*

「樽酒」をめちゃめちゃ売ったスタッフさんの誰でも出来るけど中々気づかないポイント

4月から、月1回、ワクワク系マーケティング実践術2017(DVD4枚組)のビデオを1巻ずつみて、わからないこと、気づいたことをテーマに対話会をしています

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

ワクワク系マーケティング実践術2017のDVD

スタッフさんは現業で忙しいので、そのスケジュールにあわせて、1グループ3,4人もあれば5,6人、1人のときもあます
ちなみに、対話会のファシリテーター役は私(てっちゃん)がやってます

ワクワク系マーケティング実践術Disk1を観てからおさらいと対話(1組目)

ワクワク系マーケティング実践術Disk1を観てからおさらいと対話(1組目)

今月、6月は、DVD3枚目「顧客創造活動」のDVDの対話会です

あるスタッフさんとの対話の中で面白いことがあったのです
それは、、、

樽酒を飲んでもらう企画

5月から新しい元号「令和」がスタート!
たこ梅では、令和がはじまる5月に、江戸時代のお酒の飲み方を味わってもらう企画をしました

樽酒と升

樽酒と升

当時は、杉樽でお酒が流通していました
だから、杉樽の樽酒を味わってもらおう!という企画なのです

誰でも出来るけど気づかないおすすめのポイントとは?

たこ梅で全店で実施したところ、あるスタッフさんが、お客さんにおすすめしてめちゃめちゃ飲んでもらっていました

特別純米山田錦の樽酒

特別純米山田錦の樽酒

そのスタッフさんと今月は1対1での対話会となったのです
私自身は、その時は対話会に集中していたので、そのことは特に気にしていませんでした

ワクワク系マーケティング実践術2017DVDとテキスト

ワクワク系マーケティング実践術2017DVDとテキスト

いつもどおり、観てもらったDVDの内容をまずテキストをつかっておさらいしていたのです

そのテキストの中で、まずは「知られる」こと、「あなたの存在を知らない人」が圧倒的に多い
あなた(自分自身)が思っている以上に遙かに知らない人が多いという部分をおさらいしていました

前提は「(お客さんは)樽酒のこと知らない」ということなんです

前提は「(お客さんは)樽酒のこと知らない」ということなんです

そして、その例として、「樽酒って、(たこ梅のスタッフさんは)お酒が入ってるって当たり前におもってるけど、お客さんは、そもそも樽に酒が入ってるって思ってない人も多いし、樽自体を見たこともない人も多くて、樽が何かわからない人も多いよね」って話をしていました

そうしたら、そのスタッフさんは、「そうなんですよ!知らない人が多くて、お店においてある樽をみて『あれ、何?』ってきかはるんです」って話してくれました
さらに、「わたし、めちゃめちゃ樽酒売ったの知ってます?」って言うので、その話は、別のスタッフさんからきいていたので、「『あれ、何?』ってきいてきたお客さんに説明して、めっちゃ売ったって聞いてるよ」って伝えました

そしたら、、、

「それもあるけど、そんなんじゃない!ちゃんと伝わってませんね!!(笑)」って笑顔で言われてしまいました
さらに、「私、それもあるけど、もっと単純なことしただけなんです」っ言うんです

お客さんの行動のプロセスを考えて、
1)樽を店の目につくところに置く
2)目に入ったお客さんが何かなと思う、興味を持つ
3)「あれ、なに?」「あれ樽酒?」ってスタッフさんにきく(声をかける)
4)相手(お客さん)からきいてきたので、押し売りにならずに説明できる
5)注文につながる
というプロセスが順当だし、お店でもそうしてるとおもったんです
実際、多くのスタッフさんはこうしていたようです

でも、このスタッフさんは、ちがった、、、

誰でもできるシンプルなプロセスだった!

こんなシンプルなプロセスで、はるかに注文をとっていたのです

それは、、、

樽酒をすすめたときのポイントを語るスタッフさん

樽酒をすすめたときのポイントを語るスタッフさん

前提としてですが、たこ梅は、江戸時代から上燗屋という上等の酒を上々に燗をつけてお出しするというスタイルの店です
ですので、お酒を注文されるお客さんの割合が一般の居酒屋さんなどに比べて高いという事情があります
ちょっとこれを踏まえておいてください

さて、このスタッフさんですが、お客さんに呼ばれて目の前に行きます
お客さんが、「お酒」っていわれると、今回(5月の樽酒企画のとき)に限らずもともと「燗にしますか?ひや、冷酒?どれにします」ってきいていたそうです

そして、5月の樽酒企画の時は、いつも通り、「燗にしますか?ひや、冷酒?どれにします?今月だけ、珍しい杉樽のお酒もありますよ!香りがいいし、今しか飲めません」って一言付け足しただけだそうです
これで、普通にお酒を注文しようとしていたお客さんの大半が、樽酒を注文してくれたそうです

もちろん、すすめてスグに樽酒と注文せず、迷っていたりとか、どういうお酒って不思議そうにされるお客さんには、樽酒のPOPなどの情報ツールや樽自体を指し示して説明はしていたそうです

それにしても、こんなシンプルなステップで樽酒の注文に導いて、新たな喜びをお客さんに提供していたとは、、、
現場のスタッフさんの力はすごいですね

勉強になりました、、、

さぁ、スタッフさんに負けないように私もがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

新しいお客さまイベントの打合せ(らしい)

新しいお客さまイベントの打ち合わせ(らしい)です

この前、ホールのパートスタッフさんの人事評価者会議でした たこ梅では、スタッフさんの成長を目的とし

記事を読む

たこ梅 北店の北川さんと現場面談です

そうだ!現場面談やろう!!3月から始まりましたぁ~

毎月やってるいわゆる定例の会議っていうのが、たこ梅には2つあります ひとつは店長会議で、もうひとつ

記事を読む

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)

「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎・今野登 著)は、すごく面白い!!

2,3週間まえから、「知識創造経営のプリンシプル」(野中郁次郎 今野登 著)を読んでいます わりと

記事を読む

顧客と継続的な関係を築くサブスクリプションの考え方

商業界2018年12月号「顧客と継続的な関係を築くサブスクリプションの考え方」が載ってまして、、、

商業界2018年12月号が、11月1日に発売になりました そのなかに、たこ梅がお世話になっているワ

記事を読む

地方からエントリーの方と、たこ梅初のZOOM面接です

地方からの求人エントリーの方と、ZOOM面接、大成功です!!

いま、たこ梅では、正社員さん、ホールのパートスタッフさん、洗い場のパートスタッフさん、仕込みのパート

記事を読む

ワクワク系マーケティングの実践についてディスカッション

ワクワク系マーケティング実践講座2019に参加は本店の和田店長

毎年、ワクワク系マーケティング実践講座という5回の連続講座にスタッフさんが通ってくれています 北店

記事を読む

ホールのパートスタッフさんも行動論理を学習

パートスタッフさんと行動探求のベースとなる行動論理、発達段階のレクチャーと対話です

自律的に考えて行動する!って、組織、会社、お店にとって、スタッフさんのひとつの理想的なあり方だと思い

記事を読む

行動探求(Action Inquiry)シート

2月のスタッフさんとの行動探求はじまりました!成長が観察できるセッション続出!!

2017年3月に、行動探求(アクションインクワイアリー / Action Inquiry)の入門セミ

記事を読む

和本店長の難しい会話のマトリックス

行動探求する中で、和本店長の「使命」が見えてきました!

学習する組織の構築を加速するテクノロジーのひとつに「行動探求(Action Inquiry)」があり

記事を読む

松本さんが自分のパートをプレゼンテーション

11月のワクワク勉強会、新人 深澤さんも参加してくれました!

先日、11月のワクワク勉強会でしたが、今年入社の新人 深澤さんも飛び入り参加してくれました 定例の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑