*

お役御免の錫の上燗コップを蘇らせた「錫の酒札ストラップ」を道頓堀の本店で3月から販売します!

2月11日に、たこ梅FUN倶楽部の部員さん(お客さま)と酒蔵見学にいきました
もちろん、普通の酒蔵見学じゃありません!

この酒の香りは、、、自分を信じて利き酒手帖に記入

この酒の香りは、、、自分を信じて利き酒手帖に記入

本格的な利き酒、酒やたこ梅の謎についてのクイズ大会、、、
いろいろ楽しくやりました!

正解!と思った番号を勢いよく掲げる部員さんたち

正解!と思った番号を勢いよく掲げる部員さんたち

酒蔵見学がどんなだったか!?については、コチラのブログをご覧下さいね
→ 冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)
→ 冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(後編)

酒札をモチーフにした錫のストラップ

ところで、クイズ大会の賞品のひとつにこんなもの用意したものがあります

たこ梅では、大正時代に店主が考案したすり鉢状で二重構造になった保温性の高い錫の上燗コップでお酒をお出ししています

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

この錫の上燗コップ、本当に長い間つかえるのですが、業務用として毎日毎日つかっていると、少しへこんだり、擦ってキズがいったり、、、
錫って、爪で強く押すだけでへこむくらい柔らかい金属ですから

10年、20年、30年と使ううちに、傷みがひどくなって使えなくなる錫の上燗コップも出来てきます
そういう上燗コップが、たくさんたまっていました

これまで、お客さまに美味しいお酒を出してくれて、お店のために活躍してくれた錫の上燗コップ、、、
捨てるには忍びず、とりあえず、ずっと溜めていたんです
ただ、おいておくだけでは、邪魔になるだけ、、、

錫の上燗コップ、タンポと酒札

錫の上燗コップ、タンポと酒札

あるとき、
「この(傷んで使えなくなった)錫の上燗コップ、どうしようか、、、」
と考えていたとき、ふと、
「そうや!酒札モチーフにストラップにしたらええかも!!」
って思いついて結局つくってしまいました

お役御免になった錫のコップから生まれた錫の根付けストラップ

お役御免になった錫のコップから生まれた錫の根付けストラップ

本来、お役御免で捨てるしか無かった壊れた錫の上燗コップを再び鋳つぶして、錫のストラップとして蘇らせたんです

この錫のストラップ、一緒に、ひとまわり大きいキーホルダー用のもつくりました

これを2月11日の酒蔵見学のとき、クイズ大会の賞品のひとつでお出ししたんです

「これ、売ってもいいですか?」とパートのスタッフさんが、、、

先週、パートのスタッフさんと面談していたら、
「お客さんで、これ(錫のストラップ)欲しい!っていうお客さんが、ときどきいてはるんです
売ってもかまいませんか?」
って相談されました

なんとなく、傷んだ錫の上燗コップが不憫で、ほとんど勢いでつくっただけだったので、特にどうしようともあんまり考えていませんでした
ただ、彼女に「売りたい!」っていわれて、そして、一緒に相談する中で、「じゃあ、売ってみようか、、、」っていう気持ちになりました

道頓堀の「たこ梅 本店」です

道頓堀の「たこ梅 本店」です

まずは、道頓堀にある たこ梅 本店で、3月1日から販売を始めることにしました

お役御免になった錫のコップから生まれた錫の根付けストラップ

お役御免になった錫のコップから生まれた錫の根付けストラップ

この酒札をモチーフにした錫のストラップ、そして、(写真はありませんが)錫のキーホルダー、
「欲しい!」「ちょっと、見てみたい!!」と思ったら、、、
道頓堀の本店で、お店のスタッフさんに声をかけて下さいね

道頓堀の本店にいらっしゃった記念、かさばらないしちょっとしたお土産にもいいかもしれませんね!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅で一緒に働いてお客さまに選ばれる楽しい店をつくってね!

お客さまにもっと喜んでいただけるようになるためパートさんを新規募集します!

「お客さまに喜んでいただき続ける!そして、結果、お店が、お客さまから選ばれる!!」ということに、たこ

記事を読む

前編のおさらいから始まります

「行動探求入門セミナー(後編)」~講座そのものが行動探求だった、、、~

平成20年のリーマンショック後、それまで売上も利益も順調だったお店が、、、_| ̄|○ 学習する組織

記事を読む

檜の一合枡を200個届けていただきました

お酒の白鹿さんが、5月のアレ用に200個、檜の一合枡を届けてくださいました!

今年も、5月にアレやります! その準備のため、白鹿さんが、お酒の一合枡をもってきてくれたんです!

記事を読む

たこ梅 本店の新店長「和田店長」が誕生です

【祝】道頓堀の「たこ梅 本店」に新しい店長が誕生しました!!

一時、休店していて、平成19年から再開した道頓堀にある たこ梅 本店、、、 そこで、店長をやってく

記事を読む

「文豪とアルケミスト~ゆかりの地めぐり~」(ぴあムック本)

「文豪とアルケミスト~ゆかりの地めぐり~」に、道頓堀 たこ梅本店が載ってますよ!!

ゲームといえば、私が子どもの頃の40,50年前は、オセロ、ダイアモンドゲームなどのボードゲームでよく

記事を読む

ちょっと、錫の酒札ストラップとキーホルダーに寄ってみます

傷んだ錫の酒器から生まれたストラップとキーホルダー、こっそり販売しています!

たこ梅と言えば、この錫の酒器「上燗コップ」が有名、、、 特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タン

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店の店の前にある看板、リニューアルされました!

2つの研修の合わせ技!?道頓堀 たこ梅本店の店頭看板がリニューアルです!

年に数回、全店、お休みをいただいて社員さんの研修をやってます 7月の研修では、お客さまの不便や不快

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店で、Booking.comさんの取材です

世界一のホテル予約サイトBooking.comさんが、道頓堀 たこ梅 本店を取材です!

ホテルの予約って、どうしてます? 直接でんわ? じゃらんや楽天、JTBさんとかのサイトからネット

記事を読む

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね 桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです ソメイヨシノ

記事を読む

たこ甘露煮をたきあげたばかりの本店の松本さん

タコたき職人、また、ひとり誕生です!!

170年以上前、江戸時代の弘化元年からの たこ梅の名物にマダコを甘辛くたきあげた「たこ甘露煮」があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑