*

6連コンボ?で、お客さんを店まで案内?、、、って、こんなん、よう考えるなぁ(*゜д゜*)

公開日: お客さま関係性, たこ梅 分店

新梅田食道街ってJR大阪駅の高架下にあって、JR大阪駅や地下鉄御堂筋線の梅田駅から徒歩1分足らず、、、
阪急梅田駅からも、1分かかりません

ですので、人通りは多いんです
ただ、歩いて通過してるだけの人も多い、、、

そんな人に、お店に気づいてもらおうと、新梅田食道街 たこ梅 分店のスタッフさん、こんなことやってます、、、

6連コンボ?で、お客さんを店まで案内?!

新梅田食道街の通路を歩いていると、こんなのが目に入ります

通路の下に、何か看板が、、、

通路の下に、何か看板が、、、

店の角(カド)の通路の下、、、というか床に、何かボードが置いてあります

なんて書いてあるかというと、、、

右側を見るように指示!(これが1枚目)

右側を見るように指示!(これが1枚目)

「目があいましたね
下ばかり見ず、見上げてごらん 右側を!!」

って書いてあって、壁の右側を見るように促しています
で、右側の壁を見てみると、、、

右側を見ると、矢印の順に何かはってあります

右側を見ると、矢印の順に何かはってあります

貼り紙が何枚もあって、矢印で順番に読んでいくようになっています

はてさて、何がかいてあるのか、、、

2枚目の貼り紙に、行ってみますね

2枚目の貼り紙です

2枚目の貼り紙です

「よく見つけましたね!
アナタは本当に、良い人だ。 右側に続く」

なんか、見つけたので、褒めてくれました!
で、右に貼ってある貼り紙を見ると、、、

3枚目の貼り紙です

3枚目の貼り紙です

「アナタは、あきらめない人だ。
お付き合い、ありがとう。 まだ、右側に続く」

なんか、ほめられてるのか?若干、小馬鹿にされているのか、、、
でも、まぁ、ここまで来たらから、右側の貼り紙も見てみるとしよう

4枚目の貼り紙です

4枚目の貼り紙です

「ついに、ここまで来ましたね!
ここは たこ梅 日本一古いおでん屋です。
最後までお付き合いありがとう。
アナタは相手の気持ちを思いやれる人です。 最後に右側を」

え゛、日本一古いおでん屋さんやったんかぁ、、、と思いつつ、なんか、相手の気持ちを思いやれる人だなんて褒められて、くやしいけど、若干、うれしい、、、
しゃーない、最後に右側をみてやるか、、、

で、どこにあるの???

と、探してみると、、、

5枚目の貼り紙です(ちっちゃ!)

5枚目の貼り紙です(ちっちゃ!)

最後かとおもったら、最後の貼り紙への案内がありました

「これが本当のさいご
このガラスの左側を見てください。」

ここまで来たから、ガラスの左がわ見たるわ、、、

こんな隅っこに6枚目の貼り紙が、、、

こんな隅っこに6枚目の貼り紙が、、、

「これを見つけたアナタにかける言葉は
『いらっしゃい ようこそ たこ梅 分店へ!』
だって、アナタは断れない人だから。」

今、ココに立ってるわけで、、、

今、ココに立ってるわけで、、、

で、気づくと、店の入り口に立ってるわけで、、、

『いらっしゃい ようこそ たこ梅 分店へ!』

って、言われたら、断れない人だし、まぁ、入るか、、、(ガラガラガラ←扉を開ける音)

結果は、どうなってるのか?

さて、実際、これで、何人のお客さん、入って来はったんやろ、、、
気になる、、、

アナタも、気になりますか?

気になったら、スッキリしたいですよね!

しゃーない!!

新梅田食道街の たこ梅 分店に行って、この6連コンボ看板(?)を確かめて、お店に入って下さい
そんで、「6連コンボ見て入ってきたんやけど、ボクで何人目?」ってお店のスタッフさんに尋ねてね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

木札と焼き印

「勇魚(いさな)」の焼き印が出来上がりました!!

お店では、お勘定に「木札」を使います 酒用の木札だと、「酒」と「たこ梅」が表裏に焼き印されてい

記事を読む

店頭の「あなたのわがままお聞きします」看板

え゛!そんなに「わがまま」きいてくれるんですか?マジか、、、^^;;;

あのーーーー、突然ですけど、、、、 わがまま聞いてくれると、嬉しいですよね? 私は、嬉し

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

「掃除と動機付け」のシステムループ図

「片づけながら仕事をする」を聞いて気づいた掃除・片付けとPOP、売上の関係

一昨日は、店長さんとのお店の運営についての月1回の面談です その中で、店長さんの一言で気づいたこと

記事を読む

セミナー後に小阪裕司先生と記念撮影です

小阪裕司先生の「ワクワク系マーケティング実践術2016」セミナーに行ってきました!

今週、新横浜で、ワクワク系マーケティングのセミナーがあったので行ってきました! いろんな気づきがあ

記事を読む

お客さまに送られるのを待つ「たこ梅通信」たち

お客さまへお届けするニューズレター「たこ梅通信7月号」の発送準備に忙しくしております!!

3ヶ月に一度、このときがやってきます! 急に忙しくなります、、、 たこ梅通信7月号の発送準備です

記事を読む

日経新聞2016年12月14日夕刊「食あれば楽あり」

日経新聞「食あれば楽あり」に、たこ梅の関東煮を取り上げてくれてはりました!

友人にFBメッセージで教えてもらったんですが、2016年12月14日の日経新聞 夕刊「食あれば楽あり

記事を読む

何かが当たる?何かがおきる?環状線双六です

「関東煮屋・おでん屋ですが、双六(すごろく)始めました!」ってなんのコッチャ?って思ったら読んでねぇ~(^o^)

たこ梅は、創業弘化元(1844)年の日本一古い関東煮屋・おでん屋です 本店は、道頓堀にあります

記事を読む

今年も、新酒の酒粕が蔵元より届きました!

今年も新酒の酒粕が届きました!12月1日からのプレゼント準備にはいります!!

昨日、エエかおりするアレ!届きましたよ そう、12月からのアレが、、、 新酒の酒粕が届きました!

記事を読む

アサヒビールの歴史を学んでいます

お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(前編)

昨年8月、初めて、お客さまと一緒に、「ホンマに旨い『生』を知り隊」でアサヒビールさんの吹田工場へ見学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑