*

システム思考トレーニング実践編に行ってきました!

たこ梅が「学習する組織」創りに取り組む理由(わけ)

お店が順調だった平成20年8月にリーマンショックを経験、その後、右型下がりに、、、
その時、「自分のせい(責任)ではないことで、大きな影響うけるんや、、、」ということをしみじみ実感しました
それで、何が起きても、自分たちでなんとかしていけるには?って悩みつづけていたとき、ピーター/センゲの提唱する「学習する組織」という考え方に出会いました

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)

この「学習する組織」になったら、リーマンショックが起きても、地震が起きても、新型インフルエンザが流行っても、百年後に、たこ梅はある!ってわかったんです
そして、平成22年の春に、「たこ梅を『学習する組織』にする!」って、(私が勝手に ^^;;;)決めて、取り組んでいます

2年半前にシステム思考トレーニングのコースを受講しました

学習する組織を構築するための柱のひとつに「システム思考」というのがあります

システム思考というのは、、、
「こんなことがよくありませんか?
目の前の問題を解決したつもりでも、実は別の問題が起きたり、ずっとあとに大きな問題が出てきたり……。
真の解決策は問題のすぐそばにあるとは限らないのです。
「個別最適化ではなく、全体最適化を図りたい」「本質的な問題解決を図りたい」
――そういった状況で役に立つのが、システム思考です。」(チェンジエージェントさんのサイトより)
ということで、詳しくは、上の「学習する組織」の枝廣淳子さん、小田理一郎さんのチェンジエージェント社のサイトに詳しいので、そちらをご覧下さいね!
チェンジエージェントさんの公式サイトはコチラ
チェンジエージェントさんのシステム思考のページはコチラ

そのシステム思考は、本を読むだけではなかなか難しいので、2年半くらい前、平成25年8月にチェンジエージェント社の小田理一郎さんが、大阪で開催された「システム思考トレーニングベーシック」「システム思考トレーニングアドバンス」を受講しました

2013年8月のシステム思考トレーニングベーシック

2013年8月のシステム思考トレーニングベーシック

システム思考トレーニングベーシックでは、シミュレーションゲームを使って、システム思考ができないとどうなっちゃうか!を体験します
今でも覚えていますが、漁業でいかに繁栄するかですが、うん、魚を絶滅させました、、、^^;;;
システム思考ができなくて、普通に、一所懸命がんばったら、魚がいなくなるという元も子もない状態に、、、
そして、システム思考トレーニングアドバンスでは、システム思考の重要なツールのひとつであるループ図(Causal loop diagram)を書けるように手ほどきを受けます

2013年8月のシステム思考トレーニングアドバンス

2013年8月のシステム思考トレーニングアドバンス

そして、システム思考トレーニングアドバンスでは、さらにループ図(Causal loop diagram)のトレーニングをしながら、実際に、自社(自分)の課題をループ図(Causal loop diagram)に書いてみます
さらに、そこから、どのような構造がひそんでいるか、どんなメンタルモデルが引き起こしているか、、、などをみていきます
(ここでいう「構造」とか「メンタルモデル」っていうのも、チェンジエージェント社のサイトに詳しいので、そちらを見てね!)

システム思考トレーニング実践編Bに行ってきました!

システム思考トレーニングのベーシック、アドバンスを受講して2年半ほどたちましたが、現在、ある課題にぶつかっています
昨日、その課題をかかえて、再び、アドバンス改め「実践編B」を受講しに行ってきました

2016年3月のシステム思考トレーニング実践編B

2016年3月のシステム思考トレーニング実践編B

まずは、以前、教えてもらったものの普段あまり書かないループ図(Causal loop diagram)が宿題に出て、この数日、ゴリゴリ書いてました
それを持って行くと、講義の時間の後、小田さんの赤ペン先生で、真っ赤になります ^^;;;

ところで、自分でループ図(Causal loop diagram)を描くって、私は、なかなかハードルが高いように感じます
私が教科書にしてる本があります(ちなみに同じ本が、今回の宿題の参考図書としても紹介されていました)
「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」(枝廣淳子・小田理一郎著)と「システム思考」(ジョン・D・スターマン著)です

システム思考を学習するのにいい本 学習する組織、なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?、システム思考

システム思考を学習するのにいい本
学習する組織、なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?、システム思考

「システム思考」の方はちょっと難しめですが、「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」はループ図入門にピッタリだと私は思ってます
そして、そんなことを以前のブログにも書いてるので、よかったら、参考にしてくださいね!
→ システム思考のループ図を描く、入門にピッタリの本を発見しました!

話が、ちょっと横にそれましたが、いよいよ、自分の課題をループ図(Causal loop diagram)に!!
一緒に参加しているメンバーと意見を交換しながら、自分のループ図(Causal loop diagram)の中に潜む構造、メンタルモデル、そして、レバレッジポイントを探します

持って行った課題については、もちろん、3つくらいの仮説を持っていました
そのうちのひとつを中心にループ図(Causal loop diagram)を書いたのですが、私が、思いも寄らないメンタルモデルにメンバーの指摘で気づくことが出来ました
カンタンにいうと、お客さまへの取り組みは、「たこ梅のスタッフががんばるものだ!」というのが私のメンタルモデルでした
指摘されたのは、「お客さまを巻き込んで、お客さまにやってもらってもええんとちゃうん!」というもの、、、
いやーーー、目から鱗が、バラバラバラっと落ちるのがわかりました!その瞬間、、、

たこ梅のスタッフさんと一緒に取り組みます

ちょうど、今日は、店長会議の日!
早速、店長さんたちと共有していきます
そして、別に持っている仮説についてもループ図(Causal loop diagram)を書いてみて、たこ梅のスタッフさんと一緒に、あーでもない、こーでもない、、、って意見交換しながら、そこにきっとある構造やメンタルモデル、レバレッジポイントを発見していきます!!

小田さん、アシスタントの武田さん、江口さん、そして、一緒に学んだメンバーのみなさん!
ありがとうございました!!
早速、たこ梅のスタッフさんと、取り組んでいきます!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

マインドフルネスのセミナーで気づいた簡単にできるけどスゴイこと!

おはようございます 大阪の月曜日の朝は、雨が降っています しっとりと落ち着いた感じがして、穏やか

記事を読む

NVC 人と人との関係にいのちをふきこむ法 新版(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)の在庫がなくなって注文!新版が届きました!

仕事をしてると、「なんで、こんなことに、、、」「あいつのせいで、うまくいかないやないか!」なんて思っ

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(5/17)、研修のため臨時休業です!スタッフさんと楽しくお勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年175年目を迎

記事を読む

42.5インチモニターが届きました

40インチオーバーのモニターディスプレイが届きました!

毎月、店長会議、現場会議をするスペースには、パソコンからつないで画面をみんなで見られるようにモニター

記事を読む

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)

「POWER AND LOVE / 未来を変えるために本当に必要なこと」(アダム・カヘン 著)をゆえあって再読します

この前、ブログで、たこ梅が小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングに取り組んでいる理由(わけ

記事を読む

新旧の「“商い”デザイン」の違いを中心に たこ梅 分店の前田さんにさんに説明中!

新版「“商い”デザイン」説明ツアーで、気づいたこと!!やっぱり、丁寧にやってかんとアカンわーーー!!

経営戦略や経営計画などがある会社やお店も、多いと思います ただ、たこ梅には、ありません というか

記事を読む

Natural Organizations Labの吉原史郎さん、吉原優子さんにホラクラシーの話をうかがっています

自然農法から学ぶティール組織開発を日本初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんに話を聞いてきました!

先週、兵庫県伊丹市へ、自然農法とティール組織の話を聞きに行ってきました なんで、自然農法とティール

記事を読む

卓上イーゼルパッド

卓上の貼ってはがせるイーゼルパッドがやってきました!!

先月、道頓堀の たこ梅 本店の二階の座敷に、42.5インチのモニターを設置しました 42.5

記事を読む

「ワクワク系マーケティング実践術2017」DISK2を観ています

「ワクワク系マーケティング実践術2017」DISK2を観ています。その理由は、、、

小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングをたこ梅では取り入れています そのために、会社とし

記事を読む

ドラッカーと論語(安冨歩 著)

「ドラッカーと論語」(安冨歩 著)を読んで気づいた、経営する上で大切なこと

昨年の年末頃に読んでいて、この数年で私にとって一番面白いって思ったのが、「複雑さを生きる~やわらかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑