*

アナタは、日本一周?世界一周?それとも両方!?双六の旅はじまりました

毎日、忙しいなぁ、、、
旅行行きたいけど、時間ないしなぁ、、、
まぁ、今日は飲みにでもいっとくか、、、

これ、私のあるあるですけど、そういう方も、わりといらっしゃるかもしれないなぁ、、、って思います
同じようなことを、新梅田食道街にある たこ梅 北店のスタッフさんは、普段のお客さまとの話の中で感じていたようで、こんなことを始めました

アナタは日本一周?世界一周、それとも両方いっちゃう?

ちょっと、飲みながら、日本一周、世界一周を楽しむ
といっても、双六の世界で、、、

「子どもだましのゲームやん、、、」っておっしゃる方もいらっしゃるかもしれません
確かに、その通りだと思います

ただ、、、
やってみると、双六、おもろいんです!!(^o^)
大人になっても楽しい!

日本一周、世界一周、双六の旅

日本一周、世界一周、双六の旅

ちなみに、この双六、日本一周コースと世界一周コースがあります

日本一周コース)
・まず、大阪駅を起点に環状線を一周してから新大阪へ!
 これで、環状線双六が上がりです
・つぎに、新大阪から、新幹線を乗り継いで、日本一周の旅!

世界一周コース)
・まず、天王寺駅を起点に環状線を一周して、はるかに乗って関空へ!
 これで、環状線双六が上がりです
・つぎに、関空から、飛行機を乗り継いで、世界一周の旅!

そして、日本一周か世界一周、好きなコースから初めてコンプリートさせます
もちろん、旅(双六)の途中には、いろんな楽しいこと、面白いことが待ってますよ!!
さらに、「もっと旅(双六)したい!!」って方は、もう一方のコースにチャレンジ!!

日本一周、世界一周の両方をコンプリートしたら、、、

たこ梅北店でおそろいのTシャツを作ったらしい、、、

たこ梅北店でおそろいのTシャツを作ったらしい、、、

スタッフさんが、着ている、双六Tシャツをプレゼント!!(するそうです)
って、たこ梅 北店のスタッフさんが、言ってました、、、

双六って、子どもの遊び、、、みたいですけど、やってみると、「あ、今日は、桃谷駅まで来た!」とか「今は、イスタンブールか、、、」とかって、「つぎは、あそこまで行ったる!!」とか、ついつい盛り上がるお客さまも多いんですよ

「すごろく、やってみたい!!」って思ったら、新梅田食道街の たこ梅 北店の暖簾をくぐって、「双六のこと、教えて!」ってお店のスタッフさんに声をかけて下さいね

分かりやすく、双六の旅や参加方法について、説明してくれますから!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

現場のスタッフさんが細かいところをオリエンテーション

顧客データベースを大幅にリニューアルするために打合せしてます!

たこ梅では、ちょうど5年前、2011年の11月に、初の「たこ梅通信」を制作してお客さまにお送りしまし

記事を読む

金田さんのリクエストで仕組みの「大穴」を説明です

仕組みの「大穴」について、リクエストを受けて説明していました!

毎月、1回、正社員さんとホールのパートさんとコーチングや面談の時間を持っています 昨日は、数名の正

記事を読む

勝手につくりました「フーフーの日」

毎月22日は、夫婦の日?フーフーの日?って勝手に作りました!by たこ梅 東店

1ヶ月に1回、22日があります うん、当たり前っちゃー、当たり前です ホワイティうめだ(地下

記事を読む

お客さまに事前にキチンと知らせる張り紙

お店の常識・ルールをお客さまに事前に伝えておくとクレームにならない!と思うんですが、、、

熱心に商売をしているお店や一所懸命にやってるスタッフさんほど、お客さまから、クレームをもらったり、逆

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

混雑時のお願い!

お店が混雑時のお願い!を たこ梅の各店に貼り出しました

お客さまって、いろんな方がいらっしゃいます 周りのほかのお客さまやお店のスタッフさんに気を配ってく

記事を読む

たこ梅 北店の中暖簾です

暖簾専門店の「北浦染工場」さんにお店の中暖簾を染めていただきました

たこ梅の暖簾は、半世紀以上、同じところでつくってます たこ梅の暖簾は、すべて、日本橋一丁目にある「

記事を読む

商品だけじゃない!情報や思いを伝えるメニューに進化しています!!

居酒屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、レストラン、喫茶店、、、どこに入っても、まず、メニューがで

記事を読む

アサヒビールさん、たこ梅スタッフが集まっての全体ミーティングがスタート!

夏の部活「ビール工場見学」オールスタッフミーティング!です

この夏で、はや3回目となる夏の部活!「ビール工場見学」が近づいてきました 2週間ほど前、アサヒビー

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅分店の「お店でお花見」をお知らせする店頭看板

「お店でお花見」も、来週いっぱいくらいかな、、、お店に急げ!!(^o^)

今年は、桜が例年より遅めですね 満開の近くの公園の桜[/caption] 大阪の桜も、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑