*

ワクワク系マーケティング実践術2017対話会の4回目、始まりました!

4月から始まった「ワクワク系マーケティング実践術2017」のビデオを活用した対話会

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

この「ワクワク系マーケティング実践術2017」というビデオは、DVD4枚構成ですが、各々あるいは数名や店単位で毎月1枚ずつ観て、それについて数名ずつのグループで、毎回、おさらいと意見交換、対話をする集まりをやっています

そして、4月から始まったこの対話会も、今月が、一旦ラストです
毎月、1枚ずつすすめてきて4枚なので4月、5月、6月、そして、この7月が最終4枚目のビデオとなります

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会を始めた理由

今年3月の店長会議で、
「店長クラスの人間は、ワクワク系マーケティングの講座にいったりもしていて、その用語やある程度、基礎的なことはわかってきているけど、パートスタッフさんや新人社員さんは、まだ、そこにもいっていない、、、
これから、このワクワク系マーケティングを活用して展開して行くには、基礎的なことは知っておいてもらった方がいいんじゃないだろうか?」
という意見をいってくれました

3月の店長会議

3月の店長会議

そのあと、「じゃあ、五代目(てっちゃん)に、パートさんとか新入社員さんにレクチャーしてもらったらええんちゃう?」という話がでて、とりあえず、その方向で考えることになりました
ただ、パートさん、新入社員さんに限らず、全正社員さんも復習と理解を深めるために一緒に学ぶことにしました

ワクワク系DVDを使った学習効果を高める設計

とはいうものの私は教えるほど「ワクワク系マーケティング」に詳しいわけでも理解しているわけでもありません
そんな私が教えると中途半端になって、かえって正しい学びを阻害します

そのとき、「そうだ!アレがあるじゃないか!!」って思い出したのが、ワクワク系マーケティング実践会に入会すると最初に送られてくるスターターキットに入っているワクワク系マーケティング実践術のビデオです
これをスタッフさんに観てもらおうと思いました

ですが、ただ観るだけでは頭にはいらないし、ましてや身体にインストールなんてされない

そこで、体験とひもづけて理解し、学びを深め、学習効果を高めるために一工夫することにしました

【DVD学習でワクワク系の学びを深める設計】
・まず、DVDを観る・・・・知識を入れる
・何人かで集まる・・・・学び合える環境をつくる
・テキストでおさらいをする・・・・記憶を呼び起こす
・ビデオを観てどうだったかを話し合う・・・・ふりかえる
・お店で実践していることなどを題材に話し合う・・・・体験と結びつける
・そこからより深まる問いを投げて対話する・・・・理解と学びを深める

そして、今回は、全グループの対話会でのファシリテーターは私がつとめることにしました

7月のワクワク系マーケティング実践術2017対話会

こうやって、4月から、数名ずつのグループで対話会をつづけてきました
そして、今月、7月が4枚目、最後のDVDでの対話会となります

【ワクワク系マーケティング実践術2017の構成】
DVD1)実践を成果に結びつけるための基本的なこと
DVD2)【実践の二本柱】価値創造活動(動機づけ)
DVD3)【実践の二本柱】顧客創造活動(絆づくり)
DVD4)ワクワク系の仕組み作り/世界を売る「マスタービジネス」/ワクワク系が身につくメカニズムとは/身につけるために活用すべきもの

ワクワク系の基本的なことから、価値創造活動、顧客創造活動のDVDを4月、5月、6月と観て学んできました

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会1組目

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会1組目

この7月は4枚目のDVDで、ワクワク系の仕組みづくりから、マスタービジネス(世界観)、身につけるにはどうするのか、、、ということを学んでいきます

早速、7月1日からスタートです

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会2組目

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会2組目

1グループ45分ですすめますが、この日は、5グループで、休憩も含めると5時間の長丁場となりました

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会3組目

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会3組目

今回は対話会の終わりに、4ヶ月間、「ワクワク系マーケティング実践術2017のDVDと対話会で学んでみてどうったか?」を尋ねてみました

<正社員さん>・・・以前に既にDVD視聴済み、さらに講座に参加しているスタッフさんも多数
・これまで学んできたことが復習できた
・お店でやっていることがホントにこれ(ワクワク系の理論と手法)に基づいているんだなとわかった
・数年続けている仕組みで、単にやれと言われたのでやっていたのが、だんだん、考えてやるようになってきたが、今回(全4回の対話会)ので整理されてわかったし、さらに、どんなお客さんにとかどのように(声かけやタイミングなど)とかをもっと変えて行けると思った
・(この前の)会議の課題があらためてDVDを観てヒントがあったので取り組みやすくなった

<パートスタッフさん>・・・お店の仕組みの中で触れているが
・これまでお店でやっていたことが「こういうことだったのね」とわかった
・分からないことを尋ねやすかったので色々わかってすっきりした
・分からないことは訊いてわかったし、これからも、知ってる人(先に学んでいる人や社長)に訊きます!
・こうやって教えてもらって学べる機会があって、お仕事がもっともっと楽しくなりそうです

他にもいろいろ言ってくれたのですが、こんな感じの意見が出てきました

今月は、あと5組とのワクワク系マーケティング実践術2017対話会があります
スタッフさんの学びが深まるように、楽しくサポートがんばってきます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ファシリテーションの本質とファシリテーターのあり方」で星野欣生先生と!

星野欣生先生のワークショップで気づいた「上手く行くOD(組織開発)と上手く行かないODの違い」

もう、1年以上前になりますが、「人間関係づくりトレーニング」など多数の著書があり、グループプロセスの

記事を読む

対話の中で顧客の旅デザインマップと価値採掘マップを活用

ワクワク勉強会、スタッフさんだけの自主運営がスタートしました!

この前、3月の現場会議でしたが、昨年の5月から、会議の前に2時間の勉強会をやっています 毎月、ワク

記事を読む

海外からのお客さへの対応を考える「インバウンドおもてなしセミナー」に行ってきました!

最近、中国、台湾、韓国、タイ、、、など、アジアを中心に海外からのお客さまが、たこ梅でも増えています

記事を読む

「指示ゼロ経営」を提唱される米澤晋也社長

「指示ゼロ経営」入門セミナーに参加して、「社長、リーダー、トップの在りようってこんなかな?」って気づいたこと

先週、大阪産業創造館さんで、「指示ゼロ経営」入門セミナーに行ってきました 講師は、長野県で有限会社

記事を読む

たこ梅 東店の店長・スタッフ面談

今、取り組んでいる顧客進化を促す仕組みの『盲点』を発見、、、ガビーーン!!

先週、小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」を受け手、一日、勉強していました!

記事を読む

「利益が見える戦略MQ会計」を上原さんに贈呈

MG研修中の上原さんに「利益が見える戦略MQ会計」を贈呈です!

「経営者の視点で考えて行動しろ!」「経営者のつもりで仕事に取り組め!」っていう経営者の方に、ときどき

記事を読む

乾杯して、リーダーシップ勉強会のふりかえりをします

これからのリーダーシップ勉強会4月~ワークで気づいた自分の陥りやすいクセ~

昨年の9月から、毎月、たこ梅 本店の和田さん、東店の岡店長と一緒に、会議ファシリテーションの研修など

記事を読む

講師の野間先生と記念撮影です

視点を変えるだけでハローワークの求人票が見違えるように魅力的に!

今日は、快晴の大阪、堺筋本町にある大阪産業創造館(通称「産創館・さんそうかん」)さんに行ってきました

記事を読む

前編のおさらいから始まります

「行動探求入門セミナー(後編)」~講座そのものが行動探求だった、、、~

平成20年のリーマンショック後、それまで売上も利益も順調だったお店が、、、_| ̄|○ 学習する組織

記事を読む

「感性科学マーケティング・パターン」 奥)パターン一覧シート(表面と裏面) 手前)左 書籍、右 抜粋冊子

「感性科学マーケティング・パターン」実践活用ツールを作成、全店へ配布します

数年前から、たこ梅では、お客さまに喜ばれ、選ばれるお店であるために、小阪裕司先生の提唱されるワクワク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑