*

10月からスタッフさん同士での行動探求が始まりました!!

スタッフさんが成長、発達していくためには、もちろん、能力やスキルのアップは必要です
同時に、ものの見え方、捉え方がかわっていく、成人の発達理論で言う器の成長が必須になってくると考えています

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

たこ梅は、百年後も存在するために「学習する組織」になろうと決めて、取り組んでいます

行動探求(Action Inquiry)への取り組み

この学習する組織への実践的な近道であるとされ、また、器の成長を促進する取り組みとして、成人発達理論の大家であるビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)を導入することにしました

チェンジ・エージェント社の江口潤先生が行動探求を分かりやすく語ってくれています

チェンジ・エージェント社の江口潤先生が行動探求を分かりやすく語ってくれています

今年の3月には、行動探求を翻訳しビル・トルバート博士を招聘してワークショップも開催されたチェンジ・エージェント社さの協力を得て、行動探求の入門講座を開催し、まず、すべての正社員さんに受講頂きました

その時の話はこちらのブログを見てね!
行動探求入門講座(前編)
行動探求入門講座(後編)

研修やセミナーって、その時は「ええこと聞いたぁーーー」「勉強になったーーー」と思うものの、一週間もすれば、わすれられて現場に定着しない、、、
そういうことは、よくあります

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

で、毎月1回、スタッフさんと、そのスタッフさんが、上手く行かなかった出来事の会話をかいてきて、それを元に、「難しい会話のマトリックス」というシートを使いながら行動探求を4月から9月までの6ヶ月間続けてきました

行動探求(Action Inquiry)の次のステップへ

行動探求する中で、自分の考え方や捉え方のクセ、意識・無意識の前提、メンタルモデルなどがみつかってきます
あるスタッフさんは、仕事の上で、他の仕事の仕方がどうも遅い?なんで、そんなことすんねんやろ?って、イライラしてきたそうです
それが、行動探求の時、自分にとっては「当たり前」にして、当たり前過ぎて気づくとすらなかった前提に生まれて初めて気づきました
しばらくボーゼンとしはりましたが、「あーー、そういうことだったんですね、、、」ってわかって、その後、仕事での人との関わり方が大きく変わった、、、というかストレスが極端に減ったそうです

会話のふりかえりシートと難し会話のマトリックスを使って行動探求していきます

会話のふりかえりシートと難し会話のマトリックスを使って行動探求していきます

まぁ、そんなことがおきるのですが、スタッフさんと行動探求する中で、私、ひとつの大きな課題に気づくようになりました

それは、、、

自分の前提やメンタルモデルに気づくことはとってもいいことなのですが、このままでは、スタッフさんが、私がいない(相手でない)と行動探求できない!ということです
そりゃまぁ、私がコーチ役でやってるわけですから、必然的にそうなりますよね

これじゃあ、私が病気になったり、死んじゃったらどうすんねん!!!と思ったわけです

行動探求をスタッフさん同士で出来るようにする!

そこで、単純に、こうすることにしました

「スタッフさん同士で、行動探求できるようにしよう!!」

具体的には、どうするか?
いきなり、スタッフさん同士でやれ!!って言われてもちょっと面食らうと思います

それで、

【従来の行動探求の流れ】
1)上手く行かなかった出来事を思い出す
2)その時の出来事、会話を「会話のふりかえりシート」に記入する
3)私との行動探求の時間に「会話のふりかえりシート」を持参する
4)二人で一緒に「難しい会話のマトリックス」を作り上げて行動探求する
5)現場に持ち帰って実践する

こんな風に、私と「難しい会話のマトリックス」を作って行動探求やってたのをやってたのを

【10月からの行動探求の流れ】
1)上手く行かなかった出来事を思い出す
2)その時の出来事、会話を「会話のふりかえりシート」に記入する
3)その出来事に登場しないスタッフさんにコーチ役になってもらう
4)そのスタッフさんと一緒に「難しい会話のマトリックス」をつくる
5)私との行動探求の時間に「会話のふりかえりシート」と「難しい会話のマトリックス」を持参する
6)やってみて難しかった、上手く行かなかったところを中心に「難しい会話のマトリックス」をブラッシュアップする
7)現場に持ち帰って実践する

お店の別のスタッフさんにコーチ役になってもらって、まず、自分たちだけで、難しい会話のマトリックスをつくって、行動探求をやってみるようにしました
そして、そこでうまく行かなかった部分や難しかったところを持ってきて、私と一緒にさらにブラッシュアップすることにしました

松本さんと安藤さん、お店で、相互に行動探求です

松本さんと安藤さん、お店で、相互に行動探求です

これは、本店の松本さんと安藤さんですが、実際、こんな風に、まず、お店で自分たちで行動探求をやってくれています

安藤さんが松本さんにコーチになってもらって作った行動探求シート

安藤さんが松本さんにコーチになってもらって作った行動探求シート

私との行動探求の時間に、自分たちでつくった「難しい会話のマトリックス」をもってきて、また、一緒にさらにブラッシュアップしていきます

たこ梅本店の安藤さんと行動探求です

たこ梅本店の安藤さんと行動探求です

正直、10月から、スタッフさん同士で、まず、行動探求して、それを持ってきてね!と行ったものの、これ、相当にレベルが高くて難しいです
どんだけの人がやってきてくれるかなぁ、、、って思ってたら、まだ、半分くらいのスタッフさんとしかコーチングの時間をもってませんが、ほとんど全員が、きっちりやってきてくれていました
正直、ビックリ!!(*゚д゚*)
すげーーーーーー!!って思いました

お互いに行動探求のコーチ役をすることで、自分たちで行動探求できるようになるのはもちろんですが、特に、コーチ役をした人が、
・どうやって相手をサポートしたらいいのか?
・相手の前提をみつける筋力がついてくる
・そうすると、自分の前提も簡単なものなら自力でみつけられるようになる
と思っていて、この辺りを期待しています

あるスタッフさんが、現場で、「うーーーん、、、」とうなっていたら、別のスタッフさんが「ちょっと、行動探求しよか?」って声を掛けるようになる日も、そう遠くない気がしています

さぁ、その日を目指して、きょうもがんばります!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

ワクワク系マーケティング実践講座2017に行ってくれたスタッフさんとふりかえり!

ちょうど1年前、たこ梅 分店の上原さん、東店の大西さんが、大阪から新横浜まで連続5回の「ワクワク系マ

記事を読む

新しいクレジットカード端末です

故障していた新梅田食道街 たこ梅 分店のクレジットカード端末が新しい端末に入れ替え完了しました!

商品を買ったり、飲食したり、、、 私が、社会人デビューした20数年前と比べると、その支払い方法も、

記事を読む

金田さんのリクエストで仕組みの「大穴」を説明です

仕組みの「大穴」について、リクエストを受けて説明していました!

毎月、1回、正社員さんとホールのパートさんとコーチングや面談の時間を持っています 昨日は、数名の正

記事を読む

福井の銘菓「五月ヶ瀬」をいただきました!

普段、お店にたっていなくても、お客さまから福井銘菓「五月ヶ瀬」をいただきました!

もう、何十年も、新梅田食道街の たこ梅 分店においでいただいているお客さまがいらっしゃいます それ

記事を読む

和本店長との店長面談です

月1回の店長面談!最近「顧客の旅デザインマップ」が活躍してます!!

毎月1回、店長さんやお店のスタッフのリーダー格の方と面談をしています 毎月、毎月、何をしてるのかっ

記事を読む

no image

求人で不採用になった方!辞退された方!とも、ご縁をつないでいきます

一昨日のブログで書きましたが、飲食業、サービス業は、ものすごーーーーい人で不足です 猫の手も借りた

記事を読む

スタッフさんのご家族に会社のことを説明します

新人スタッフさんのご家族にご挨拶を続ける理由

たこ梅では、正社員さん、パートさん、アルバイトさんが、年に数人くらい入ってこられます 4,5年前か

記事を読む

店主も知らない関東煮(かんとだき/おでん)「小松菜(こまつな)」です

また、店主の知らない関東煮・おでんが!コマッタな、、、じゃなくて「小松菜」です)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

道頓堀のたこ梅本店は予約ができます

道頓堀のたこ梅本店、「予約が満席でも入れることあるってホント?」ハイ、そうなんです!その理由は、、、

昨日の夕方も、お客さまから、予約の電話をいただきました ただ、残念ながら予約をお受けすることが出来

記事を読む

ケーキを食べさせもらってる峯松さん

スタッフさんの結婚式!おめでとうございます!!\(^o^)/

昨日は、いいお天気の日曜日でしたね この日は、たこ梅のスタッフさんの結婚式でした! アパレルから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑