*

トイレットペーパーを見て思う~トイレットペーパーと恐れとシステム思考~

公開日: つれづれに, システム思考

トイレに入るたびにトイレットペーパーを見る

トイレのトイレットペーパー

トイレのトイレットペーパー

今朝もトイレで、トイレットペーパーを見た
そして、思った、、、

トイレットペーパーの買い占めも合理的行動

コロナウイルス騒動で、まず、スーパーや薬局でマスクが品切れ状態
そのあと、マスクと同じく中国からの輸入が主なので品切れするというデマを信じた人が、殺到してトイレットペーパーを買い占める

空になったトイレットペーパーの棚

空になったトイレットペーパーの棚

デマを信じてトイレットペーパーを買い占めたのは、前提として、「無くなったらどうしよう!早く手に入れないと!!」などの恐れがあり、買いに走る!ことになるのだろうと思います

トイレットペーパーの買い占め行動も、各個人には(限定的ですが)合理的行動だとおもいます

ビールゲーム

数年前、システム思考を学ぶセミナーの中で、ビールゲームをやったことを思い出しました

ビールゲームの概説図

ビールゲームの概説図

ビールゲーム(英語:The Beer Game、 The Beergame またはThe Beer Distribution Game)は、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の教授グループが、サプライチェーン・マネジメントに関する重要ないくつかの原理を実際に見せるために、1960年代に考案したシミュレーションゲームである。ゲームのテーマは、ビールを流通させて市場の顧客の需要に応えることである。ビールはいくつかの組織がつらなるサプライチェーンを通じて供給され、1チームが1つのサプライチェーンとしてプレーする。このサプライチェーンを運営し、受注残や在庫のコストを最小限にすることを目指す。1チームは4人かそれ以上の人数からなり、しばしば激しい競い合いとなる。1時間から1時間半程度で終わる。このゲームは教育や研究の一環として行われることも多く、通常、その後ゲームと同じくらいの時間をかけて経過報告会を行い、それぞれのチームの結果のレビューと反省点を話し合う。このゲームを行うことにより、システムダイナミクスの基本原則や、システム思考の重要性を学習することができる(ウィキペディアより)

ビールゲームを最初にやったとき、うまくやろうとしても、販売店は在庫過多になったり在庫切れになり、それを繰り返します
次に、販売店、工場などが、お互いの情報を交換すると一気に販売がスムーズになることを経験しました
ここから学べることが色々ありますが、そのとき、私は情報を適正に流通して共有するとスムーズにことが運ぶんだなぁ、、、と感じたのを今も鮮明に覚えています

個別には合理的でも全体としては不合理

さて、トイレットペーパーの買い占め行動は、個人個人は、馬鹿でも無く、気が触れたわけでもなく、合理的行動です
ただ、全体としては、不合理極まりない状況を生み出していると思います
正しい情報がうまく流通せず、玉石混淆の情報の中で、個体の危険回避行動としてより恐れを触発する情報に飛びつく
そんなことが起こっているように思います

自分の恐れに気づけるとちょっと余裕ができる

まず、私は、自分が恐れていることに気づけると、「そうか、いま、私は恐れてるんだね(恐れがあるんだね)」と自分の事が理解できます
そうすると、ちょっと、スペースが出来て余裕がうまれる

そのとき、やっと、あるいは、うまくしたら、「あれ?トイレットペーパーがなくなるのは本当なのか?」とか一歩下がって(または2階から)見ることが出来ます
視野が広がり、正しい情報に意識が向いて全体が見えてきます

また、こういう罠にはまったのは、自分に何があるからなのか?ということも「恐れ」をきっかけに見つけることもできていくかもしれません
いわゆるメンタルモデルに気づくことになっていきます

コロナは教えてくれる

コロナウイルス騒動からのトイレットペーパー事件は、トレイに行く度にわたしにいろいろ考えさせてくれました
ひさしぶりに、ビールゲームのことも思い出せたし、、、

コロナウイルスのおかげで、私にとっては不都合なことが日々起こっていますが、それも、自分のメンタルモデルを紐解き、また、本当に起こっている現実(Reality)をそのまま観られるように務めて、短期的と長期的視点の両方でもって向きっていきたいと思っています

いや、コロナウイルスには、いろいろ教えられています
さて、今日も、楽しくがんばりますね!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

カブトムシの幼虫のお引っ越し

日曜日、カブトムシの幼虫さんのお引っ越しをしました!環境を整えないと成長しませんから、、、ムシもヒトもね!!

昨日の日曜日、お引っ越しでした、、、 といっても、うちの家、、、ではなくて、カブトムシの幼虫さんで

記事を読む

「家賃支援給付金どうなっているの?」琉球新報2020年10月18日のネット記事

「家賃支援給付金」あるある!うちも、そんな感じなのです

新型コロナの支援策の一つに経済産業省の「家賃支援給付金」があります 中小企業やNPO法人などを

記事を読む

宅配の「天地無用」シールが気になっています

前から、気になっているものがあります たこ梅って、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を通販(

記事を読む

2升5合で「益々繁盛」なお酒です

2升5合で「益々繁盛」なお酒、いただきました!

昔から、商売繁盛の縁起担ぎがあります 1升マス2つ、5合マス1つに小豆などを入れて積み上げます

記事を読む

チェンジ・エージェント社の江口さんとミーティング

行動探求(Action Inquiry)を起点に人事評価まで、チェンジ・エージェント社の江口さんとミーティング!

東京でNVC(非暴力的コミュニケーション)関連のリーダーシップ研修だったんですが、その合間に、会社と

記事を読む

山添村で見つけた四つ葉のクローバー

山添村で四つ葉のクローバー!!コロナ禍でも、自分の四つ葉のクローバーを見つけましょう!

新型コロナ禍で、毎月、スタッフさんと山添村の自然農法畑に行く「野菜部」活動も中止しました 畑では、

記事を読む

ヤマト運輸を騙る迷惑メール

ヤマト運輸を騙る迷惑メールが届きました!だんだん、巧妙になりますね

仕事で、毎日、e-mailを使います 個人名の仕事用メールアドレスだけでなく、たこ梅のお取り寄せ(

記事を読む

皆既月食中の月

2018年1月31日は、日本では3年ぶりの皆既月食!!

昨日、2018年1月31日は、満月でした そして、日本では3年ぶりの皆既月食、、、 わたし、

記事を読む

近視用メガネのつるが壊れました

立て続けに眼鏡にトラブルです _| ̄|○

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです わたし、普段、眼鏡を2

記事を読む

三宝荒神さんのお社に新しいお札を納めました

荒神さんで授かったお札を各店にお祀りします

毎年のことですが、宝塚の清荒神さんで、各お店と仕込み場にお祀りする札を元日に受けてきます 清

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑