*

「たこ梅通信2017年1月号」を発送します!!明日か、明後日くらいには届きますよ!

公開日: お客さま関係性

やっと、準備が整いました、、、
先月中旬くらいから、準備を始め、封筒詰めまで完了です
「あ、何の話かって?」
そうですよね(笑)
たこ梅FUN倶楽部の部員さんに3ヶ月に一度お届けしている「たこ梅通信」の2017年1月号の発送準備が整った!っていう話なんです

「たこ梅通信2017年1月号」を発送します!

いつものたこ梅通信は、今回ほどには準備に時間がかかりません
というのも、お正月の1月号は、いろいろとお届けするものが多くなるのと、いつもより、数日早くお届けしないといけない理由があるので、、、

それは、新年になって初めて見る夢「初夢」!
だれだって、いい「初夢」みたいですよね
昔から、七福神が乗った宝船の絵を枕元において眠ると、いい初夢が見られると言われています
それで、毎年、たこ梅のスタッフさんが七福神となった特製の「七福神宝船図」を作って、たこ梅通信1月号に同封しています

七福神宝船図2017

七福神宝船図2017

ただ、初夢なので、元日にとどいていないと意味がありません
たこ梅通信は、お届け先が会社になっている部員さんもいらっしゃいます
会社だと仕事納めまでに届かないと、ご覧になるのが正月休み明けになって、七福神宝船図の意味がなくなっちゃいます
また、ご自宅にお届けの部員さまも、お正月は、年末から旅行!なんて方もきっと多いと思います
そのご旅行にお出かけの前に届かないと、これも意味なし、、、
それで、いつもより数日早めに発送します

「たこ梅通信2017年1月号」を発送します!

「たこ梅通信2017年1月号」を発送します!

今日、すべて発送が完了するので、地域によるとお思いますが、明日(12/28)か明後日(12/29)には届きますよ
昨日も、一部、発送しているので、早かったら今日(12/27)届くかも、、、

そうそう!
もちろん、お正月と言えば、お年玉!!
アレのプレゼント券も、入ってますから、お楽しみに!(^o^)

たこ梅FUN倶楽部に入部するには?

ところで、「たこ梅通信、読んでみたい!」「たこ梅通信、送ってーーーー!!」
そんな風に思ったアナタ!!
どうすれば、たこ梅通信をゲットできるか!?

って、簡単です(笑)
たこ梅FUN倶楽部に入部すればOKです!
ちなみに、部費とかないので、気軽に入部して下さいね!

ただ、入部するには、ちょっとした条件というか資格が必要なんです
だから、たこ梅FUN倶楽部の入部について、お知らせしておきますね!

3回以上ご来店の常連さまの場合

3回以上お店においでの常連さまは、お店でスタッフさんに
「たこ梅FUN倶楽部に入部したいんだけど!」って声をかけて下さいね
詳しい入部方法をお伝えします(入部は無料で、部費もありません!:笑)
「詳しい入部方法」って書いてますが、実際は、お名前やご住所などを所定の用紙にご記入いただくくらいです
基本的に、3回以上、お店においでの常連さまは、入部頂けますよ

ただ、「たこ梅FUN倶楽部員の心得」っていうのがあって、読んで頂いて「こういうのエエやないか!」って思っていただける方にだけ入部いただいています

たこ梅FUN倶楽部員の心得

たこ梅FUN倶楽部員の心得

【たこ梅FUN倶楽部員の心得】
1.たこ梅が、大好きです
2.部員同士はもちろん、初めてのお客さんや店員さんとも、ゆずりあう大きな心で接します
3.たこ梅大好きな仲間を増やします
4.「粋」な飲み方、食べ方、関わり方で楽しみます
5.とにかく、仲良く楽しく、たこ梅も人生も、思いっきり楽しみます

たこ梅に行ったことがない方の場合

まだ、「たこ梅には、行ったことないけど、これを機会に行きたいなぁ、、、」って思ったアナタ!
まず、実際にお店に行く!
そして、「たこ梅FUN倶楽部、入部のために『よろしくね!』カードちょうだい!」って、お店のスタッフさんに声をかけて下さい
スタッフさんが、「よろしくね!」カードと呼ばれているスタンプカードを渡してくれます
このカードを2回目、3回目の来店時に持ってきてください
3回来店いただきたときに、「たこ梅FUN倶楽部に入部します!」って言うと、入部出来ちゃいますよ!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

何かが当たる?何かがおきる?環状線双六です

「関東煮屋・おでん屋ですが、双六(すごろく)始めました!」ってなんのコッチャ?って思ったら読んでねぇ~(^o^)

たこ梅は、創業弘化元(1844)年の日本一古い関東煮屋・おでん屋です 本店は、道頓堀にあります

記事を読む

「敷居高くないですよ!」部分を拡大です

「道頓堀の たこ梅 本店って、敷居が高いよね、、、」って言われますが、そんなことはないんですよ!(^o^)v

道頓堀にある「たこ梅 本店」では、お客さまに、ちょくちょく言われることがあります それは、、、

記事を読む

勝手につくりました「フーフーの日」

毎月22日は、夫婦の日?フーフーの日?って勝手に作りました!by たこ梅 東店

1ヶ月に1回、22日があります うん、当たり前っちゃー、当たり前です ホワイティうめだ(地下

記事を読む

懇親会のカンパイの発声は、新人の深澤さん

「POPで楽しく価値を伝える研修♪2018」の第1回目!!スタッフさん、楽しめたでしょうか?(^o^)v

もう、数えてみたら今年で6年目、、、 毎年、年に2回ほど、同じタイトルの研修を続けています

記事を読む

たこ梅通信1月号の原稿がやっとそろいました!

たこ梅通信1月号の印刷が、やっと完了しました!!ちょっと、ホッ、、、

3ヶ月に1回、たこ梅FUN倶楽部の部員さまに、『たこ梅通信』という たこ梅であった(たぶん、一般的に

記事を読む

山代温泉にある宝生亭さんの帽子山専務のFB記事です

お客さまの関係性づくりは、できる!できない!ではなく「やる!」か「やらない、、、」かだと思います!

「お客さまづくりって、大切ですよね?」って尋ねると、どのお店のスタッフさんも、「はい!」「そりゃ大事

記事を読む

今日も5個の酒札キーホルダー型部員証を作りました!!

たこ梅FUN倶楽部員さんへの酒札キーホルダーの特製部員証、続々制作中です!!

また、新たに酒札キーホルダーの特製部員証を作らせていただきました! この酒札部員証をカバンとかにぶ

記事を読む

お客さま創り時間と作割表、顧客の旅デザインマップ、行動時間調査は、すべて、つながっている!

11月の店長会議~ひとつひとつの仕組みが、実は、しっかり繋がっている!!~

先週、たこ梅の店長さん、スタッフのリーダークラスのスタッフさんが集まる「店長会議」でした メインの

記事を読む

店頭の「あなたのわがままお聞きします」看板

え゛!そんなに「わがまま」きいてくれるんですか?マジか、、、^^;;;

あのーーーー、突然ですけど、、、、 わがまま聞いてくれると、嬉しいですよね? 私は、嬉し

記事を読む

混雑時のお願い!

お店が混雑時のお願い!を たこ梅の各店に貼り出しました

お客さまって、いろんな方がいらっしゃいます 周りのほかのお客さまやお店のスタッフさんに気を配ってく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑