*

行動探求(アクション・インクワイアリー)セッションの目的とは?

2年半前からスタッフさんと始めたのが行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションです
毎月1回、やっています

何を、どうやっているのかというと、、、

行動探求(アクション・インクワイアリー)とは

成人発達理論の大家ビル・トルバート博士が開発された「行動探求(Action Inquriy)」というテクノロジーがあります

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

自分にとって不愉快であったり不都合な出来事って、大小を問わずいろいろありますよね
そんな出来事をふりかえり、そこから、自分の中にどういう「枠組み(意識・無意識の前提/メンタルモデル)」があるかを探求していきます

「会話のふりかえりシート」と「難しい会話のマトリックス」シート

「会話のふりかえりシート」と「難しい会話のマトリックス」シート

実際にどうやっているかというと、スタッフさんが不愉快、不都合に感じた出来事について、その状況、様子を会話形式で書き出します
それを「学習経路の6グリッド」(われわれは、単に「難しい会話のマトリックス」と呼んでいます)というフォーマットにしたがって、ふりかえり、探求していきます

われわれが、通常行っているのはここまでです
ただ、ビル・トルバート博士のワークショップで教わった行動探求(アクション・インクワイアリー)では、そのあと、難しい会話のマトリックスできづいた、望ましい結果へ向かう行動をロールプレイングで体験し、さらに探求を深め、そして、実際に現実世界で行動していくというのがあります

11月も行動探求が始まりました

今月も、行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションがスタートしました
現在は、正社員さん、ホールパートスタッフさんが対象となっていて、ひとりずつ、この行動探求(アクション・インクワイアリー)を行っていきます

分店の谷口さんと行動探求

分店の谷口さんと行動探求

この日は、7人のスタッフさんと行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションを行いました
翌日は、5人のスタッフさんと、、、

分店の深澤さんと行動探求

分店の深澤さんと行動探求

実際に何をやっているのかというと、スタッフさんが書いてきた不愉快、不都合な出来事のときの会話のシートをもとに、「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を作成していきます

正社員さんは、パートスタッフさんより半年早くスタートしているのもあって、お互いに行動探求して、「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)まで作成して、これも持ってきてくれます
そして、今一度、一緒に行動探求することで、より深く「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を仕上げていきます

パートスタッフさんは、不愉快、不都合な出来事のときの会話のシートだけを持ってきてもらって、一緒に「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を作成していくのです

分店の中井さんと行動探求

分店の中井さんと行動探求

これをやると何が起こるのか?

ほぼ、全員、毎回、必ず起こるのは、不愉快、不都合な出来事があって、イライラがあったりモヤモヤしていたりしますが、それが「あーー、本当は、そういうことだったのか、、、」と分かって(自己理解できて)スッキリします

さらに、自分のもつ「無意識の前提」(メンタルモデル)がわかり、普段、それが発動するのに気づくようになってきます
そうすると、その「無意識の前提」(メンタルモデル)が働いて、これまで反応的に行動していたのが、例えば、「あ、また発動してる、、、」と気づくことで一息つけたり、場合によっては「ちょっと、待てよ、、、」とその場でふりかえって違う行動、つまり、違う未来を創ることができるようにもなってきます

行動探求(アクション・インクワイアリー)の目的

われわれが、この行動探求(アクション・インクワイアリー)をつづけている目的ですが、これを繰り返すことで、だんだん、自分の中のさまざまな「無意識の前提」(メンタルモデル)~無意識の前提は無数に存在します~に気付き、これを自分で取り扱えるようになってきます
そうすると、別の角度で見ると何が起こっていくのか、、、というと、それが、成人における「発達」です
出来事、さらには、世界の捉え方が変わっていくのです
そして、表面的でなく、その出来事の本質を捉えられるようになります

こうなってくると、例えば、いわゆる仕事で「問題」が起こっても単に問題に反応的に対処するのではなく、「その問題はどこから来ているのか?」「その本質は何なのか?」に意識が向いて、より根本的なところに向き合い、取り組むことができるようになっていきます

これからも、スタッフさんと一緒に、行動探求(アクション・インクワイアリー)に取り組んで行きます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本、18冊目「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えました

アーノルド・ミンデルさんという方が、プロセス指向心理学、プロセスワークというものを創始されました

記事を読む

チームの成長についての対話

「これからのリーダーシップ勉強会~チームの成長を促すためには?~」にスタッフさんと行って来ました!

道頓堀にある たこ梅 本店の和田さん、ホワイティうめだ地下街にある たこ梅 東店の岡店長と、毎月、1

記事を読む

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭につくった自然農法実験畑に、14種類のタネと苗を植えました

記事を読む

写真はNGなので、似顔絵でお願いします!は、たこ梅分店のKさんです

新版「“商い”デザイン」デビュー!スタッフさんへの個別説明もスタートです!!

多くの会社やお店に、経営計画や経営戦略があります それを冊子やブックレットにしているところも多いよ

記事を読む

「はじめてのリーダーのための 実践!フィードバック」を追加で4冊購入して5冊になりました

「はじめてのリーダーのための 実践!フィードバック」(中原淳 著)を各店に届けました!

先週、半期の評価を決める人事評価者会議でした 評価者会議やってます[/caption]

記事を読む

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを受講します

会社やお店の成長を願う経営者は多いでしょうし、同じく、そういう思いの社員さんもたくさんいらっしゃると

記事を読む

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」を授与されました

KAIKA Awards 2018「KAIKA賞」をいただきました!

2月20日、「ちょっと、おいで!」と呼ばれたので東京に行ってました KAIKA Awards 20

記事を読む

行動探求入門セミナー(後編)の最終打合せ中!

行動探求入門セミナー(後編)、前日の最終打合せです!

平成20年のリーマンショックを期に、売上がだだ下がり、、、 これまでの「売上あげたらええねん!」「

記事を読む

たこ梅 東店のパートさんとの面談です

パートのホールスタッフさんとも月1回の面談をスタートしました!!そして、そこで気づいたことは、、、

毎月、10名以上の正社員さんとコーチング、面談をしています もう、2年以上続けていますが、社員さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑