*

大事なお客さまへのお手紙(ニューズレター)の発送準備が佳境です!!

公開日: 感謝企画, お客さま関係性

たこ梅の大事なお客さまに、3ヶ月ごとに、近況や出来事、季節の関東煮(かんとだき/おでん)、ちょっとお得な情報などを、お手紙(ニューズレター)にしてお届けしています

お手紙(ニューズレター)を封筒詰め

お店においでになったお客さまで、たこ梅のことをもっと知りたい!毎月かわる季節の関東煮(かんとだき/おでん)の情報がほしい!なんていうお客さまに、お名前やご住所をいただいて、年4回、お手紙(ニューズレター)をお届けしています
ちなみに、このお手紙(ニューズレター)が欲しい!ってかたは、たこ梅のお店で入会用紙にお名前や住所などを記入して、店員さんに渡して下さいね
入会、、、っていっても、入会金も会費もありませんけど、、、(笑)

お手紙(ニューズレター)の封筒詰め作業です

お手紙(ニューズレター)の封筒詰め作業です

おかげさまで、ご入会(入会金も会費もありませんよ)くださるお客さまがどんどん増えて、封筒詰め作業がおっつかなくなってきています
それで、早めに準備して、写真のように封筒詰めしているわけです

封筒詰めがおわったお手紙(ニューズレター)

封筒詰めがおわったお手紙(ニューズレター)

詰め終わった封筒は、段ボールにいれて、積み上げていきます
そして、郵便局さんにお渡しして、たこ梅の大切なお客さまに配達していただきます

縁起のいい初夢が見られる七福神宝船図を入れています

毎回、月末に届くようにしていますが、新年号だけは、年末よりちょっと数日早めに届くようにしています
というのも、この新年号には、縁起のいい初夢、すてきな初夢がみられるように、たこ梅の面々が登場する、特製の七福神宝船図を入れています

たこ梅の面々が登場する七福神の宝船図です

たこ梅の面々が登場する七福神の宝船図です

室町時代のころより、七福神の乗った宝船の絵に

「長き夜の 遠の眠りの皆目覚め 波乗り船の 音のよきかな」
(なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな)

という回文の歌を書き入れたものを枕の下に敷いて眠ると良い初夢が見られるとされています
初夢なので、元日から二日(地域によっては二日から三日)にかけての夜に、この「七福神宝船図」を枕に敷いておやすみいただきたい!

ただ、年末年始は、旅行に行かれる方も多いでしょうし、お届け先が会社の方は、仕事納めまでに届いていないと枕に敷けない!
それで、いつもの号よりも、早めに発送してお届けするため、準備も早め早めにやっているわけです
会社には12月28日頃、ご自宅には29日か、30日くらいには届くように、封筒詰め作業、がんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

お客さまに事前にキチンと知らせる張り紙

お店の常識・ルールをお客さまに事前に伝えておくとクレームにならない!と思うんですが、、、

熱心に商売をしているお店や一所懸命にやってるスタッフさんほど、お客さまから、クレームをもらったり、逆

記事を読む

「敷居高くないですよ!」部分を拡大です

「道頓堀の たこ梅 本店って、敷居が高いよね、、、」って言われますが、そんなことはないんですよ!(^o^)v

道頓堀にある「たこ梅 本店」では、お客さまに、ちょくちょく言われることがあります それは、、、

記事を読む

たこ梅のLINE@の管理画面です

『LINE@』はじめます!!(よー、わかってないけど、、、^^;;;)

LINEって、すごい普及してるんですよね わたし、LINEあるのは知ってます!! でも、普段、つ

記事を読む

ニューズレター「たこ梅通信4月号」の印刷がととのいました

お客さまへのお手紙「たこ梅通信4月号」の発送準備に大忙しです!!

はやいもので、3月も、あと数日ですね!! お店の仕事はもちろんなんですが、3月末は、お客さまへのお

記事を読む

別のスタッフさんとも盲点を話し合います

顧客進化の盲点をスタッフさんと順番にシェアしていきます!

この前、エライことに気づきました、、、 たこ梅で取り組んでいる顧客進化の仕組み、どえらい盲点があっ

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影 左から、和田さん、小阪先生、てっちゃん

小阪裕司先生のワクワク系マーケティング1dayセミナーに、スタッフさんと行ってきました!

この6月から、道頓堀にある たこ梅 本店の店長になってくれた和田店長といっしょに、小阪裕司先生のワク

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

6連コンボが7連コンボに!進化?

6連コンボ?で、お客さんを店まで案内?が、7連コンボに進化!?

この前、このブログで紹介した、新梅田食道街にある たこ梅分店で、店の目の前を通るお客さまに、立ち止ま

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

てっちゃんの似顔絵ストラップ

たこ梅FUN倶楽部員さんから、手作りの似顔絵ストラップをいただきました!

たこ梅のお店のお客さまには、いろいろ器用な方やいろんな趣味を持った方がいらっしゃいます あるべ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑