*

「お父さん、懐かしい味でゆっくりして!」父の日のおでんセットこさえました

日本一古い「おでん屋」たこ梅の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

いつも頑張ってるお父さん
何気なく、でも、見守ってくれるお父さん

父の日、そんなお父さんに「ありがとう!」の気持ちを伝えたい

どんな風に、そのお役にたてるだろうか?

たこ梅のスタッフさんは考えてました
そして、昔懐かしい味で、美味しいだけでなく気持ちにもスペースを持ってもらえたら、、、
それでできあがったのが、定番の関東煮(おでん)と鯨のコラボレーションです

父の日の関東煮(おでん)セット 梅

父の日の関東煮(おでん)セット 梅

定番の関東煮(おでん)に、昔懐かしい鯨の味わいをあわせたのが、父の日の関東煮(おでん)セット 「梅」です

鯨すじどて

鯨すじどて

鯨の味わいは3種

鯨すじどてに、酒やビールによく合う鯨ジャーキー

鯨ジャーキー

鯨ジャーキー

そして、素朴な鯨の干し肉です

鯨ほし肉

鯨ほし肉

この梅セットに、やっぱり、お酒は欠かせないよ、、、っていう晩酌好きのお父さんへ、たこ梅特製の徳利と利き猪口を一緒にしました

父の日の関東煮(おでん)セット 竹

父の日の関東煮(おでん)セット 竹

お店でいっぱいやってる気分も味わえそうです

錫の上燗コップと中空の二重構造(左は錫の二合徳利)

錫の上燗コップと中空の二重構造(左は錫の二合徳利)

竹セットには、孫子の代までつかえて、使い込むほどに風合いがのってくる錫の上燗コップを基本の「梅」につけました
中空の魔法瓶構造で燗酒が冷めにくい錫の上燗コップで、ゆっくりと酒との時間を楽しめます

父の日の関東煮・昔懐かしい鯨と関東煮のお取り寄せ

父の日の関東煮・昔懐かしい鯨と関東煮のお取り寄せ

大切なお父さんに、ずっと元気でいてほしい

そんな思いをお取り寄せを通してお届けしていきます

父の日の関東煮(おでん)セット 松・竹・梅 は、お取り寄せサイトからご覧ください
たこ梅のお取り寄せサイトはこちらをクリック

父の日の関東煮(おでん)セット 松・竹・梅 は、合わせて30セット限定
6月19日、20日にお届けしますので、到着日をお選びくださいね
また、ご予約は、6月16日(水)14:00までです

お父さんに、気持ちが伝わる何かを贈りたい!

そう思ったら、われわれの「父の日の関東煮(おでん)セット」も思い出してくださいね

お役に立てれば、幸いです

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

竈門炭治郎くんが見守る「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始めました!

例年ですが、9月も半ばを過ぎると常連さんに「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って言われる関東煮(か

記事を読む

鯨戎さま

ノルウェーから商業捕鯨の鯨の舌を買うだけでなく、鯨食文化を伝え、広めていきます!ところで、鯨戎さまって知ってる?

昨年の12月26日、日本政府は、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して商業捕鯨を開始することを決定しまし

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

モチモチした食感がたまらん!さらにビタミンの宝庫なんだとか、、、「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)始めました!

秋になると出てくるアレ、、、 旨いですよねぇーーーーー もちもちした食感、、、 そして、ビタミ

記事を読む

長須鯨大和煮の缶詰

おでん屋ですが、鯨大和煮の缶詰が売れているらしい!(*゜д゜*)

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです たこ梅は、言うまでもな

記事を読む

キャベツの収穫中

緊急速報!山添村のゴボウ、キャベツ、大根が数量限定で登場です

今年の春、奈良の山添村で自然農法の畑をスタッフさんと始めました 毎月1回は、野菜部のスタッフさんと

記事を読む

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)始まりましたよ!

「そろそろやろ?」「いつから?」って常連さんから催促されるアノ関東煮(かんとだき/おでん)、今年も、

記事を読む

ダンチュー(dancyu)2022年3月号

dancyu 3月号「大阪 汁呑み紀行」で、たこ梅本店が紹介されています

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 2月4日(金)に発売と

記事を読む

産経新聞 2021年1月16日 朝刊「時短より休業 苦渋の飲食店」

コロナでの休業が産経新聞さんの記事になって掲載されたようです

日本一古いおでん屋「たこ梅」の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)です 大阪にも緊急事態

記事を読む

葉を取り除きズイキの部分だけにしていきます

緊急速報!山添村のズイキ、万願寺唐辛子とチンゲンサイが数量限定で登場です

今年の3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回、野菜部のスタッフさんと山添

記事を読む

新ゴボウです

店主の知らない関東煮・おでん!「新ごぼう」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑