*

あまから手帖「100年続いてほしい酒場遺産特集」2017年3月号で、道頓堀 たこ梅本店を取り上げていただきました!

今、発売中の関西の食文化を発信する月刊誌「あまから手帖」2017年3月号は、「100年続いてほしい酒場遺産特集」です
ところで、このブログの正式なタイトルは、長いんですが、、、
創業170年の「関東煮(おでん)と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』が、さらに百年続くための取組み日記
です

真剣に、百年の間にはリーマンショックや新型インフルエンザ、地震など何が起こるかわかりませんが、それでも、お店が、「百年後にある!」ために、今、どうするか!に取り組んでいて、それに関することを中心に毎日ブログを書いています

「あまから手帖」さんが取材にいらっしゃいました

このブログを読まれて、、、なのかどうかは、まったくもって定かじゃありませんが(笑)、先日、あまから手帖の編集者の方が、作家でエッセイストの大竹聡さんとともに、道頓堀のたこ梅本店に取材に見えました

取材と行っても、一お客として、気づいたこと、感じられたことを文章にされたいとのことで、普通に一般のお客さまと同じように、食べ、飲んでいただきました
ちがっているというと、一緒にお見えの編集者の方が、何店か写真を撮られていたことくらい

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号

その時、取材されたのが、今月号、2017年3月号「あまから手帖 ~繋ぎたい昭和の味わい 酒場遺産(レガシー)」特集の中で掲載されています

大竹さんは、この「あまから手帖 ~繋ぎたい昭和の味わい 酒場遺産(レガシー)」の中で、他の酒場にもいらしていますが、たこ梅にどうしても来たい理由(わけ)があったそうです

その理由は、かかれたエッセイの中にありました、、、

入り口のわきに常夜灯のある店先が見えてきた。大きな暖簾がかかっている。ああ、ここかぁ。
開高健が著書『新しい天体』の中で、筆者に二度にわたって言及させた常夜灯がこれなんだナ・・・・・・。私はすでにして軽く感激してしまっている。文士の誰それが行った酒場など訪ねない、みたいなことを偉そうに書いたけれど、この『たこ梅』には一度、来てみたかった。

開高健さんは、そのお爺さまからのお客さまで、先代とも親しかったようです
お家が大阪から東京にひっこされても、年末には、先代が、そういったお客さまを何軒かのひとつとして、関東煮、たこ甘露煮を下げて届けていたようです

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」たこ梅本店(道頓堀)掲載ページ

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」たこ梅本店(道頓堀)掲載ページ

エッセイの続きには、お店が長く続く意味を語って頂いてます

タコの甘露煮の串を見るだけで、ああ、これかぁと思ってしまうミーハーぶりである。サエズリ、コロ、スジと、と、名物の関東煮を頼めば、初めて食す珍しさと、やっとたどり着いたありがたさがこみあげてくる。この僥倖は、この店が一七三年もの長きにわたって味を守ってきたからこそ巡り合えたものだ。
錫のタンポで燗をした白鹿も、開高さんのときのまま。錫の酒器でぐいっとやる。格別、なんてものではない。それと悟られると恥ずかしいからシレっとしていたが、その実、ぶるぶるするほど感激していた。
この店の関東煮のうまさについては、私ごときが今さらあれこれ言わぬ。未経験の読者諸兄姉は、どうぞ、日頃磨いたその舌で存分に味わってください。
気がつけば、夜も更けて、店を出る。
五代続く老舗はイチゲンの私に壁をつくらなかった。むしろ、敷居を低く感じさせた。思い返せば、東京の半世紀酒場を歩いていた時期にも、同じ感懐を持っていた。店が二代、三代と続けば、客も二代、三代と続く。祖父から父へ、そして子へー。はるかな時間の中で、老舗は、異なる時代を生きる人々の仕草を目撃し、息遣いを聞き、いつの時代も鷹揚に客を迎えた。その深い懐に憩うからこそ、老舗の酒はうまい。

読んでいて、先代がいっていたこと、今、私が、百年後にもお店がある!ためにやろう!!と思ったことを代弁いただいているような心持ちになりました

たこ梅の他にも、素敵な酒場が何軒も、あまから手帖3月号の中で紹介されています
お酒が好き!酒場の雰囲気が好き!という方は、ちょっと、本屋を通りかかったら、あまから手帖3月号手にとってページをめくってみて下さいね

きっと、アナタにぴったりの一軒が見つかるにちがいありませんから、、、

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

水菜の関東・おでん

シャキシャキ!ハリハリ!の「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

冬が旨い! 冬になると、がぜん、美味しくなる野菜があります そんな旬の野菜を関東煮(かんとだき/

記事を読む

「男の隠れ家」2017年2月号

「男の隠れ家」2月号に、道頓堀 たこ梅本店が掲載されましたよ!

「自分の時間を大切にする大人たちへ。」向けた雑誌に『男の隠れ家』がっていうのがあります 趣味や時間

記事を読む

上原さんが他のスタッフさんにコーチ役をお願いして作ってきた行動探求シート

10月からスタッフさん同士での行動探求が始まりました!!

スタッフさんが成長、発達していくためには、もちろん、能力やスキルのアップは必要です 同時に、ものの

記事を読む

FM802の西田パーソナリティーと記念撮影 左)西さん、右)岡店長

FM802に岡ちゃん店長&お昼のマドンナふみちゃん登場!!

おそらく、たこ梅 始まって以来!! 少なくとも、私がお店を継いで15年になりますが、初の出来事です

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まったでーーーーー!

野菜っていろんな野菜がありますが、大阪が発祥の野菜もいっぱいあります 今の時期からどんどんでてくる

記事を読む

空豆(そらまめ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

店主の知らない関東煮・おでん!「そら豆」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

関テレ「みんなのニュース ワンダー」

関テレ「みんなのニュース ワンダー」さんが関東煮(かんとだき/おでん)の由来のを調べに取材に来てくれました!

現在、日本で一番古くからやってるおでん屋、関東煮屋の「たこ梅」です わたし、てっちゃんで、五代目に

記事を読む

女心がわかる(らしい)新梅田食道街 たこ梅 北店の「北川」さんです!

新梅田食道街 たこ梅 北店の鍋番は、女心がわかる(らしい)「北川」さんです!(←ホンマかいな?)

人生五十年、下天のうちにくらぶればぁ、、、 といっても、ぜんぜん、女心はわからない てっちゃんです

記事を読む

あまから手帖12月号

「あまから手帖12月号」の『名店買い物帖』で、たこ甘露煮を取り上げていただきました!

大阪の食文化を支え続ける雑誌に「あまから手帖」さんがあります その今月号で、たこ梅のアレを取り上げ

記事を読む

たこ甘露煮と飯蛸の甘露煮

春だけの「飯蛸の甘露煮」を楽しめるのも、あと、わずかになってきました!!

170年以上前、弘化元(1844)年からの名物と言えば、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑