*

4月の店長面談で「スタッフリーダーとは?」について意見交換です!

先日、新梅田食道街 たこ梅分店の店長面談でした
この日は、お店から和本店長と上原さんが来てくれて、一緒にお店の運営を中心に話をしました

店長面談って、何をするの?

毎月1回、店長面談をやっています
もともとは、翌月の店長会議で各店の店長さんが発表すること、前月の店長会議で、その店がすることに決まったことがどうなっているかについて、事前に話し合う場でした
別段、根回し、談合、、、のたぐいではありません(笑)

一般的にですが、飲食店で働いていらっしゃる方は、発表するとか進捗状況を管理するのが苦手な方が多いようです
それも、料理人で現場からのたたき上げになればなるほど、、、

それで、店長会議で、店長さんが発表がうまくまとまらない、、、って困ってる方がいらっしゃって、「どうしようか?」って相談する中で、実際の店長会議の前に、発表内容を一緒にまとめたりリハーサルしてわかりやすく修正できるようにしては?ってなりました

これが、店長面談の始まりです

今も、もちろん、こういうこともやってます
ただ、みなさん、会議で発表したり話すのにも慣れてきて、店長面談もバージョンアップしてきています

初めは、各店の店長さんと私の一対一でやってました
そのうち、もっと、現場の声も吸い上げていこう!現場のスタッフさんを育てていこう!ということになって、現場のスタッフさんにもおひとり参加いただくようになっています

ですので、店長面談、、、となっていますが、店舗面談という名称の方が、ひょっとしたら今ではしっくりくるのかもしれませんね
まぁ、そんな感じでやっています

新梅田食道街 たこ梅 分店の店長面談

この前の新梅田食道街 たこ梅 分店の店長面談では、和本店長と上原さんと私の3人でした

店舗面談やってます

店舗面談やってます

ひとしきり、お店のテーマが済んだところで、もう少し時間があったんです
それで、私の方が、前から気になっていたことを相談しました

スタッフリーダーをどうするか!?

「スタッフリーダーって、今、だれも設定されてないけど、どうなん?」

スタッフリーダーというのは、数年前、和本店長が2店舗の店長を兼務することになった時、それをサポートして、店長がいないとき、お休みの時に、かわって旗を振れるリーダーをやってもらったら?ってことになったんです

スタッフリーダーとは?

その時決めたのは、こんなことです

【スタッフリーダーの役割と選び方について】
・スタッフリーダーは、店長を補佐し、不在時(1日、2日の短期に限る)は店長に代わって店を運営する
・スタッフリーダーは、各店1名おくことができるし、おかなくてもよい
・スタッフリーダーは、各店で必要に応じて指名する
・社長(私ね!)は、指名された者を任命するか拒否するか選べる
 ただし、指名はできない
・お店のスタッフさんたちの合意で、いつでもスタッフリーダーを解任や別の者を指名できる
・スタッフリーダーが異動になった時は、自動的にスタッフリーダーは解任となる
・スタッフリーダーにはスタッフリーダー手当を支給する

いてもいいし、いなくてもいい、、、
わりとゆるいです、、、^^;;;

初めは、スタッフリーダーさんが4店舗中2店舗に設置されていたんですが、異動や昇進などがあって、この1年は、スタッフリーダーはどのお店にも設置されていません

「スタッフリーダー」に対する枠組み・無意識の前提

3人で話をするうちに、「スタッフリーダー」という名称に、各々、いろんな、きついいい方をすると勝手な意味づけをしているのではないか?ということに気づきました

それで、「スタッフリーダーって、実際どういう役割とか意味とか、あると思う?」って聞いてみました
そこからできてきたのは、、、

【スタッフリーダーに対する無意識の前提】
・次期、店長候補
・(店長を除いて)明らかにお店にリーダー
・(店長に次ぐ)権威がある
・責任がある(わりと重そう)
・だけがやるか牽制し合う感じがある
・実際、この人がやって、代わった方がいいなぁ~と思っても交代させづらい

などなどです

なるほど、もちろん、人によってこれらの意味づけをすべてもっているわけではないし、この店長面談の場にいない人にきいたら、もっと、別のこともでてくるかもしれません、、、
行動探求(Action Inquiry)の研修で、出てきた枠組みとして「無意識の前提」があったんですねぇ~
ただ、こういう無意識の前提があると、そりゃーー、「好きに選んでいいよ!」って言われても、気軽に選べるわけないですよね

行動探求(Action Inquiry)のスタッフさんの研修の話はブログを見てね!!

「なんであんなことに、、、」となった行動を行動論理を使って自分で紐解きます

「なんであんなことに、、、」となった行動を行動論理を使って自分で紐解きます

「行動探求入門セミナー(前編)」を たこ梅 本店で開催!学習する組織にスタッフ全員で一歩ずつ踏み出します!
「行動探求入門セミナー(後編)」~講座そのものが行動探求だった、、、~

スタッフリーダーじゃなくしたら?

こんな認識を和本店長、上原さん、私の3人で共有して、さらに話しているうちに、いくつかアイデアがでてきました
それは、、、

・スタッフリーダーの名称をかえる
例)スタッフサポーター、スタッフサーバント、スタッフスチュワード、スタッフ秘書など
・スタッフリーダーの役割を明確にする
案)リーダーではなく、他のスタッフさんが仕事がしやすいように準備や段取り、調整をする
・任期を決める
(これまでは任期は特になかった/いつ指名しても、いつ交代やなくしてもよかったらか)
案)6月からの1年間(たこ梅では6月が給与改定なのでそれに合わせる)

ほんと、10分15分で、こんあアイデアまででて、正直ビックリしました
そてい、5月の店長会議の時に、議題として採り上げては?ってことになりました

5月の店長会議、どうなるのか、おもしろそーーーーーーーーー!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

別のスタッフさんとも盲点を話し合います

顧客進化の盲点をスタッフさんと順番にシェアしていきます!

この前、エライことに気づきました、、、 たこ梅で取り組んでいる顧客進化の仕組み、どえらい盲点があっ

記事を読む

1問正解毎に「うまい棒」をもらって笑顔です

お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(後編)

昨年に続いて、今年もお客さまとビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました 昨日

記事を読む

多比羅さんとコーチングです

スタッフさんと月1回コーチング!この日は、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の多比羅さんとです!

平成20年のリーマンショック、、、 それから、売上が右肩下がり、、、っぱなし、、、 そして、平成

記事を読む

「進化の構造1,2」(ケン・ウィルバー著)

「進化の構造」(ケン・ウィルバー著)、強力に頭がわいています!(笑)

1月10日くらいだったと思います 今から、ちょうど、1ヶ月ほど前ですね 「進化の構造1,2」(ケ

記事を読む

6月の店舗面談です

6月の店舗面談~たこ梅 分店の和本店長、上原さんと面談~

この前、6月の店舗面談でした 店舗面談というのは、店長、SA(スタッフアテンダント)さんと、店舗の

記事を読む

7月の店長会議です

7月の店長会議~どこに立って課題と向き合うか・戦いの存在しない世界へ~

昨日は、7月の店長会議でした 各店の取り組みで、「へぇ~、そうなってるんや!」とか「すごいねぇ~」

記事を読む

たこ梅 分店のお店運営 月一面談です

お店の運営面談では、店長・スタッフさんが自ら気づき、発見して前に進んでいきます

やっぱり、お店の中では、スタッフさんとのコミュニケーション、、、だいじですよね それで、たこ梅では

記事を読む

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

ワクワク系マーケティング実践講座2017に行ってくれたスタッフさんとふりかえり!

ちょうど1年前、たこ梅 分店の上原さん、東店の大西さんが、大阪から新横浜まで連続5回の「ワクワク系マ

記事を読む

和本店長の難しい会話のマトリックス

行動探求する中で、和本店長の「使命」が見えてきました!

学習する組織の構築を加速するテクノロジーのひとつに「行動探求(Action Inquiry)」があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑