*

商品だけじゃない!情報や思いを伝えるメニューに進化しています!!

公開日: お客さま関係性

居酒屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、レストラン、喫茶店、、、どこに入っても、まず、メニューがでてきます
そこには、お酒がいくら、ビールがいくら、天ぷらがいるか、、、って、商品名と価格が載っています
「それが、どうしたん?商品名と価格が載ってるの当たり前やん?」って、声が聞こえてきますが、そう、当然です
たこ梅のお品書き(メニュー)も、ずっと、そうでした

メニューは商品名と価格だけじゃダメ!?

昨日、藤村正宏先生の「モノを売るな!体験を売れ!」というエクスマセミナーに言ったという話をブログにも書きました
その時の話はコチラのブログ記事をご覧下さいね
「情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー」に行って来ました!

このブログ記事では、5年前に、藤村正宏先生のエクスマ塾に私が通ったところからスタートしていることを書いています
「モノ→コト」「スペック→意味」を伝えなさい!と教わりました
「モノを売るな!体験を売れ!」っていうことで、お客さまにモノではなく、価値を伝えることに取り組んで来たんですが、商品名と価格だけのお品書き(メニュー)って、もろに「スペック」を伝えてるだけですよね(笑)
それで、価値を伝えるお品書き(メニュー)への改革に、スタッフさんと一緒に取り組みました

価値を伝えるお品書きが登場!

今年の1月から3月にかけて、藤村正宏先生の一番弟子であるマーケティングコンサルタント松野恵介先生の「『コンテンツ力』を磨き、『発信力』を鍛える 超実践塾」という連続講座に、たこ梅 本店の和田さんと一緒に参加しました
その講座の実践として、たこ梅 本店のお品書き(メニュー)を商品名と価格だけの「スペック」から、情報や価値などの「意味」を伝えるお品書き(メニュー)にかえることに決めました

価値を伝えるお品書き(メニュー)の制作に挑戦

価値を伝えるお品書き(メニュー)の制作に挑戦

そうして、できあがったのが、「たこ梅解体新書」と呼んでいるお品書き(メニュー)です
もちろん、お品書き(メニュー)ですから、商品名と価格は入っていますよ(笑)
ただ、商品のところには、この商品のお客さまにとっていいところ、いいことは何なんだ!ってことが書かれています
それから、たこ梅というお店をやっている想い、たこ梅の歴史なんかも載っけています
お品書き(メニュー)というよりも、読み物チックになってきました
以前のお品書き(メニュー)よりも、たこ梅や商品の『価値』を伝えられるようになっているのではないでしょうか?

価値を伝えるお品書き(メニュー)が全店に広がりつつあります

道頓堀にある たこ梅 本店で始まった価値を伝えるお品書き(メニュー)ですが、このメニューにしてから、お客さまからの商品やお店についての質問が増えたり、お客さまとの会話のネタになっている、、、
そんな風なお客さまとのコミュニケーションツールになっていると、たこ梅 本店のスタッフである和田さんや安藤さんが言ってました

そうしたら、最近、梅田にある姉妹店にも広がってきているんです!
やっぱり、お客さまとのコミュニケーションの重要性をスタッフさんは、みんなわかってる、、、というよりも肌で感じているんでしょうね(^o^)

各店舗の価値を伝えるお品書き(メニュー) 左から)本店、東店、北店

各店舗の価値を伝えるお品書き(メニュー)
左から)本店、東店、北店

今は、本店はもちろんですが、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店では、本店のお品書き(メニュー)をベースに、自分たちで改良して、独自なお品書き(メニュー)をつくっています
また、JR大阪駅の高架下 新梅田食道街にある たこ梅 北店も、本店のものをベースにつくっていて、今日明日にも印刷すればお店で使える状態です
きっと、今度の連休明けあたりから、たこ梅 北店のカウンターには、価値を伝えるための新しいお品書き(メニュー)が並んでいると思いますよ!
もう一店舗の たこ梅 分店も、ほぼ、できていて、11月中には、お店でつかわれていることと思います

ところで、この画像にある たこ梅 本店のお品書き(メニュー)は、この春に登場して、すでに三代目です
よりわかりやすくするために、ページ立てや構成をかえてみたり、めくりやすいように、読み物(?)ページにはタブをつけてみたり、、、
そうなんです!
この「価値を伝えるメニュー」って、常に進化するんです
ホワイティうめだの たこ梅 東店のお品書き(メニュー)も、すでに二代目です
よりお客さまに価値が伝わりやすいように、いつも、スタッフさんが現場で気にかけてくれているから改良されるんですね
これからも、もっともっと、お客さまに価値が伝わるお品書き(メニュー)を極めていきたい!って思います
スタッフさんと一緒に頑張って、ますます、価値を伝えるお品書き(メニュー)を進化させていきますよ!!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

「味なメニュー」(平松洋子著)と丸眞正宗

お客さまからいただいたお土産のお酒に込められた気持ちと思いに感謝です!!

先週末、2月20日の土曜日に、大人の遠足第2弾「ホンマに旨い『酒』を知り隊」ということで、兵庫県の西

記事を読む

「うわぁ~!どうなってんのぉ~!!」 生ビール講習会は、新鮮な驚きと発見がいっぱい!

大人の遠足!「ホンマに旨い『生』を知り隊」~お客さまとのビール工場見学は楽しい時間でした~

もう10年以上になりますが、毎年、たこ梅では、アサヒビールの生ビールインストラクターさんに講習を受け

記事を読む

一緒に大人の遠足in2016のアイデア出しをするアサヒビールの中井さん

アサヒビールの営業さんと、「大人の遠足in2016夏」のアイデア出しです!まだ、ラフですけどね!(^o^)v

昨年の8月、約40名のお客さまと一緒に、アサヒビールさんの吹田工場へ、ビール工場見学&生ビール講習で

記事を読む

ニューズレター「たこ梅通信10月号」の発送準備やってます

ニューズレター「たこ梅通信 10月号」の発送準備やってます!

今では、年に4回、3ヶ月ごとにお客さまにお届けしているものがあります それが、ニューズレター「たこ

記事を読む

佐藤先生のアドバイスを受ける本店スタッフさん

「ランチェスター1位づくり戦略 繁盛店の法則」研修を全社員さんと受講です

先週、全店を休業して、全社員さんと研修を受けていました もう、10名以上の社員さんがランチェスター

記事を読む

たこ梅のLINE@の管理画面です

『LINE@』はじめます!!(よー、わかってないけど、、、^^;;;)

LINEって、すごい普及してるんですよね わたし、LINEあるのは知ってます!! でも、普段、つ

記事を読む

ドラッカーと論語(安冨歩 著)

「ドラッカーと論語」(安冨歩 著)を読んで気づいた、経営する上で大切なこと

昨年の年末頃に読んでいて、この数年で私にとって一番面白いって思ったのが、「複雑さを生きる~やわらかな

記事を読む

わ組、も組バッジです!!

な、なんだ?このバッジは??わ組、も組って何なんだ???

事務所にいっぱいバッジが届きましたぁーーーーー!! ちょっと、かわったバッジが、、、 わ組、

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 北店の「春の甲子園クイズ」お知らせ

春の甲子園クイズ!新梅田食道街 たこ梅 北店で、まもなく開幕です!!

新梅田食道街にある たこ梅北店で、この時期、名物になってしまった感のあるイベントがあります!

記事を読む

金の巾着ふくろ、銀の巾着ふくろ

店主の知らない関東煮・おでん!どころか、お金を出しても買えない関東煮(かんとだき/おでん)があった、、、

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑