*

来年用に和歌山の古城梅(ごじろうめ)で自家製梅酒つけました!!

公開日: 酒・ビール・飲み物

毎年、6月になると1年間床下熟成した自家製梅酒をお店で出しています

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

この梅酒、おばあちゃんの言葉を守って、梅の実をタップリつかうのでおいしくなります
そして、ちょっとした手間をかけるので、つけ梅の実がぷっくりふくらんで食べても美味しいのです

なので、、、

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

つけ梅の実がなくなるまで、梅酒のご注文があると梅の実をいれてお出ししています

2020年用の自家製梅酒をつけます

さて、1年後の6月にお店で梅酒を出せるように、今年も梅酒をつけます

和歌山の古城梅(ごじろうめ)

和歌山の古城梅(ごじろうめ)

大量に届いた和歌山県産の大粒梅の品種「古城梅(ごじろうめ)」をへたを爪楊枝で取り、水洗いして陰干しします
ここでしっかりと水を切っておくことが大事!
水が入ると、梅酒が腐敗してしまうことがありますから、、、

ひと瓶づつ手作業で大切に梅を入れ氷砂糖、ホワイトリカーを注ぎます

ひと瓶づつ手作業で大切に梅を入れ氷砂糖、ホワイトリカーを注ぎます

この古城梅(ごじろうめ)をたっぷり瓶に詰めます
そして、ホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

梅をたっぷり使ってホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

梅をたっぷり使ってホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

このときに、つけ梅の実もぷっくりしあげる一工夫、ひと手間があるのです
それは、氷砂糖を全部いれないこと!!
必要量の半分だけを入れてつけます

ね!画像を見ても氷砂糖少ないでしょ!!
残りの半分は、氷砂糖のとけ具合をみながら、だいたい、2週間後前後に投入します

そうると、砂糖濃度がゆっくりと上昇するため梅の実の水分が、浸透圧の関係で一気に吸い出されてシワクチャになることが防げます
だから、ぷっくりと美味しいつけ梅の実ができあがるのです!

まぁ、そのかわりといってはなんですが、2回に分けて氷砂糖をいれるので、床下収納に入れたり出したりと、手間はかかりますけど、、、
美味しくしようと思ったら、手間はかかるものなのです!(笑)

6月終わり頃に残り半分の氷砂糖をいれたら、来年の6月、美味しい梅酒に仕上がるまで夏でも冷んやりとした床下収納で熟成させておきます
来年の梅酒も楽しみにぃ~!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

瞬冷を飲むジョニーデップと福山雅治のシーン(スーパードライ瞬冷の30秒CMより)

ジョニーデップ!福山雅治!のスーパードライ瞬冷辛口、期間限定です!

アサヒスーパードライってロングセラーのビールですよね そう、ドライブームを巻き起こした、、、 ド

記事を読む

「初しぼり」(画像は、昨年のものです)

新年最初の蔵で搾った原酒「初しぼり」が約1週間の限定で始まります!

新年の最初に蔵を開く日、つまり、今年、最初に搾ったお酒があります たった1日しか搾れないお酒、、、

記事を読む

NHK BSプレミアム「あてなよる」で、たこ梅本店が登場しましたよ!!

お酒のとアテの大人な番組が、NHKで夜にオンエアされている「あてなよる」 京都の料理研究家である大

記事を読む

一合檜枡の準備が始まりました!

5月に向けて、檜の一合枡がとどきました!!

5月というと、毎年、たこ梅FUN倶楽部員さんにアレをプレゼントしてます ただ、アレ!準備に時間がか

記事を読む

あいす酒(ICE酒)のお知らせです

愛す酒?アイス酒?ICE酒?あったかいのか、冷たいのか???

いやぁ~、梅雨、まっただ中ですね、、、 大阪は、いま、蒸し暑い、、、 たこ梅の各店は、ホワイティ

記事を読む

和歌山産の古城梅(ごじろ梅)で梅酒をつけました

和歌山県産の大粒梅「古城(ごじろ)」で、来年用の梅酒を仕込みました!!

今年も、お店では、自家製梅酒を6月1日からお客さまにご提供しています 1年床下で寝かした自家

記事を読む

清酒の種類による違いの一覧表

吟醸酒、純米酒、本醸造、、、お酒にどんな違いがあるの?それは、、、

たこ梅は、弘化元(1844)年の創業当時から、170年以上、上等の酒を上々の燗をつけて出す店というい

記事を読む

樽酒と檜枡

令和のスタートに、香りだけで飲みたくなるお酒できちゃいました!

今日から、いよいよ令和元年が始まりますね 今から175年前、江戸時代のお酒 たこ梅は、今から17

記事を読む

樽酒と升

純米の樽酒を升で飲んでね!その香りにビックリしますよ!!っつーか、わたしゃビックリした(*゚д゚*)

何年かぶり、、、いや、二十年以上ぶりに味わいました この手のホンモノには、なかなか機会に恵まれ

記事を読む

檜の一合升に屋号を焼き印してます

たこ梅FUN倶楽部員さんへのプレゼント!檜の特製一合枡も準備完了です!!

いっつも来てくれはるわ!お友だちに紹介したり、連れてきたり、、、その上、メルマガやたこ梅通信を読んで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑