*

ホワイティうめだ たこ梅東店のナミちゃん、鍋番がんばってます!!

飲食というと、職人さん、板場さん、、、
なんか、男の職場!!っていうイメージも強いかも!!

特に、私も含めて、年配になってくると、、、^^;;

ただ、男性も女性も、それができるかどうか、、、は、その人のやる気、できるまでやり続ける!気持ちにかかってるんじゃないかって、私は思ってます

数年前まで、関東煮(かんとだき/おでん)の鍋番というと、男の人、それも、正社員さんばっかりでした

でも、今は、女性の鍋番さんもいらっしゃいます

たかばっち(髙羽さん)が鍋番に立ってます

たかばっち(髙羽さん)が鍋番に立ってます

新梅田食道街 たこ梅 北店の たかばっち(髙羽さん)とかね!!

ちなみに、たかばっちは、たこ梅の正社員さんなんですが、正社員さんだから鍋番ができる!わけでもないと思いますし、パートさんだからできない、、、って意味不明って思います
以前は、女性にさせなかった、、、パートスタッフさんにさせなかった、、、だけだと思います

いまは、何人ものパートスタッフさん、女性スタッフさんも、鍋番として立つべくトレーニングを重ねています
もちろん、お客さまにお出しするものですから、ベテランが味やたきぐあいをチェックしながらね!!

先日も、ホワイティうめだ(地下街)の たこ梅 東店に行くと、この人が、鍋の前に立っていました!!

鍋番をがんばるナミちゃん

鍋番をがんばるナミちゃん

パートスタッフのナミちゃんです

開店したばかりの時間で、お客さまが、まばらな時間に鍋番に立っています
この時間なら、気持ち的にも余裕を持って鍋番をしやすいですからね

もちろん、ベテランの大西さんと多比羅さんが、ひかえていて、味や鍋の様子を見ながら、ナミちゃんに鍋番をやってもらっていました

もともと、ナミちゃん、調理をやっていたので、鍋番や関東煮(かんとだき/おでん)の味付けを覚えるのも早そう!!

こうやって、ひとりずつ、パートスタッフさんも、鍋番としてデビューし、さらに、ベテランとなっていきます!

ナミちゃん、がんばってね!
応援してまーーーーーーす!!

お客さまも、ナミちゃんが、関東煮鍋の前にたってたら、ぜひ、「がんばりな!」とかって、応援の声をかけてあげて下さいね
周りの人から応援される!見守られる!!って心強いし、嬉しいものですから (^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

鯨の「スジ肉」の関東煮(かんとだき/おでん)があるんですよ!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年171周年に突入

記事を読む

茹で上がった聖護院大根を流水でさらしています

色白の聖護院大根が、だんだん、美味しく飴色に染まっていきます

12月から2月下旬くらいまで、煮(た)くとメッチャうまい大根があります いま、たこ梅の関東煮鍋にも

記事を読む

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

毎年も1ヶ月たらずで売切れ!「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)始めました!

今年も、いよいよ始まりました!! 毎年、1ヶ月たらずで売り切れてしまうアレが、、、 さえずり®、

記事を読む

あきない実践道場で発表する たこ梅 東店の多比羅さん

「あきない実践道場」最終講で、たこ梅のスタッフさんが実践したことを発表です!

3ヶ月にわたる「あきない実践道場」は、まさに「実践」で鍛えられます! ランチェスター戦略をベースと

記事を読む

「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

もっちりモチモチでたまらん!「銀杏(ぎんなん)」の関東煮(かんとだき/おでん)が始めます

気づいたら10月、、、早い 特に今年は、8,9月と休業だったせいもありますね さて、秋に

記事を読む

リーダーの影響力と組織の関係

組織の発達とリーダーの影響力

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 組織をupdateする対話

記事を読む

季節の関東煮(おでん)「四方竹」がお取り寄せできます

今だけの「四方竹」関東煮(おでん)、お取り寄せもできます!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 日本では、四季があり、

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏限定の関東煮(かんとだき/おでん)「しろ菜」始まりました!!

あのーーー、「しろ菜」っていう葉もの野菜、きいたことあります? 漢字で書くと、「白菜」です でも

記事を読む

新しくなったAndroidタブレットを操作中

新型Androidタブレットの配布が、スタッフさんに行き渡ります!

2008年のリーマンショックを機に、スタッフさんが自律的に考えて行動する学習する組織を目指すことにし

記事を読む

前保さんの勤続20年表彰 左から)てっちゃん、前保さん、和本店長

たこ梅で、勤続20年、前保さん、ありがとうございます!!

昨日は、たこ梅の本店(道頓堀)、北店(新梅田食道街)、分店(新梅田食道街)の仕事納めの日でした (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑