*

お客さまデータベース「大福帳」活用のため、全店舗のiPad miniをiPad mini4に入れ替えます!

昨日のブログで、土曜日(2月4日)に、NAS(Network Attached Storage)を約10年ぶりに入れ替えたことを書きました
そのブログ記事はコチラです!
→ 約10年活躍してくれたNAS(Network Attached Storage)が故障!入れ替えしました!!

このNAS(Network Attached Storage)の入れ替えは、データのコピーとか数時間単位で待ち時間が発生します
それで、その間に、こんなことをやってました!

お客さまデータベース「大福帳」

たこ梅FUN倶楽部の部員さまなど、お客さまのことを「大福帳」と呼んでいるお客さまデータベースにいれています
この「大福帳」、数年ぶりに昨年の秋、ワクワク系マーケティングを提唱される小阪裕司先生が開発された「顧客の旅デザインマップ」に沿った考え方でリニューアルしました

「顧客の旅デザインマップ」というお客さまのステージを配置して、喜んで頂く仕組みを構築していくツールがありますが、そこでは、新規客の地、リピーターの地、絆顧客(ファン)の地、応援者(サポーター)の地があります

注)顧客の旅デザインマップを開発されたワクワク系マーケティングの小阪裕司先生は、リピーター、絆顧客、応援者という言葉を使用されていますが、たこ梅では過去からの経緯で、リピーター、ファン、サポーターという言葉を使用しています

たこ梅の顧客データベース「大福帳」

たこ梅の顧客データベース「大福帳」

以前のデータベースでは、単に、来店回数で「1回目」「2回目」「3回以上」くらいに分けているだけでした
新しくなった「大福帳」では、「顧客の旅デザインマップ」に準じて、「新規客」「リピーター」「ファン(絆顧客)」「サポーター(応援者)」の分類などが加えられています

また、現場(お店)のスタッフさんが、来店されたときに、簡単に入力できるようなボタンも、スタッフさんの意見を聞いて装備しています

お店のiPad mini を iPad mini4 へバージョンアップです!

従来の「大福帳」の運用方法

お客さまデータベースは、ファイルメーカーで運用しています
事務所にデータベースの本体があって、変更や修正データは、紙ベースかメールで事務所に送っていました
それかを事務所のパソコンで反映し、出来上がったデータベースのコピーをお店に送ります
お店では、iPad miniで「閲覧」だけで活用してたんです
各店で、それぞれ変更や修正をしたら、似て非なるデータベースが店ごとにできて、収拾がつかなくなるから、、、

ただ、これでは、どうしても数日のタイムラグが発生します

新しい「大福帳」の運用方法と課題

それで、今回のリニューアルで「大福帳」をクラウド上で運用して、各店からリアルタイムに修正も、閲覧もできるようにしたんですするとひとつ問題が、、、

クラウド上からデータをダウンロードして、iPad miniで閲覧しようとすると、その検索やソーティングに、iPad miniでは、2分ちかくかかることも、、、
実際、「スグにみたい!」って時に、1分、2分って待てませんよね!

お店用の新しい iPad mini4

お店用の新しい iPad mini4(左が大福帳のトップ画面です)

課題解決のため iPad mini を iPad mini4 に入れ替えて高速化

それで、「iPad miniを速度の速いのに入れ替えたらどうだろう?」と思って、iPad miniよりずっと高速な iPad mini4を購入し、一店舗でテスト運用してみたんです
そしたら、使い勝手はグッ!と上がりました

その時は、新品の iPad mini4 をそのまま、お店に送って設定もしてもらったんです
詳しいスタッフさんがいたもので、、、
弊害としては、設定に結構手間取る!って意見も出てきました

それで、こう決めました!
全店舗分のiPad mini4を購入し、事務所(つまり私)が必要な設定やアプリのインストールをしておいて、スグ使える状態で各店に渡す!!って、、、

ちょうど、NAS(Network Attached Storage)の本体入れ替えで、数時間単位の待ち時間が発生するため、この時間を活用して、3店舗分の iPad mini4 の設定を行いました

「大福帳」の設定はもちろん、必要なアプリのインストールと設定もバッチリです!
これを今日(2月6日)、各店に届けてきます!!

これで、大福帳の活用も、きっと、さらに進化します!!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

時給も仕事内容も何もない求人看板

仕事内容も、時給も、時間もなにもない?求人広告看板登場しました、、、

いま、正社員さん、お昼のホールさん、夕方からのホールさん、お昼の仕込みさんなど、募集が、花盛り!?で

記事を読む

たこ梅 東店の店長・スタッフ面談

今、取り組んでいる顧客進化を促す仕組みの『盲点』を発見、、、ガビーーン!!

先週、小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」を受け手、一日、勉強していました!

記事を読む

二人の上原(左 新人の上原勇二さん、右 分店の上原進一郎さん)

新人の上原勇二さんに入社のオリエンテーションです!

昨年、たこ梅の正社員求人に応募してくれたのが、上原勇二さん、1次面接、2次面接、体験入店を経て、先日

記事を読む

さぁ、再開ですよ!

今日から、営業再開です!!1ヶ月半ぶりに、、、

コロナで緊急事態宣言が4月8日にでました たこ梅も、安倍首相が緊急事態宣言を決めた!というニュース

記事を読む

2019年1月12日 朝日新聞朝刊「be」の「サザエさんをさがして」にたこ梅が載ってます

朝日新聞に「サザエさん」の関係で、たこ梅が載ってます!でも、サザエさんとたこ梅の関係って???

もう、170年以上、お店をやっていて、今では、たこ梅は、日本で一番古いおでん屋(関東煮屋)となってい

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「いかだ」

店主の知らない関東煮・おでん「いかだ」が、、、って冒険するわけじゃありませんよ!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

酒の肴「カキ酢」

季節の酒の肴「かき酢」やってます

こんにちは 日本一古いおでん屋『たこ梅』の雑用係 兼 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)です

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

たこ梅 本店の関東煮(かんとだき/おでん)の鍋

今日、2月22日は、「ふーふーふー」で『おでんの日』です!

今日は、全国的に2018年2月22日(木)です 全国的にっていわなくても、2月22日ですよね

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店のスタッフさんの自己紹介シートです

スタッフさん新しい自己紹介シートが、道頓堀の たこ梅本店に登場!!

道頓堀にある たこ梅 本店、、、 トイレに行くと、スタッフさんたちが自分で書いた自己紹介シートが貼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑