*

社員さんの評価は、どこに立ってするのか?

おはようございます
昨日は、評価者会議でした
たこ梅では、半年に一度、社員さんの評価を実施しています
基本的には、店長さんが評価をつけますが、つける店長さんによってバラツキが起きないように、集まって、最終評価を決定します
簡単に言うと、だれがつけても同じ評価になるようにするためです

「高い評価をつけてあげたい」という評価者の気持ちって、、、

店長さんのつける評価には、多少なりとも、その人の人となりが反映されます
もちろん、そのようなことに影響されないように、評価の訓練も受けていますけど、、、
たこ梅の店長さんたち、私も含めて、なんとか、高い評価をつけられないだろうか?って思ってしまう傾向が強いようです
そうなると、評価項目を「うまく」解釈したり、社員さんがとった行動や結果から、なんとか、高評価に結びつくものを、ひどいいい方をすると「無理矢理」探すわけです
確かに、高い評価がついてイヤな人はいません
喜ぶかもしれません

ただ、本当に、それでいいのか?
今回の評価者会議では、そんなことについても話をしました

社員さんの評価をつける会議をやっています

社員さんの評価の会議をやっています

もともと、たこ梅の社員さん評価に使っている項目は、すべて、一般の社員さんに集まって、つくってもらった項目です
唯一の縛りは、「高い評価が着くと、お客さまが喜んでリピートしたくなるようになるような項目設定にして欲しい!」ということだけ
そんな風にして、お客さまに一番近い現場の意見から構築しています

どこに立って、評価をおこなうのか!

もうひとつ、たこ梅の評価のシステムをつくるとき大切にしたことは、社員さんが成長につながること!です
そこを思い出して、評価をつけるときのスタンス、立ち位置について考えてみると、、、

社員さんが、1mmでも成長する!という視点に立つ!!
そして、たこ梅では、「そこから、評価する!」ということです
そうすると、どうしても、C評価、D評価をつけなければならない時、この半年間に、DならCかB、BならAになるように指導したり、気づくようにかかわることができたんじゃないか?というところに思いいたります、、、
そう、C評価やD評価となったのは、評価者が、「しっかり見て、かかわらないのが一番の原因である!」
「本当に、もうしわけなかった、、、」そんな評価者である自分の気持ちにも気づきました
一旦、そこの立って評価を伝えていくと、高い評価を取るためには、何をどうすればいいか!を具体的に伝えるようになるし、次の半年間の関わる姿勢がかわります
今、その社員さんが、どの評価段階にいるかに着目し、そこからの上の評価、つまり、「のびしろ」に目が向く!ようになります

私も、私が、直接に評価をつける社員さんがいらっしゃいます
それで、今回、早速、評価を伝えると共に、その理由を説明し、次回の評価までの半年間、月に1回、必ず、評価段階の現状を確認し、どうしていくか一緒に考える時間をとる仕組みを作りました

「どこに立つか!」がかわると、思考も、行動も、大きく変わります
春の評価者会議では、きっと、さらに高評価の社員さんが続出!
ということは、お客さまも、たこ梅においでになって、喜んでいただいている!いうことになります
そこを目指して、前進します!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ひとりずつ自分の担当パートについて説明(プレゼン)していきます

店長会議でもワクワク勉強会がスタートです!

情報工学博士でもある小阪裕司先生は、ワクワク系マーケティングというものを提唱されています たこ梅で

記事を読む

たこ梅 北店の前保さんと昇格者面談

新梅田食道街にある たこ梅 北店の前保さんと昇格者面談です!

半年に一度、たこ梅の社員さんは、評価されます 評価と言っても、評価項目自体は、社員さんが自分たちで

記事を読む

リニューアルした「大福帳」について話し合っています

7月の現場会議~大福帳のリニューアル~

毎月1回、各店の現場のスタッフさんの代表が集まって「現場会議」をやっています 今月、7月の現場会議

記事を読む

リレー・プレゼンに挑む新人の深澤さん

ワクワク勉強会(仮称)をABDで初開催、続いて5月の現場会議に突入!!その結果、、、

小阪裕司先生が提唱されるワクワク系マーケティングの実践会に入会したのが2011年5月なので、もう、7

記事を読む

たこ梅 北店の北川さんと現場面談です

そうだ!現場面談やろう!!3月から始まりましたぁ~

毎月やってるいわゆる定例の会議っていうのが、たこ梅には2つあります ひとつは店長会議で、もうひとつ

記事を読む

12月の現場会議~店舗内ミーティングの必要性の「意味」とは?~

この前、現場のスタッフさん中心の会議である12月の「現場会議」をやってました 現場会議では、議題は

記事を読む

西宮にある辰馬本家酒造さん(白鹿さん)

西宮の白鹿さんでの「酒蔵見学2019」の打ち合わせのキモは、内容ではなく「誰?」だった!

たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とともに、お酒やビールもお出ししています たこ梅で出してい

記事を読む

4月から、たこ梅北店の店長となる安藤さんを交えた店舗面談

新梅田食道街 たこ梅 北店の店舗面談やってます!

毎月、月末近くに、各店の店長さんたちと店舗面談をやってます その月のお店の状況や来月の取り組み、気

記事を読む

おめでとう!!臣(おみ)ちゃん、2級に昇格です!!

臣(おみ)ちゃん!おめでとう!!昇格面談無事修了!2級に昇格です!!

たこ梅では、半年ごとに、着眼点表という評価項目表をつかって、その行動、プロセスを評価します いわゆ

記事を読む

現場会議の会議メモ(一部)

5月の現場会議~会議の流れから会議メモまで公開しちゃいます!~

今月も、現場の若手スタッフ中心の「現場会議」をやりました 道頓堀の たこ梅 本店からは安藤さん、新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑