*

来年用に和歌山の古城梅(ごじろうめ)で自家製梅酒つけました!!

公開日: 酒・ビール・飲み物

毎年、6月になると1年間床下熟成した自家製梅酒をお店で出しています

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

この梅酒、おばあちゃんの言葉を守って、梅の実をタップリつかうのでおいしくなります
そして、ちょっとした手間をかけるので、つけ梅の実がぷっくりふくらんで食べても美味しいのです

なので、、、

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

つけ梅の実がなくなるまで、梅酒のご注文があると梅の実をいれてお出ししています

2020年用の自家製梅酒をつけます

さて、1年後の6月にお店で梅酒を出せるように、今年も梅酒をつけます

和歌山の古城梅(ごじろうめ)

和歌山の古城梅(ごじろうめ)

大量に届いた和歌山県産の大粒梅の品種「古城梅(ごじろうめ)」をへたを爪楊枝で取り、水洗いして陰干しします
ここでしっかりと水を切っておくことが大事!
水が入ると、梅酒が腐敗してしまうことがありますから、、、

ひと瓶づつ手作業で大切に梅を入れ氷砂糖、ホワイトリカーを注ぎます

ひと瓶づつ手作業で大切に梅を入れ氷砂糖、ホワイトリカーを注ぎます

この古城梅(ごじろうめ)をたっぷり瓶に詰めます
そして、ホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

梅をたっぷり使ってホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

梅をたっぷり使ってホワイトリカーと氷砂糖だけでつけます

このときに、つけ梅の実もぷっくりしあげる一工夫、ひと手間があるのです
それは、氷砂糖を全部いれないこと!!
必要量の半分だけを入れてつけます

ね!画像を見ても氷砂糖少ないでしょ!!
残りの半分は、氷砂糖のとけ具合をみながら、だいたい、2週間後前後に投入します

そうると、砂糖濃度がゆっくりと上昇するため梅の実の水分が、浸透圧の関係で一気に吸い出されてシワクチャになることが防げます
だから、ぷっくりと美味しいつけ梅の実ができあがるのです!

まぁ、そのかわりといってはなんですが、2回に分けて氷砂糖をいれるので、床下収納に入れたり出したりと、手間はかかりますけど、、、
美味しくしようと思ったら、手間はかかるものなのです!(笑)

6月終わり頃に残り半分の氷砂糖をいれたら、来年の6月、美味しい梅酒に仕上がるまで夏でも冷んやりとした床下収納で熟成させておきます
来年の梅酒も楽しみにぃ~!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ホンマに旨い酒をくらべ隊」の壁新聞

「ホンマに旨い酒をくらべ隊」の壁新聞が貼られています!!

今年で3回目を迎えた冬の部活「酒蔵見学2018」のテーマは、「ホンマに旨い酒をくらべ隊」でした

記事を読む

ビール工場見学2018の第2回打合せ

ビール工場見学2018の第2回打合せです!

たこ梅FUN倶楽部の部員さん(←お客さまです)と行くビール工場見学も、今年で4年目を迎えます

記事を読む

岐阜の酒「三千盛(みちさかり)」と「杜氏の持ち帰り酒」

岐阜の遊学旅行で見つけた旨い酒、お店でメッチャ数量限定ですがお出しするようです!

先週、岐阜の長良川温泉へスタッフさんと1泊2日の遊学旅行に行った話をブログに書きました 楽し

記事を読む

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)

今年も行ってきました! たこ梅FUN倶楽部の部員さんたちと、西宮にある白鹿さんへ酒蔵見学へ

記事を読む

飲みながら、食べながら、楽しく制作中

ビール工場見学「B40 たこ梅サミット 2019」開催!中編

今年で5回目を迎えるビール工場見学ですが、今年のテーマは、「B40たこ梅サミット2019」です

記事を読む

西宮にある辰馬本家酒造さん(白鹿さん)

西宮の白鹿さんでの「酒蔵見学2019」の打ち合わせのキモは、内容ではなく「誰?」だった!

たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とともに、お酒やビールもお出ししています たこ梅で出してい

記事を読む

白鹿さんと謎の打合せ

白鹿さんと謎の打合せ、、、何かが起こる!、、、かもしれない、、、

この前、西宮の酒蔵 辰馬本家酒造さん、、、というより、一般には、白鹿さんという方がわかりやすいですよ

記事を読む

30周年特別醸造アサヒスーパードライ 瞬冷辛口

「アサヒスーパードライ30周年特別醸造 瞬冷辛口」を飲んでみました!

アサヒビールの看板商品である「アサヒスーパードライ」が、今年、30周年を迎えます それで、こんなビ

記事を読む

赤い王冠とラベルの祝瓶ビール

お正月しか飲めない祝瓶ビール!普通のビールとの違い、ご存じですか?

お正月には、めでたいビールを飲んで欲しい! それで、お正月の期間は、祝瓶ビールを たこ梅 全店でご

記事を読む

「新酒の酒粕」が蔵元から届きました!

今年も「新酒の酒粕」が蔵元より届きました!!12月1日からプレゼントスタートです!

今年も、そんな季節になったんですね、、、 昨日、届きました!! アレが、、、 蔵元より「新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑