*

お客さまの声って気づきがいっぱい!まるで、「宝もの」ですね!!

お店、会社って、お客さまを集めたい!いっぱり売りたい!!って考えてますよね
(まぁ、中には、社会貢献で採算なんていいんだよ!ってとこもあるとは思いますが、、、)
たこ梅も、お客さまに喜んでいただいて、その対価として、しっかり稼がせていただきたい!と思っています

それで、うちに限らず、広告や販促物で「どういったら来てくれるかなぁ~」「どんなキャッチつけたら、売れるやろか?」とかばっかり考えてるかもしれません

たこ梅の場合、最近、そういうのメッチャ気軽にやることにしてます
どうしてるかって?
それは、、、

お客さまの声を大事にする!

端的に言うと、「お客さまの中に答えはある」って感じです
たとえば、この看板です

東京からの出張のお客さまの声を看板にしました! 「大阪のおでんはホントにうまいなぁ」

東京からの出張のお客さまの声を看板にしました!
「大阪のおでんはホントにうまいなぁ」

東京からの出張で大阪にお見えになったビジネスマンが、こう言わはったんです

「大阪のおでんは、ホントにうまいなぁ~
東京のおでん、あっさりしすぎてものたりない、、、
やっぱり、味がしっかりしみてるおでんがうまいわ!」

それを耳にした たこ梅のスタッフさんが、そのまんま、お店の前の看板に仕上げてくれました
これは、JR大阪駅高架下の新梅田食道街にある たこ梅 分店の看板です

梅田という土地柄もあって出張でこのあたりを通る方も多い!
それで、「みんな」に来てほしいではなく、関東からの出張の方をターゲットにして、「おでんは、味がしみてるのが旨いよね!」っていうことを実感のあるコトバで伝えて、ちょっと暖簾をくぐってみませんか?と入店行動を促しています

営業中こそヒアリングのチャンス!

ここまでの話だけ読むと、たまたま、東京からの出張のビジネスマンが話していたことを偶然に聞いて看板に書くことが出来た!
ラッキー!!に聞こえるかもしれません

ただ、実際は、そうじゃないんです
仮に、お客さまがこういう話をしていても、「そりゃ、そうだよね!大阪の方が旨いに決まってるわ!!」で終わりなお店、スタッフさんも多いんじゃないでしょうか?

運良く耳にしたら、それをどうやって、だれにどのようにつたえるか?そして、どうしてもらうのか?を考えて看板やPOP、メルマガ、FB、ブログに書く
それで初めて、選ばれる可能性が高まると思うのです

そういう店員さん、スタッフさんが、100人中何人くらいいるでしょうか?
そう思うと、うちのスタッフさんに感謝するとともに、嬉しいし、誇らしく思います

さらに、実際にやってるのは、東京からのお客さまとわかると、たとえば「なんで、わざわざ、うちの店、選んでくれはったんですか?」って、普通の会話として『ヒアリング』していきます
それを覚えておいたり、サッとメモして、看板やPOP、ブログなどに生かすスタッフさんも、徐々にですが増えてきています

そして、ヒアリングしてると実感しますが、お客さまの声って気づきがいっぱい!まるで、「宝もの」って思います

そういう積み重ねで、今回のような看板も誕生してくるようになりました
うちのスタッフさんが、もっともっと、お客さまに興味を持って、楽しく働きながら、お客さまにも喜んでいただいて、選ばれるようになる!
そのためのサポート、応援、お手伝いをしていくのが私の仕事と(勝手に)思ってるので、これからも、楽しくがんばります!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

大手スーパーのオーガニックの棚

大手スーパーのオーガニック商品棚縮小で気づいた「思い込み」「意識・無意識の前提」

1年くらい前にできた大手スーパーのショッピングモールに、奥さんのお供で買い物にいきました そこで気

記事を読む

「部員の部員による部員のためのTシャツを作る会」の参加受付は今日中です!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 緊急事態宣言が再度の延

記事を読む

五龍館さんを出発する前に、みんなで記念撮影!

長野県白馬村のリピーター率60%を超える五龍館さんへ2泊3日で研修旅行!

たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)は、ほとんどが自家製です その仕込みをしている仕込み場を大幅に

記事を読む

いい初夢がみられる宝船図をプレゼントです

いい初夢が見られる七福神の宝船図!を今日からお店でプレゼントです!!たこ梅の面々が登場してますよ

あと4日で、新しい年ですね! 新年は、いい年にしたい!!って誰しも思うもの、、、 そのために、い

記事を読む

名物「たこ甘露煮」

お取り寄せに同梱するカード用に、今回は、たこ甘露煮を描いてみました

うちの店、絵やイラストの上手いスタッフさんが何人もいらっしゃいます ですので、そういうスタッフ

記事を読む

冬の部活「酒蔵見学」の最終打合せ

冬の部活「ホンマに旨い酒捜査班」の最終打合せ完了!あとは捜査を待つのみ!!

先月、えべっさんの残り福の日(1月11日)、西宮の白鹿さんへうかがって、醸造の研究部門の方も交え、冬

記事を読む

「たこ梅FUN倶楽部通信2021年4月号」を校正中

「たこ梅FUN倶楽部通信4月号」が、出来上がりに近づきました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです お店でお名前やご住所を

記事を読む

ウインナーにチーズ、芽キャベツ、トマト、クレソンをトッピングのドイツ風(?)関東煮

季節もの、ドイツ風?、、、気まぐれ関東煮(おでん)の嵐が吹き荒れています(@ ̄□ ̄@;)!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)です もう、18

記事を読む

「たこ梅FUN倶楽部通信10月号」の原稿を書き上げました

「たこ梅FUN倶楽部通信10月号」を深夜までかかってギリギリ書き上げました!

昨日のブログで、「ヤバイ!」と行っていた たこ梅FUN倶楽部員さんへお届けするニューズレター最新号「

記事を読む

お客さまに事前にキチンと知らせる張り紙

お店の常識・ルールをお客さまに事前に伝えておくとクレームにならない!と思うんですが、、、

熱心に商売をしているお店や一所懸命にやってるスタッフさんほど、お客さまから、クレームをもらったり、逆

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑