*

元旦に引いたおみくじは「凶」!これ、いいことなんです!その理由(わけ)は、、、

公開日: つれづれに

毎年、清荒神さんに、たこ梅の各お店、仕込み場でお祀りするお札を受け手に行きます
今年も、元日に行ってきました

三宝荒神さんのお札

三宝荒神さんのお札

その時の様子は、コチラのブログを見てね!
→ 清荒神さんで、お店でお祀りするお札を受けてきました!

今年のおみくじは「凶」

さて、お札も授かったので、今年も、おみくじを引いてみました
昨年は、確か「吉」でした

この日、引いたのは、、、

清荒神さんで引いた「凶」のおみくじ

清荒神さんで引いた「凶」のおみくじ

「凶」のおみくじ!!!

おみくじって、大吉なら当たり!凶ならハズレ!なの?

わたし、いまでこそ、あまりおみくじも引きませんが、子どもの頃は、神社に行くと必ずおみくじを引いてました
おみくじを引くのが大好き!だったんです

それで、大吉だと「やったーー!!」、吉や小吉だと「あー、こんなもんか、、、」、で、凶なんぞ引こうものなら「もう一回!!」で大吉が出るまで引き続けてました(笑)

大人になってからは、凶がでたからといって、大吉が出るまで引き続けることはなくなりましたが、なんか、運が悪いようで、いやーな気持ちになってました

こんな風に思うのは、おみくじの大吉や吉は「運がいい」状態で「当たり」だし、凶だと「運が悪い」ので「ハズレ」と捉えているからなんでしょうね

おみくじは、今、意識を向けるところを教えてくれるもの

ただ、そんな風に思っていたのは、数年前までです
実は、今では、大吉も、凶も、特に、喜ぶとか、残念とかっていうことはなくりました

それというのも、「おみくじ」というものの意味が、私にとって以前とは違うからです
それは、、、

辞書には、「くじ」とは「人の直接の意志によって選ばない、物事の決め方。」とあります
人の顕在意識の外にあるこの世の「源」の「流れ」から来るものなのではないでしょうか

私は、そんな風に思っていて、おみくじの吉凶は、人智を越えたものが、何かしら「今、『そこ』に意識をむけなさい」と教えてくれているものだと思います

「そこ」に気づくと、吉の場合は、チャンスを逃がさない!ということでしょうし、凶の場合は、難を避けられる、、、ということなのでしょう
そして、それにより、いずれの場合も、自分の道が開け、進んでいける、、、ということだと、私は、理解しています
その自分の道こそが、「源」の「流れ」に通ずるものだと思うのです
そんなように思っているので、私にとっては大吉でも、吉でも、凶、大凶でも、有り難い意味のあることなのです

今回のおみくじは「凶」だったので、そこに意識をむけで過ごしていこうと思います
それこそが、私の道が開け、進んでいくことになってくのでしょうから、、、

味わい深い意味のある一年を!

今年もお正月に、おみくじを引かれた方は、たくさんいらっしゃると思います
大吉や吉もあれば凶の方もいらっしゃったでしょう
今回、このブログで書いているのは、私の捉え方なのですが、よかったら、参考のひとつにでもしてもらえればと思います

それでは、この一年が、あなたにとって、味わい深い意味のある一年でありますように!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「たこ梅」の花文字

ををを、たこ梅の花文字を友だち描いてくれたーーーー!メッチャ、きれーーーー!!

このブログを読んで下さってる方は、ちょくちょく、私が、スタッフさんとコーチングしてる話が出てくるのを

記事を読む

ケーキが載っかってるパフェ

ケーキが載ってるパフェ!?

昨日も、スタッフさんとお店の近所の喫茶店で面談をしてました 毎月1回、正社員さんとはグ、ホールパー

記事を読む

新しくなった三宝荒神さんのお社

三宝荒神さんのお社が新しくなりました!

たこ梅では、どのお店にも三宝荒神さんがお祭りされています というのも、175年前の創業当時より

記事を読む

庭の手水鉢に氷が張ってます

大阪も今朝は氷点下-1.1℃ですが、青空が広がっています!たこ梅は、今日も元気に営業です!!

今朝は、冷えますねぇ~ なんでも、西日本全域の府県庁所在地では、すべて、氷点下を記録したそうです

記事を読む

新宿カリーあられ(新宿 中村屋)

会議のオヤツに「新宿 カリーあられ」買ってきました!!

昨日、たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とは関係なさそうな日本能率協会さんから、ちょっと来るよ

記事を読む

家具転倒防止用の伸縮棒、いわゆる突っ張り棒

地震対策で、事務所に「つっぱり棒」を設置しました!

今年の6月には大阪で地震、9月には台風21号で大きな被害が出たと思ったら、そのすぐあとに北海道で地震

記事を読む

家族揃って七種粥をいただきます

1月7日は、七種粥(ななくさがゆ)をいただきます!!

今日は1月7日、人日の節句であり、七種粥(ななくさがゆ)をいただく日ですね 七種粥[/cap

記事を読む

深夜のアカンやつ

「深夜のアカンやつ」シリーズ化しません!だって、、、^^;;;

仕事してたりして、夜、遅くなることがしょっちゅうあります たまには、お腹も空いて、なんか、食べ

記事を読む

2017年10月22日午後10時頃の大和川の様子1

台風21号「ラン」、大きな被害がありませんように、、、

昨日から今朝にかけて、超大型台風21号「ラン」が、強い雨、風をともなって、大阪、近畿の南部を通過しま

記事を読む

4つの目を持つ方相氏(ほうそうし)とその脇をかためる侲子(しんし)による追儺式の様子

節分は年4回ある?始まりは追儺式?恵方巻きの正しい食べ方は?

おはようございます 今日、2月3日は、節分ですね ところで、節分自体は、年4回あるってご存じでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑