野菜部で山添村に行きました
自然農法畑の雑草はどうか?

山添村の自然農法畑(9月13日)

山添村の自然農法畑(9月13日)

確かに雑草は生えています
しかし、8月のときのようにボーボーではありません
畑の地面もちゃんと見えています(8月のときはジャングルで地面は見えなかった、、、)

前回の野菜部のときからは、途中で、何度も雨も降っているし、夏なので気温も高い
雑草が生えるには好条件です
でも、ボーボーには生えていません

雑草の地際、成長点下の根を切るやり方は有効だったようです

9月野菜部の草刈りはイネ科雑草に注意

雑草でも特にヒドイのがイネ科の雑草です
そして、秋は、イネ科の雑草が穂をつけその種をバラまく時期です

畑の雑草を成長点の下で刈り取ります

畑の雑草を成長点の下で刈り取ります

ですから、今回は、来年の草刈りが楽になるようとりわけイネ科の雑草に注意しながら草刈りを行いました

雑草を刈り取ってきれいになった自然農法の畑

雑草を刈り取ってきれいになった自然農法の畑

すっかり、キレイになりました!

そこで、いよいよ、新しい野菜の種蒔きや植え付けに取りかかります

つづく、、、

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

山添村の直売所で農具を購入

たこ梅は飲食店ですが、なぜか農具を購入です!?

関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮とお酒をお出ししているのが、たこ梅です 関東煮(かん

記事を読む

山添村のお茶うどん、お野菜

<緊急速報>自然農法畑のヤーコン、山添村のお茶うどん、お野菜がお店に登場!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 今週、スタッフさんと山

記事を読む

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭に、テスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくることにしたのです

記事を読む

紅葉の種の赤と葉の緑のコトンラストがきれい

山添村(奈良)の春、花がきれいに、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 畑の雑草を刈ったり、

記事を読む

小玉西瓜、甘い!!

自然農法の裏庭菜園のスイカを収穫!甘いです!!

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと、山添村(奈良)で自然農法の畑を始めました 山添村の自然農法

記事を読む

山添村のヤーコン、キンピラ、肉巻き、関東煮(おでん)、、、いろいろな姿で登場中

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 10月の山添村の自然

記事を読む

ヤーコン、いっぱいできています

山添村畑部~自然農法畑でヤーコンを収穫です~

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 10月のスタッフさんと

記事を読む

収穫したサツマイモ

山添村(奈良)で収穫したサツマイモを熟成中です

11月も、たこ梅のスタッフさんと野菜部の活動で、山添村(奈良)に行ってきました 11月野菜部

記事を読む

山添村に植えたブルーベリー

奈良山添村の自然農法畑にブルーベリーとキウイも植えました!

6月24日に、たこ梅の野菜部のメンバーさんと奈良の山添村に行ってました 自然農法で畑をやってるから

記事を読む

自由に聴き、話します

2月の野菜部@山添村 後編 ~「何かありますか?」から始まる会議?ミーティング?面談?~

今月も奈良の山添村にあるかわいい自然農法畑にスタッフさんと行ってきました 2月の野菜部[/c

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑