*

ドリーム・ワークプレイス(Dream Workplace)での覚え書き~「売上」と「利益」~

公開日: 気になる本, つれづれに

いま、読んでる本があります
まだ、読んでる最中なんですが、昨日、気づいたことがあったので、ほとんど自分の覚え書きのためですが、少し、ブログに書いておくことにします

ドリーム・ワークプレイス(Dream Workplace)

読んでいるのは、
「ドリーム・ワークプレイス(ロブ・ゴーフィー ガレス・ジョーンズ 著)
~ だれもが「最高の自分」になれる組織をつくる ~
です

帯には、
「選ばれる職場づくり」こそ、最大の経営課題。
とあります

ドリーム・ワークプレイス(ロブ・ゴーフィー ガレス・ジョーンズ 著)

ドリーム・ワークプレイス(ロブ・ゴーフィー ガレス・ジョーンズ 著)

この本を読み始めたのは、今、日本、特に飲食業界は人手不足と言われます
募集してもなかなか人が集まらない、、、

実際、私もそのことは実感しています
これまでの、単に給与や時給などの待遇だけでは、人は集まらないんですね
正確にいうと、それなりに、他のお店よりいい待遇を出すと人は来るかもしれませんが、そのうち大半の方は、「お金」に惹かれた方で、お店のあり方へのコミットはほとんどありません
それが、悪いのではありませんが、うちの店では、お店の考え方や姿勢も含めて応募いただきたいし、そういう方と一緒に働きたいと思っているのです

その上で、どういう募集をするといいのかなぁ、、、と思っているときに、たこ梅文庫の書架に並んでいたこの「ドリーム・ワークプレイス(Dream Workplace)」を見て、読んでみることにしたんです

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました
左から)てっちゃんと英治出版の田中さん、上村さん

ちなみに、この本は、昨年、英治出版の編集者の方が、たこ梅の事務所においで下さったときに頂いたものなのです
それで、たこ梅文庫の書架にならんでいたというわけです
その時の様子は、こちらのブログ記事をご覧下さいね!
→ 英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)

それにしても、ちゃんと私が読みたくなるような本を選んでいただいているあたり、やっぱり、編集者の方ってセンスいいんですねーーーー!って思ったりしています(^o^)

覚え書き~「売上」と「利益」~

今、ちょうど、この本の中盤を読んでいます
その171ページに、こういう記述があります

「すなわち、利益は、他のもっと意義のある目標を追求した結果の産物である(あるいは産物であるべき)ということだ。」

これを目にしたとき、これまで、「売上」ってなんだろうか?と考えてきた経緯があったものの、その中で、「利益」ってなにんだろうか?とは、さほど自分に問うたことがないことに気づきました
そこで、あらためて「利益」とは?「売上」とは?と考えていて、「こういうことでは、、、」と思った事があるので、覚え書きで書いておこうと思います

ところで、たこ梅では、社内的には「売上」とは呼ばずに「買上」といっていますが、このブログでは、一般的な「売上」という言葉を使用します(← これは、主に、このブログを読んでくれている たこ梅のスタッフさんに向けてです)

【売上とは?】

お客さまに、どれだけ「選ばれた」かの主要な指標
売上のひとつの見方として 絶対顧客数×(平均)来店頻度 ×(平均)客単価 があり、中でも、最も重要なのが、絶対顧客数(のべ来店客数ではない)で、基本は、この絶対顧客数を増やすための働きかけをお客さま(見込み客含む)に行い、その影響が届いて反応があった場合、お客さまは、意思決定をし、選択行動により、お店で飲食(購買)する
そこで、支払われたお金が売上と呼ばれる

【利益とは?】

売上が、お店や会社からみて、(お客さまという)外的にもたらされるのに対して、粗利は、内的な創造活動の原資であり、営業利益(場合によっては経常利益)は、凝縮した創造活動の結果、生み出された投資の原資となる
一方、利益は、創造活動と投資の原資という性質をもつと同時に、これが枯渇するとその店(会社)の活動は停止する
その側面から見ると、お店(会社)の存在意義の上に立って、売上の状況、創造活動の状況を一歩下がって客観的に眺めた時に、その創造活動のペースを時間軸で調整する指標となる

・・・なんてことを先の一文を読んだときに思ったわけです
忘れそうなので、ちょっと、覚え書きに書いておきます

あ、もちろん、私の書いた「売上とは?」「利益とは?」が正しいわけではありません
今、現在の私が、そういう見方があるし、私はそう思っているというだけのことです

売上、利益には、実際、もっと、いろんな意味があると思います(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「エクサスケールの衝撃」(齋藤元章 著)

「エクサスケールの衝撃」(齋藤元章 著)とシンギュラリティーのインパクトは、、、

今年の元旦に書いたブログで、4月13日までに12冊の本を読む!と宣言しました 4月13日まで

記事を読む

堺の空き地で見つけたセアカゴケグモ

セアカゴケグモの実物に遭遇!!

数日前、堺に用事で行きました そのとき、とんでもないもに遭遇したのです クモが死んでる!?

記事を読む

「特別定額給付金」の書類一式

「特別定額給付金」のお手紙が、我が家にもやって来ました!

新型コロナでお店は1ヶ月半の休業 やっと5月19日から再会ですが、まだまだ、コロナが不安な方や在宅

記事を読む

七種粥です

1月7日は、「七種粥(ななくさがゆ)」を食べる日ですね!

今日は、1月7日、、、 というと、そう!アレを食べる日です 1月7日は七種粥(ななくさがゆ)

記事を読む

小豆粥(あずきがゆ)をいただきます

1月15日、小正月の「小豆粥」の由来は「七種粥(ななくさがゆ)」ってご存じでしたか?

今朝は、冷えますねぇ 朝、桃侍くん(小学3年生)が庭に放ってあったバケツを見てみると、、、

記事を読む

まんがでわかる LIFE SHIFT(リンダ・グラットン、 アンドリュー・スコット 著)

「まんがでわかる LIFE SHIFT」を買って、たこ梅文化に追加しましたーーー!!

2016年に発売された「LIFE SHIFT」(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 著)は3

記事を読む

「学習する組織」(ピーター・センゲ 著)、「こうすれば組織は変えられる!」(ピーター・クライン、バーナード・サンダース 著)

私、この本で「学習する組織」を知りました!!その本とは、、、

2008年9月のいわゆるリーマンショック以降、それまで順調だった売上が下降するようになります

記事を読む

平成と令和の運転免許証

令和になって自動車運転免許証は、西暦と元号の併記になってます!!

5月から、新しい元号「令和」になりましたね 5月は、ちょうど、私の自動車運転免許証の切り替えで

記事を読む

ひよこ灯に集まっています

山添村で普通に買った卵からヒヨコが孵りました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです てっちゃん家では、桃侍

記事を読む

事務所の近所の桜

4月1日、吉村大阪府知事の「まん防」で、たこ梅の歴史に終止符!?でも、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 命は循環する 昨日、事務

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑