*

行動探求(アクション・インクワイアリー)セッションの目的とは?

2年半前からスタッフさんと始めたのが行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションです
毎月1回、やっています

何を、どうやっているのかというと、、、

行動探求(アクション・インクワイアリー)とは

成人発達理論の大家ビル・トルバート博士が開発された「行動探求(Action Inquriy)」というテクノロジーがあります

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

「行動探求(Action Inquiry)」(ビル・トルバート著)

自分にとって不愉快であったり不都合な出来事って、大小を問わずいろいろありますよね
そんな出来事をふりかえり、そこから、自分の中にどういう「枠組み(意識・無意識の前提/メンタルモデル)」があるかを探求していきます

「会話のふりかえりシート」と「難しい会話のマトリックス」シート

「会話のふりかえりシート」と「難しい会話のマトリックス」シート

実際にどうやっているかというと、スタッフさんが不愉快、不都合に感じた出来事について、その状況、様子を会話形式で書き出します
それを「学習経路の6グリッド」(われわれは、単に「難しい会話のマトリックス」と呼んでいます)というフォーマットにしたがって、ふりかえり、探求していきます

われわれが、通常行っているのはここまでです
ただ、ビル・トルバート博士のワークショップで教わった行動探求(アクション・インクワイアリー)では、そのあと、難しい会話のマトリックスできづいた、望ましい結果へ向かう行動をロールプレイングで体験し、さらに探求を深め、そして、実際に現実世界で行動していくというのがあります

11月も行動探求が始まりました

今月も、行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションがスタートしました
現在は、正社員さん、ホールパートスタッフさんが対象となっていて、ひとりずつ、この行動探求(アクション・インクワイアリー)を行っていきます

分店の谷口さんと行動探求

分店の谷口さんと行動探求

この日は、7人のスタッフさんと行動探求(アクション・インクワイアリー)のセッションを行いました
翌日は、5人のスタッフさんと、、、

分店の深澤さんと行動探求

分店の深澤さんと行動探求

実際に何をやっているのかというと、スタッフさんが書いてきた不愉快、不都合な出来事のときの会話のシートをもとに、「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を作成していきます

正社員さんは、パートスタッフさんより半年早くスタートしているのもあって、お互いに行動探求して、「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)まで作成して、これも持ってきてくれます
そして、今一度、一緒に行動探求することで、より深く「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を仕上げていきます

パートスタッフさんは、不愉快、不都合な出来事のときの会話のシートだけを持ってきてもらって、一緒に「学習経路の6グリッド」(難しい会話のマトリックス)を作成していくのです

分店の中井さんと行動探求

分店の中井さんと行動探求

これをやると何が起こるのか?

ほぼ、全員、毎回、必ず起こるのは、不愉快、不都合な出来事があって、イライラがあったりモヤモヤしていたりしますが、それが「あーー、本当は、そういうことだったのか、、、」と分かって(自己理解できて)スッキリします

さらに、自分のもつ「無意識の前提」(メンタルモデル)がわかり、普段、それが発動するのに気づくようになってきます
そうすると、その「無意識の前提」(メンタルモデル)が働いて、これまで反応的に行動していたのが、例えば、「あ、また発動してる、、、」と気づくことで一息つけたり、場合によっては「ちょっと、待てよ、、、」とその場でふりかえって違う行動、つまり、違う未来を創ることができるようにもなってきます

行動探求(アクション・インクワイアリー)の目的

われわれが、この行動探求(アクション・インクワイアリー)をつづけている目的ですが、これを繰り返すことで、だんだん、自分の中のさまざまな「無意識の前提」(メンタルモデル)~無意識の前提は無数に存在します~に気付き、これを自分で取り扱えるようになってきます
そうすると、別の角度で見ると何が起こっていくのか、、、というと、それが、成人における「発達」です
出来事、さらには、世界の捉え方が変わっていくのです
そして、表面的でなく、その出来事の本質を捉えられるようになります

こうなってくると、例えば、いわゆる仕事で「問題」が起こっても単に問題に反応的に対処するのではなく、「その問題はどこから来ているのか?」「その本質は何なのか?」に意識が向いて、より根本的なところに向き合い、取り組むことができるようになっていきます

これからも、スタッフさんと一緒に、行動探求(アクション・インクワイアリー)に取り組んで行きます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

おでんも出せるようになりました!by高羽さん

お客さまが増える中、よりきめ細かい接客・対応をするため、パートさんを募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

返却した履歴書とお手紙、お食事券

私、、、履歴書返却のお手紙を見て、再度、応募(エントリー)を決めました!

昨年、ハローワークの求人票の書き方を変えて募集したら、ハローワークで約40枚の求人票を印刷し、うちの

記事を読む

2020年度 KAIKAアクション宣言 認定証

KAIKAアクション宣言認定証をいただきました!

昨年の2月、日本能率協会(JMA)さんが主催される KAIKA AwardsのKAIKA賞をいただき

記事を読む

書店に並ぶ マンガでやさしくわかる学習する組織(小田理一郎 著)

「マンガでやさしくわかる学習する組織」(小田理一郎 著)は、学習する組織を歩む会社の社員さんの教科書ですね!

もう、8年目になりますが、リーマンショックから売上が下がり続けたことがきっかけで学習する組織を目指し

記事を読む

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)

「フロー体験 喜びの現象学」(ミハエル・チクセントミハイ 著)と「虫とり」でのフロー体験!

リーマンショックから、売上が下がり続ける、、、という経験をしました 「学習する組織」(ピータ

記事を読む

東店の大西さん、多比羅さんとの面談です

7時間連続面談、、、身体は疲れますが楽しく面白い時間です!

月に1回、1時間ずつ、各店の方向性について面談をしています いろいろ状況が重なって、結果、昼過ぎか

記事を読む

3月の現場会議です

3月の現場会議~成長が垣間見え、行動探求入門セミナーに向けての取り組みも決まりました!~

昨日は、たこ梅の若手スタッフさん中心に毎月1回開催している現場会議の日でした この日は、ひさびさに

記事を読む

チーム・ダーウィン~「学習する組織」だけが生き残る~(熊平美香 著)

「チーム・ダーウィン」(熊平美香 著)を行動探求・行動論理の視点から読んでみようと思います!

月に、1,2冊くらいは本を読んでるように思います で、おもしろかったなぁ、、、興味深かった!参考に

記事を読む

「行動探求」(ビル・トルバート著)と「サーバントであれ」(ロバート・K・グリーンリーフ著)

「行動探求」「サーバントであれ」「老子」「易経」を4冊まとめ買いです!

この前、ちょっと、探している本があるので、本屋さんに行ってきました! ただ、大きめの書店でないとど

記事を読む

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

ティール組織を地で行く ダイアモンドメディア 武井浩三さんの講座に通ってます

不動産テック企業で、社長を投票で決めるとか、給与は全員に公開してみんなで決めるとか、変わった経営でテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑