*

「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」(中土井僚 著)が届きました!

公開日: 気になる本

オットー・シャーマー博士のU理論の翻訳者のおひとりに、中土井僚さんがいらっしゃいます

U理論(Theory U / オットー・シャーマー著)

U理論(Theory U / オットー・シャーマー著)

U理論の詳しいことは、本を読むか、こちらのPCIJさんのU理論のサイトをご覧下さいね

Uプロセスの7つのステップ

Uプロセスの7つのステップ

【Uプロセスの7つのステップ】

1)ダウンローディング
「過去の経験によって培われた枠組み」の内側で、自分の思考や意見などが再現され、その思考や意見に意識の焦点が当たっている。すなわち、それに意識が奪われている状態を指しています

2)観る(Seeing)
「観る(Seeing)」は、「頭の中で起きている雑念に意識を奪われず、目の前の事象、状況、情報に意識の矛先が向けられている状態」です。

3)感じ取る(Sensing)
「感じ取る(Sensing)」は、「過去の経験によって培われた枠組みが崩壊し、枠組みを超えた側(他者など)から今の自分や状況が見えている状態」です。

4)プレゼンシング
自身の最も深い源につながる能力によって、未来はある部分的な関心からではなく、全体性から未来が出現しイノベーションが生まれるようになります。「ダウンローディング」「観る(Seeing)」「感じ取る(Sensing)」までが個人の内側の体験にとどまるのに対して、プレゼンシングは個人という枠を超えて、まるで共振するかのように他の人に響くものがあります。

5)結晶化(Crystallizing)
未来の最高の可能性からビジョンと意図を結晶化していきます。知と自己のより深い場から創出したいことを具体的な言葉で表現していきます。

6)プロトタイピング(Prototyping)
迎え入れたビジョンと意図を具現化させていき、アイデアやインスピレーションに形を与えていきます。

7)実践(Performing)
出現する未来から生まれ出たインスピレーションから、プロトタイピングを通して形を成してきたものを実際に世の中に提供していきます。

PICJさんのU理論のサイトより引用

めっちゃめちゃ平たくいうと、普段、人は、それまでの知識や慣習に従って生きていますし、それを当然として、意識もせずに、目の前に現れた出来事を認識しています
そして、過去の前例(蓄えられた既知の知識を含む)に従って、処理していきます

変化の少ない世の中であれば、これは、とっても機能的ですが、何が起こるかわからない!想定外!!なんてことが連発するような世の中になってくると、この既存の認知からの処理は、かえって新たな問題や火種をつくってしまいます

そんなんどうしたらええねん?

、、、のひとつのこたえが「U理論」であると私は理解しています

つまり、これまでの既存の見方を抜け出して、目の前に現れた出来事をまったく新しい視座で見つめ、そこから、生まれたユニークな取り組み(既存の考えからしたらこう見えるんですが)をやっていくような感じです

「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」(中土井僚 著)

で、そのU理論の翻訳者である中土井僚さんは、U理論などをつかって、組織開発などに取り組んでこられたんですが、これまでの経験から、ホントは、もっと良くなろう!と結婚したはずの合併企業が、、、
どうもギクシャクする!
思ったようなパフォーマンスを発揮しない!(どころか以前より下がることもしばしば)
ひどかったら、瓦解する!
そんな場面を目にされてきて、「いったい、何が起こっとんねん!」と思った(んじゃないかと思います:笑)らしい

で、そこで本当は何が起こっているのか?を探求し、「その本当の理由がみつかった!」ってことで、その「背景→問題賞状→問題構造→根本原因→解決策」を100ページの小冊子にまとめられました

合併企業が思うように一つにならない本当の理由(中土井僚 著)

合併企業が思うように一つにならない本当の理由(中土井僚 著)

フェイスブックで、先着50名限定でプレゼント企画があったので、応募したら、、、
ハイ、なんとか、50名以内にはいったらしく、届きましたぁ~!!!!!

この本、「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」というタイトルですけど、合併企業のためだけじゃなく、私は、
・部署同士が思うように一体感を持って仕事を進めないのはなぜか?
・店(支店)同士が協力してお互いの仕事に貢献できるようになるには?
なんて課題に、きっと、役立つ視点や見方、ヒントがちりばめられているような気がしています

こんな視点をいだきながら、この「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」を読み進めたいと思います

ところで、この「合併企業が思うように一つにならない本当の理由」を読みたい!って思ったら、一部、500円(税別)で販売されているようですので、中土井僚さんの会社であるオーセンティックワークス社の公式サイトの問い合わせフォームから「『合併企業が思うように一つにならない本当の理由』を購入希望!」と書いてメールを送ると購入できるようですよ!

さぁてと、私も、この本、ぼちぼち読み進めていきますよーーーーーーーーー!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

まとめ買いしたアーノルド・ミンデルの本12冊

宣言!アーノルド・ミンデルの12冊の本を5月2日までに読破します!その理由はというと、、、

昨年のお正月に、積ん読になっていた塩野七生さんの「ローマ人の物語 全15巻」をその年中に読む!とブロ

記事を読む

「行動探求」(ビル・トルバート 著)と「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)

行動探求とNVC(非暴力的コミュニケーション)は相性がいい!!

平成20年9月のリーマンショックを機に、いくら自分たちが、いわゆる努力やがんばっても、とんでもないこ

記事を読む

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)と「虫とり」でのフロー体験!

リーマンショックから、売上が下がり続ける、、、という経験をしました 「学習する組織」(ピータ

記事を読む

英治出版さんの本は17冊ありました!

英治出版さんが来てくれはりましたが、何冊くらい、英治出版さんの本があるのか調べてみました!

私、単なる読者です 作家でも、講演家でもありません ふつーの飲食店の経営者で、たこ梅の五代目店主

記事を読む

チーム・ダーウィン~「学習する組織」だけが生き残る~(熊平美香 著)

「チーム・ダーウィン」(熊平美香 著)を行動探求・行動論理の視点から読んでみようと思います!

月に、1,2冊くらいは本を読んでるように思います で、おもしろかったなぁ、、、興味深かった!参考に

記事を読む

著書にキーガン教授のサインをいただきました!

ロバート・キーガン教授来日セミナー「VUCA時代に変化を恐れない組織のあり方とは」に行ってきました!

8月に、ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒーの共著「なぜ弱さを見せあえる組織は強いのか」が日

記事を読む

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・A・ハイフェッツら著)

「最難関のリーダーシップ」(ロナルド・ハイフェッツら著)を購入です!

昨日、梅田のお店に行ったついでに、阪急梅田駅下にある紀伊國屋書店に立ち寄りました そしたら、、、

記事を読む

ケン・ウィルバー関連の書籍6冊です

成人の発達理論のマイブームで、ケン・ウィルバーやっちまいました、、、

昨日のブログで、最近のマイブームは「成人の発達理論」という話しを書きましたよね 個人と組織の

記事を読む

「教えないから人が育つ」横田英樹毅のリーダー学(天外伺朗 著)

「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読みましたが、、、参りました!こんな人、いるんや、、、

先日、読み始めた「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読み終えました この

記事を読む

マンガでやさしくわかる部下の育て方(中原 淳 著)

「マンガでやさしくわかる部下の育て方」(中原 淳 著)をたこ梅文庫に追加です!!

難波にある事務所の書架には、500-600くらいの本が並んでいます 「たこ梅文庫」の書架です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑