*

ワークショップデザインワークショップはすごかった、、、

先週末、ロバート・フリッツの「創り出す思考」ワークショップなどでお世話になっている田村さんが、ワークショップをどうデザインすればいいのかを学ぶワークショップ「ワークショップデザインワークショップ」を開催するというので行ってきました

参加の意図

このワークショップデザインワークショップは、ワークショップを自分で創っている人、これから創りたい人向けのワークショップです

私自身は、雑用係 兼 五代目店主で、ワークショップをすることってありません
ただ、私自身がワークショップやセミナーに参加することはちょくちょくあります
また、来年、奈良の自然農法畑に たこ梅FUN倶楽部の部員さんをつれていったとき、自然農法やそこからの学びのワークショップをやっても面白いかなぁ、、、くらいに漠然とですが考えています
それで、こういったことの参考になるような気がして、今回、参加することにしました。

まぁ、わりと軽い感じで参加したのです

ワークショップデザインワークショップ

ワークショップをデザインするってどうするの?
まぁ、そんなことを考えた事もないし、もちろん、やり方も知らないので今回の「ワークショップデザインワークショップ」に参加するのですが、、、

ワークショップデザインワークショップ

ワークショップデザインワークショップ

銀座にある和室で20名前後が囲む形で始まります

始めに参加者に問いかけながら、ワークショップとはどういうものか?どうあればいいのか?を紐解くというか参加者と共有していきました
そこで、私が理解したのは、
ワークショップは
・ダイナミック(動的)
・何が起こるかわからない
ということです

それを前提に、ワークショップは創るというか創られていくものなんだなぁ、、、とぼんやり考え始めました

そして、架空のワークショップを依頼をうけてつくるというロールプレイを主催でファシリテーターの田村さんと参加者が舞台で繰り広げます
ときどき、そのロールプレイを止めながら、ふりかえったり、考えたり、共有して、ワークショップデザインワークショップの構造について学んでいきます

自分のワークショップを創る

いよいよ、自分のワークショップを創り時間がやってきました

そもそも、特にワークショップを自分でやる!なんてことはないと思っていたのですが、ふと、毎年おこなっている社員研修の来年のものについてこのワークショップデザインの考え方を取り入れたらどうだろうか?と思ったのです

二人一組になって、問いかけてもらいながら、自分のワークショップをつくっていきます

来年の研修をテーマにやってみると、
・本当は、どんな変化を創りだしたいのか?・・・ビジョン、目的
・それに対して今の現状はどうであるのか?・・・現状
が明らかにされていき、現状からビジョンにたどり着くためのひとつの手段として「研修」があるのだということが見えてきました

すると、そのビジョンに近づくための研修をつくればいいことになります

それで、さらに、その研修で
・何を創り出したいのか?
・研修をするときの現状は?
が見えてきました

とくに、研修で何を創り出したいのかが見えたとき、これがわれわれの研修のキモであったことに気づきました

ワークショップデザインワークショップで作成した来年の研修骨子

ワークショップデザインワークショップで作成した来年の研修骨子

ここまでできれば、あとは、私の場合、研修をお願いする先生に、この研修骨子が描かれたシートをもとに、ディスカッションしたり創発していきながら、われわれが創りだしたい変化を伝えればいいのです
そうすれば、研修の細かい中身は先生がつくってくれますから、、、

それに、この骨子のシートがあれば、ブレることがありませんからね
わりと漠然と参加したワークショップデザインワークショップでしたが、すごく役に立ちます

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

ベースにあるのは、ロバート・フリッツが提唱する構造思考のようで、これでワークショップをデザインすると、創りだしたい変化が創り出せるのだ!とわかりました

実際、わずか、1時間かそこらで、われわれの研修の骨子もできましたしね
いやーーー、すごいワークショップでした!

このワークショップデザインワークショップで学ぶと、研修講師や何かしら自分(自分たち)でワークショップを計画している人たちに有効なだけでなく、部門長や役員、経営者などワークショップを依頼しようとしている人(例えば私)にとっても、的確で建設的なオリエンテーションが可能になるのです

行ってよかったわーーーーーー!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

北川さん、髙羽さんにも「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

たこ梅 北店 髙羽さん、分店 北川さんのNVCオンライン基礎講座がスタート!

今回で、7人目、8人目なんです 何がかというと、、、 4月には、道頓堀にある たこ梅本店の和

記事を読む

たこ梅 東店の店長・スタッフ面談

今、取り組んでいる顧客進化を促す仕組みの『盲点』を発見、、、ガビーーン!!

先週、小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」を受け手、一日、勉強していました!

記事を読む

「行動探究(Action Inquiry)入門編」の最終打ち合わせ

「行動探究(Action Inquiry)入門編」の最終打ち合わせです!

昨年、3月、組織開発の発達理論の大家であるビル・トルバート博士が、その著書「行動探求(Action

記事を読む

たこ梅 東店の多比羅さんと Action Inquiry

9月もスタッフさんと行動探求スタート!来月からはステップアップか!?

毎月、だいたい月の上旬に、正社員さんとはコーチング、ホールのパートさんとは面談をやってます 9月も

記事を読む

産創館で野間信行先生の「欲しい人材に選ばれる!小さな会社ができる求人・採用術」セミナーに参加です

産創館で野間信行先生の「欲しい人材に選ばれる!小さな会社ができる求人・採用術」セミナーに行ってきました!

2016年2月、大阪の堺筋本町にある産創館で社労士であり求人コピーの達人であるオフィスハートロックの

記事を読む

マンガでやさしくわかる部下の育て方(中原 淳 著)

「マンガでやさしくわかる部下の育て方」(中原 淳 著)をたこ梅文庫に追加です!!

難波にある事務所の書架には、500-600くらいの本が並んでいます 「たこ梅文庫」の書架です

記事を読む

新しい社会での『新しい商売のカタチ』を創り出す

全店休業で「新しい社会の『新しい商売のカタチ』を創り出す」にトライ!

昨日は、全店休業させていただきました 新しい社会での『新しい商売のカタチ』を創り出す[/ca

記事を読む

ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世

「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世」って、知ってます?

7月19日から昨日、7月21日まで、2泊3日で、長野県白馬村の五龍館さんへ、たこ梅の研修旅行でした

記事を読む

ロバート・フリッツ氏と記念撮影

「創り出す思考」ワークショップは、すごかった!どうすごかったのかというと、、、

先日、ロバート・フリッツの最新刊「偉大な組織の最小抵抗経路 ~リーダーのための組織デザイン法則~」が

記事を読む

3人で、勉強会後の「ふりかえり」です

12月の「これからのリーダーシップ勉強会」にスタッフさんと行ってきました!

たこ梅は、「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋®です 170年以上前から、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑