*

「ありがとう!元気でいてね!!」を伝える『敬老の日』

こんにちは
来週、9月21日(月)は『敬老の日』ですね

おじいちゃん、おばあちゃん、恩師、お世話になった先輩や先達には、いつも、感謝の気持ちがどこかにあるものです

とはいえ、私もそうですが、普段は、なかなか、その気持ちを言葉にして伝えることはありません

敬老の日は、そういう気持ちを素直に伝えていい日、、、というか、伝える機会なのだと思います

われわれも、そういうお手伝いができたら、、、と思っています

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)や たこ甘露煮、お酒が美味しく楽しめる錫の上燗コップなど、

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

大阪の昔ながらの味わいを贈ることで喜んでもらえるお手伝いができると思います

錫の上燗コップ(左は錫の二合タンポ)

錫の上燗コップ(左は錫の二合タンポ)

おじいちゃん、おばあちゃんに昔懐かしい大阪の味を楽しんでもらう
昔を思い出して、さらに元気になってもらう
そういう形で、われわれも敬老の日を応援できるのではないかと思います

お店でのお持ち帰り、お取り寄せの通販があるので、気軽にご活用下さい
たこ梅のお取り寄せ(通販)サイトはコチラです

「敬老の日」のカード

「敬老の日」のカード

暫定六代目の桃侍くん(中1)が絵を描いてくれて、私が言葉を添えたつたないカードですが、ご用意させていただきました
よかったらこちらのカードも添えさせていただきます

ご希望の方は、お店ではスタッフさんに「カード希望」とおっしゃって下さい
また、お取り寄せ(通販)ではネット注文時に表示される「通信欄」に「カード希望」とお書き下さい

ぜひ、あなたの「ありがとう!ずっと元気でいてね!!」の気持ちを贈るお手伝いをさせて下さい

われわれは、全力で協力させていただきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たき上がった「たこ甘露煮」

「たこ甘露煮」を大釜でたいてるとこ、動画で撮ってみました!

170年以上前、弘化元年(1844年)からの名物に、真蛸をやわらかーく、そして、甘辛くたいた「たこ甘

記事を読む

関テレ「よ~い!ドン」月~金 午前9:50~11:15放送

1月7日、関テレさんの「よ~いドン!」に本店と和田店長が登場!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです この前、道頓堀 たこ梅

記事を読む

茹であがった「わらび」です

店主の知らない関東煮・おでん!「蕨(わらび)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

170年前も、今日も、「たこ甘露煮」をたいています!

今日も、「たこ甘露煮」をたいていました 創業の弘化元(1844)年から、毎日、毎日、ダシ(というか

記事を読む

空豆(そらまめ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

店主の知らない関東煮・おでん!「そら豆」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

MAKUAKE『鯨』クラウドファンディング by たこ梅

9月8日、『鯨』で日本をちょっと元気にするクラウドファンディング始めます

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです コロナで息苦しい今の日本

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

たきあがった「たこ甘露煮」

1月2日は、恒例の「タコの初釜」です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 1月2日は、書き初めな

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけでゴメン、、、ぷちぷち卵たっぷりの「子持ち烏賊(いか)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりました!

いよいよ、始まりました!! お客さまに「そろそろ?」って聞かれてたアノ関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タンポ

錫貯金(?)、始まる!!らしい、、、

金融商品には、「金預金」なるものがあるそうです 「へぇ~、いろんな預金とか貯金とかあるねんなぁ、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑