*

期間限定で「ゆず酎」が登場!あ、新梅田食道街の たこ梅 北店だけね!

昔は、たこ梅といえば、おじさん、、、ってよく言われましたし、まぁ、そうですね
当たってます!(笑)
お客さまのほとんどは、会社員さんや経営者、作家、音楽家、絵描きさん、、いろいろいらっしゃいましたが、ほとんど、おじさんでした
ただ、最近は、20代、30代の若いお客さまも増えてますし、昭和の頃と違うのが、女性のお客さまが増えました
男は、なかなか、女性の心はわかりませんが、うちのスタッフにわかる人がいるんです

私、女性の気持ちがわかります!

私、女性の気持ちがわかります!っていうスタッフさんがいます
それは、、、
新梅田食道街にある たこ梅 北店の前保さんと髙羽さんです
あ、この二人、女性なんです、、、^^;;;
だから、この前も
「たこ梅って、女性からすると入ってみたいけど、おじさん多そう!常連さんの店!な感じで入りにくい、、、
でも、ホントは、そんなことないよ!」
っていうのを女性の気持ちと目線で伝える店頭看板を書いてくれました
これは、また、別の機会に紹介しますね!

こんな飲み物も欲しかった!

たこ梅の飲み物といえば、お酒、ビール、焼酎に酎ハイ!
あと、ソフトドリンクで烏龍茶、サイダーです
もちろん、女性もお酒もビール好きだけど、こんなものあるといいなぁ、、、
ってことで、探してきてくれたのがコレです

「ゆず酎」を期間限定で始めます

「ゆず酎」を期間限定で始めます

ゆずの風味がさわやかで、飲みやすいお酒です
ロックはもちろん、ソーダ割も美味しい!!
って言ってたのは、前保さんと髙羽さんです
二人は、いろいろ、あくまで仕事で、いろいろ試飲したそうですから、間違いない!!
(ほんまに、仕事やったんやろか、、、^^;;;)

このユズ酎は、明日(11/16)から、来年、2月末までの期間限定で、新梅田食道街の たこ梅 北店のみで登場です
お店に行ったら、前保さんか髙羽さん(ふたりとも名札つけてるのでスグわかりますよ)に、「ユズのお酒ちょーだい!」って言ってあげてね!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「ふぐ天」

店主の知らない関東煮・おでん「ふぐ天」

最近、特にないなぁ、、、 もう、大丈夫かな?  、、、って安心してたら、、、 や、やられまし

記事を読む

分店でも隊員さん同士が仲良く飲んではります

ビール工場見学が終わって、店に戻ってみると、、、

8月27日(土)に、お客さまと一緒にビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました

記事を読む

エッグベネディクト風?の新作関東煮(かんとだき/おでん)を割ってみました

「エッグベネディクト」風の関東煮(かんとだき/おでん)が、こっそり生まれたようです

てっちゃん、創業弘化元(1844)年の日本一古いおでん屋『たこ梅』の五代目店主をやってます (ちな

記事を読む

「酒蔵探訪2019」のお知らせ

3月開催「酒蔵探訪2019」の募集がスタートです!早めに応募してね!

数年前から、2月、3月という厳寒期に、西宮にある白鹿さんへ、たこ梅FUN倶楽部の部員さん(←お客さま

記事を読む

酒蔵見学2019の打合せ?

酒蔵見学2019の打合せ?なのか???

この前、喫茶店で、新梅田食道街の深澤さんの昇格者面談をやってました 2級への昇格者面談で合格

記事を読む

8月のビール工場見学の打ち合わせ

アサヒビールさんと大人の遠足「ビール工場見学」の打ち合わせやってます!

昨年の8月、たこ梅のお客さまと一緒に、大阪の吹田にあるアサヒビール工場の見学に行きました って、ふ

記事を読む

700g弱のタブレット型PCと たこ梅 北店の大西さん

700グラム足らずの軽量Windows10タブレット型PCは、たこ梅 北店の大西さんの元へ!!

10日ほど前、このブログで、買ったんです!と紹介しのが、700グラム足らずの軽量Windows10タ

記事を読む

白馬村の地酒「大雪渓」「小谷錦」

白馬村での研修旅行で買った酒「大雪渓」「小谷錦」がお店に登場!!

先週、2泊3日で、長野県白馬村にあるホテル五龍館さんへ、スタッフさんたちと一緒に研修旅行でした!

記事を読む

和歌山県の仲谷さんのトマト イチゴ並の糖度です

関東煮屋・おでん屋ですが、トマトも旨いです!だって、イチゴ並の糖度ですから、、、

関東煮屋(おでん屋)、おでん屋なのに、トマトが旨い!? いや、ホントです! 「あーー、一時流

記事を読む

日替わり「おまか!」のPOP

POPは売るためじゃない!価値をわかってもらうためにある!!価値を伝えたら注文が0件→15件に!

新梅田食道街というところに、たこ梅北店があります このお店も、もちろん、たこ甘露煮と関東煮(かんと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑