*

カメラのついた新型ポケトーク「POCKETALK S」のテストに入ります

公開日: つれづれに, お客さま関係性

携帯翻訳機といえば、AI翻訳のポケトークが有名ですよね
たこ梅でも、2018年の12月に購入し、本店で活躍しています

ポケトーク POCKETALK

ポケトーク POCKETALK

本店にポケトークがお嫁入りした話はこちら
→ AI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」たこ梅初号機は、道頓堀の本店へ!!

新型ポケトーク「POCKETALK S」登場

そのポケトークに新型が登場です

カメラ機能がついた新型のポケトーク「POCKETALK S」

カメラ機能がついた新型のポケトーク「POCKETALK S」

ポケトークより一回り小型軽量になったのと、カメラ機能がついています

ポケトークの公式サイトを見ると、74カ国語を双方向で翻訳できるそうです

133の国や地域で使えて、それも、eSIM内蔵なので2年間は特別な設定も通信料金もかからずにいけるらしい
もちろん、WiFiでも使用可能
たこ梅の場合、お店以外で使うことはまずないのと、各店にWiFiがあるので2年のeSIMの期限が超えてもWiFiで使用すればOKなので、特に、通信料金はかかりません

POCKETALK S のカメラ機能は?

ところで、ポケトークになんでカメラがついているのか?
というと、例えば、海外の旅行先でメニューや注意書きをポケトークのカメラで撮影
すると、すぐにそれを日本語に翻訳してくれるのだとか、、、

で、ちょっと、試してみました

フォレストガーデンの参考図書

フォレストガーデンの参考図書

少し前に、フォレストガーデンの研究のため購入した洋書を使うことにします

英語の文書をポケトークが翻訳

英語の文書をポケトークが翻訳

記事の一部を撮影してみると、すぐに翻訳してくれました

翻訳文も、直訳的なのは否めませんが、ひどい誤訳もなさそうで、結構つかえるように思います
今回使用した洋書は、どちらかというと科学的な書籍なので、文学的言い回しなどもないため翻訳しやすいというのはあると思います

たこ梅で、このカメラを使った翻訳機能は、こんなときに活用できるのではないかと思っています
それは、英語や中国語、ハングルで注意書きなどをつくるとき、まず、日本語で作成しておいて、これをポケトークSで撮影します
そして、外語に翻訳するのです

実際、お店で使うと、ほかにもいろいろ活用方法が見つかるかもしれません

先代のポケトークはお客さまとのコミュニケーションに活躍していますが、この新型ポケトークSも、お客さまとのコミュニケーションはもちろん、外語の注意書きやお品書き制作などにも活躍してくれると思います
まずは、しばらく、テスト運用してみます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

新梅田食道街 たこ梅 北店の「春の甲子園クイズ」お知らせ

春の甲子園クイズ!新梅田食道街 たこ梅 北店で、まもなく開幕です!!

新梅田食道街にある たこ梅北店で、この時期、名物になってしまった感のあるイベントがあります!

記事を読む

ニューズレターの封筒詰め作業中です

たこ梅FUN倶楽部通信4月号の封筒詰め作業が始まりました!!

3月も気づけば、あと10日たらず、、、 たこ梅の方も、忙しくなってきました!! って、お店じゃな

記事を読む

たこ梅の面々が登場する「七福神宝船図 2020年版」

いい初夢が見られる「七福神宝船図」2020年版をお店で配ってますよ!

もう、1週間足らず、あと5日で新年、お正月を迎えます たこ梅を応援くださるお客さまには、ぜひ、

記事を読む

たこ梅 北店のスタッフさん出勤パネル

ホストクラブではありませんが、店頭にスタッフ出勤パネルがあります!

ホストクラブって、行ったことはないのですが、お店の前を通りすがったことは、何度かあります 「へぇ~

記事を読む

メンバーと自分の「顧客の旅デザインマップ」についてディスカッションする髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践交差2018の第2講は「顧客の旅デザインマップ」!です

5月から、来年1月まで、5回にわたる「ワクワク系マーケティング実践講座2018」に、新梅田食道街 た

記事を読む

商品だけじゃない!情報や思いを伝えるメニューに進化しています!!

居酒屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、レストラン、喫茶店、、、どこに入っても、まず、メニューがで

記事を読む

佐藤先生のアドバイスを受ける本店スタッフさん

「ランチェスター1位づくり戦略 繁盛店の法則」研修を全社員さんと受講です

先週、全店を休業して、全社員さんと研修を受けていました もう、10名以上の社員さんがランチェスター

記事を読む

クマゼミの幼虫の脱皮が始まりました!

家のカーテンでクマゼミの幼虫が脱皮してる、、、

うちの家、いろんな生き物がいます わんこ、イモリ、コオイムシ(水生昆虫)、トンボのヤゴ(先日、すべ

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部への入部登録画面(制作中)

たこ梅FUN倶楽部への入部がオンラインで出来るようになります

経営的に崖っぷちのたこ梅ですが、そんなときだからこそ、よりお客さんとの関係性を大切にしていきたい!と

記事を読む

イモリはここにいます

イモリの赤ちゃん、エラがなくなり子どもに、、、で、溺れます (*゚∀゚)

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです コロナでなく菅政権に殺され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑